第124話 見失うなよ

「というわけで、メル〇リを始めたのよ」

「あ~CM観たことあるわ~」

『通』に話してみたのである。


「アレじゃない? 結局、貧乏人が貧乏人に物を売るみたいな感じ?」

「不用品を必要な人に売ると言え」

「オマエ、何売ってるの?」

「ダブった食玩とか…何で買ったのかわからない未使用品とか」

「オマエ、そういうの多いよな、だからダメなんだ、俺は必要な物しか買わないからな、不用品とか無いわけ」

「そうか、割と生活の中心になってるんだよ、始めるとな…宅急便に持ち込むついでに買い物とかね、なんかメル〇リ待ちみたいな感じでさ」

「そういうこと!! もう完全にダメ!! よく考えろ、それで幾らになるの? 時間の無駄遣い」

「まぁね、不用品の処分って感覚から、売れる物を探しているような感覚になってるかもね」

「で? いくらになるの?」

「まぁ、始めて2ヶ月で2万、すでに口座に入れた」

「2万?」

「あぁ…1万になったら入金してるの」

「桜雪…来い」


『通』いつものリサイクルショップへ私を連れて行く。

「探せ、売れそうな物を選べ」

「いや…俺、転売屋じゃないから」

「じゃあ、俺ん家に来い、俺のAVアダルトDVDとか売ってくれ」

「ソレ売れない、なんか禁止みたい」

「じゃあ、コーヒーメーカーとか食器洗い機とか…う~ん後は…」


(不用品だらけじゃねぇかよ…)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます