8/11 シンカンセンフツウニウマイアイス

今日も新幹線に乗る用事があったため、車内販売でシンカンセンスゴイカタイアイスを購入した。

だが、やはり前回と同じく、カチカチで掬えない程の堅さを誇るシンカンセンスゴイカタイアイスではなく、販売車の冷凍庫から出して柔らかくなったシンカンセンフツウニウマイアイスを渡された。


違う。

違うのだ。


これはシンカンセンスゴイカタイアイスではなく、シンカンセンフツウニウマイアイスだ。

私はシンカンセンスゴイカタイアイスか食べてみたいのだ。

シンカンセンフツウニウマイアイスは普通に美味く、新幹線ではなくとも食べられる味のアイスだ。

私はシンカンセンスゴイカタイアイスを食べたいがために新幹線に乗っている。

なのに私はシンカンセンスゴイカタイアイスが食べられない。

これは私にシンカンセンスゴイカタイアイスを食べさせまいとする陰謀か。

そうだな。

きっとそうに違いない。

私がシンカンセンスゴイカタイアイスを食べる事で起きる何かが都合の悪い者が何処かに居て、そいつが私が食べようとするシンカンセンスゴイカタイアイスをシンカンセンフツウニウマイアイスにすり替えてしまうのだ。


くそっ、誰だ。誰なんだ。

私にシンカンセンスゴイカタイアイスを食べさせない奴は一体誰なんだ。

どうしてシンカンセンスゴイカタイアイスをシンカンセンフツウニウマイアイスにしてしまうのだ。いっその事車内販売自体無くしてしまえばいいではないか。


頼む、私にシンカンセンスゴイカタイアイスを食べさせてくれ。

一度シンカンセンスゴイカタイアイスの堅さを体験してみたいのだ。

シンカンセンフツウニウマイアイスでは物足りない。シンカンセンスゴイカタイアイスを、シンカンセンスゴイカタイアイスを食べさせてくれ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!