第125話 そうだろうね…そりゃ間違いないよ

「和風ラーメンってどういうこと?」

『通』がラーメン屋で首を傾げた。


「こんぶ出汁とかでスープ仕込んだとかじゃないの?」

「ラーメンってさ…中華じゃねぇじゃん」

「まぁ…中国の麺とは違うね」

「だろ、オマエ、サラリーマンのとき中国行ってたじゃん、ラーメン違うだろ?」

「うん…まぁね」

「ラーメンって日本食だと思うんだよ、和風ってさ~」

「なんでもいいから頼めよ、面倒くせエ」

「おう、じゃあ………和風ラーメン」


(ソレ頼むんかい!!)


 食べ始めると

「う~ん…」

「う~ん…」

 と箸が進まない『通』

「日本食ってさ、奥が深いと思うんだよな」

「各国の料理は、どこも歴史が深いんじゃないの?」

「特に日本は!!」

「歴史は深いよね…確かに、アメリカに比べりゃね」

「だよな、ハンバーガー、ステーキ、料理じゃないねアレ」

「俺、好きだけどね」


 基本『通』は、フレンチ食べない、イタリアン食べない、要はナイフとフォークを使えないのだ、もちろん箸も使えない。


『通』の外食はカレー、ラーメン、牛丼が基本だ。要するにチェーン店ベースの食事が味覚のベースとなっている。


「思うんだよ!! 和食の基本は『和食』だと思うんだよ!!」


 真顔で何言ってんだか…

 和食の基本は和食? そりゃそうだろう…和食の基本がフレンチにあったら歴史が変わるだろうさバカ…。


「食えよいいからさ」

「おう」


 おそらく『食』の基本は『和食』とか言いたかったんだと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます