第53話 タフマン

「兄?お米買ってきて」

 僕の妹さんである。

「あぁ…どうせ『通』の地元に取材行くからついでに買ってくるよ」


 そんなこんなで取材後、『通』に会うことになった。

「持ってきたぞ」

「悪いね」

「いいんだ、コレ持ってきた」

 ナスなどお野菜も頂いた。

「悪いね…うん、ナス好きなんだ」

「そうだろう、知ってんだ俺」

「なにを?」

「オマエがナス好きな事」

「うん…ありがとう」


「メシ食いに行こうぜ」

「あぁ…あっ、コレやるよ」

 貰ったお弁当のビールを『通』に渡す。

「おぉ、悪いな」

「いいんだ、僕、酒呑めないから」


「どうだ?ラブホのバイトは?」

「ん…キツイな…色々と…」

「オマエ、肉体労働不向きだからな~」

「それもそうだけどね…彼女もデリで出入りするからね」

「あ~ちょっと俺は考えられないな」

「普通だよソレが」

「そうだな…オマエって愛とか恋とか…好きとか感情あるの?」

「あるだろ…一応」

「俺だったら、嫁さんがデリ嬢とか嫌だよ」

「まぁ…普通そうなんじゃない」

「それが解らんところなんだよ」

「理解しようとしなくていいよ」

「そっか、じゃあやめた」


「桜雪…オマエって変だよな」

「普通とはちょっとズレてるなって思うことはあるよ」

「うん…新聞記者やって、ラブホでバイトして…俺みたいに普通に生きれないの?」

「オマエが普通だとも思わんけどね」

「なろうと思ってなれないよソレ」

「なろうと思った事ないから、なっちゃったんだと思ってるよ」

「酒呑めないのに、酒屋の店長やったりな」

「うん…今日1本目の取材、酒蔵だったよ…」

「忙しそうだな」

「金にならんけどな…34時間寝てないし」

「マジで? 身体壊すなよ、身体弱いクセに」

「あぁ…」

「よし…ドンキ行くか」

(だから…僕…寝てないんだ…言ったよね、寝たいんだ)

「あのアイス食いたいバナナの」

「あぁ…ついでに買ってやるよ、メシ奢ってもらったし」

「桜雪!! コレ観て」

「なに…」

「タフマン炭酸だって」

「あぁ…興味あるね不味いって確信はあるけど」

「買おうかな」

「買ったら1本くれ、飲んではみたい」

「10本でしか売ってないな…美味いと思う?」

「1本で売る自信が無いから10本なんだろ…不味いって言ってるみたいなもんだ、でもな、僕は飲んでみたいんだ、だからオマエ買ってくれ」

 買ってくれなかった…でも、アイスが溶けるほどに悩んではいた。


「アイスも食ったし、エロAV観に行こうぜ」

「嫌だ…興味ないし…眠いし」

「なんでお決まりのコースじゃん」

「オマエのお決まりのコースは、僕のストレスなんだ。タフマン炭酸でも飲まなきゃ起きていられないほど眠いんだ」


「じゃあ…あそこ行こうぜ」

「嫌だ…タフマン炭酸飲んでないから限界なんだ…でも、カイザとデルタのフィギュアを買ってくれるなら行くよ」

「なんで?」

「もう…プレゼントでもないと歩きたくないんだ」

 買ってくれなかった…最悪カイザだけでも良かったのに。


「ラブホって面白い?」

「面白くは無いな…変な客多いし」

「やっぱそうなんだ…嫌な客とか多い?」

「客は全般的に嫌だぞ…掃除面倒くさいし」

「あぁ…どんな客が嫌?」

「ん…抜け毛の多いヤツは面倒だな」

「俺の事?」

「あぁ…だから、あのホテルには来るなよ」

「ホテルなんか利用しねぇよ…だからAV観に行こう」

「うん…タフマン炭酸買ってくれたら考えるよ」


 買ってくれなかったので…解放されました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます