サリーとアンの秘密【04】


 ▼▲


 サリー@山内杏です。


 えーと、サリーです。

 今は、山内杏さんの身体に入っています。


 記念すべき交換日記の一回目!


 ジャンケンで負けたので、あたしからになりました。


 えっと、順を追って書いたほうがいいかな。


 あの日のことを書きます。

 あたしが、埼玉県某市の山内家の、

 杏の部屋のベッドの上で目覚めた日のことです。


 ベッドから降りたとき、まず違和感を感じたの。

 ヒザのあたりに。

 なんか、床の抵抗を感じるのがいつもより早いなあ、って感じで。


 で、立ち上がって眩暈がした。

(あとで分かったけど、いつもより視界が高かったせいだ)

 寝不足かな、貧血かな、おっとっと。

 それから、部屋を出て、顔を洗って、やっと気づいたの。


『うおっ、寝てる間に髪が切られてる! なんで!?』って。


 そのあと、自分の顔が鏡に映ってるって理解できなくて、

 誰かが真正面の至近距離に立ってるって思って叫んじゃった。


「ひゃああ! 誰ぇ!!」って。


 そしたら、お母さんに「杏! うるさいよ!」って怒鳴られた。

(そんなふうに誰かに怒鳴られたのも初めてでびっくりしたなあ。)


 あたしと全く同じタイミングで、鏡の中の顔も驚いていた。


 だから、やっと気づいた。

 どういうわけか分からないが、

 あたしは顔が変わってしまったらしい、と。


 何度も何度も顔を洗って、見えてるものが変わらないのを確かめて、

 ようやく部屋に戻って、スマホや学生証を探した。


 制服に着替えてスタンドミラーを覗き込んで、

 天野紗璃とは別の人間になってるってことを何度も何度も確かめた。


 山内杏。

 学生証にはそう書いてあった。


 身長は、一六九センチだった。

 あたしは、一晩にして視界が二〇センチも高くなったのだ!


 背が高くなって、髪が短くなって、

 あの重たいおっぱいが、ふくよかな肉が消えて。

 そしてこの顔――

 一重まぶたの、鋭い目つき。


(かっこいい!)


 あたし、ちょっとドキドキしちゃった。


 本心を打ち明けると、嬉しかった。

 第一印象で、山内杏はしっかり者に見えた。

 学校でもそう振る舞って、みんなから頼りにされた。


 だから、楽しかった。

 あたしはいつも人の手を借りてばかりだったから。


 山内杏には、愛想笑いなんて必要ない。

 素直に行動すればいい。


 すれ違いざまに名前を呼んで手を振ってくるような人も学校にはいない。

 知らない間にSNSのグループタイムラインに写真をアップされることもない

(みんなのちょっとした芸能人ごっこだ。)

 休み時間に周囲を囲まれることもない。


 あたしはお昼休みに好きな本や音楽に存分に没頭できた。

 気兼ねせずに過ごせたから。


 こんなふうに過ごす山内杏のこと、いいなあって思った。


 だから、今日、駅でばったり会っちゃったときはドキドキしたよ。

 身体を返してって言われるんじゃないかなあって……。


 チビでドン臭い天野紗璃の身体なんかいらないよって、

 怒られると思ってました。


 ビビッてたんだよね。ほんとは。


 こんなふうに強引に交換日記を始めちゃったけど、

 ホンネのところ、アンがどう思っているのか教えてくれたら嬉しいです。


 どうしてこんなことになっちゃったのかぜんぜん分からないけど、

 アンが元の身体に戻りたいと言うなら、

 勿論、出来る限りのことを協力するつもりです。


 それに、元に戻ったときのことを考えて、

 なるべくアンの都合のいいように、

『山内杏』を務めさせてもらえたらと思います。


 どうぞよろしくお願いします。


 では、サリー@山内杏でした。


 ▼▲


 アン@天野紗璃です。


 私の身長は一六八センチのはずです。

 測りなおしてください。

 あと、あなたの身長は一四七センチでした。


 あの日、私も、ほとんど同じような朝を迎えました。


 そのあと一週間くらいずっと「これは夢なんだ」と信じていました。


 ホンネをはっきり書きます。


 私は驚いています。


 山内杏の生活を、そんなに気に入ってもらえるとは思いませんでした。


 だって、天野紗璃の人生に比べて、

 山内杏の人生なんて、取るに足らないものだと思えたからです。

 何をとって比べてみても、天野紗璃の生活のほうが、

 豊かで恵まれているように感じました。


 だから、私はずっと、サリーに申し訳なかったです。

 サリーの素敵な暮らしを横取りしたように思っていました。


 どこかで会ったときに、私のほうこそ

「身体を返して!」と怒られるのだと思って、怖かったです。

 だから、あなたがその身体と環境を気に入ってくれたのが、意外でなりません。


 びっくりです。

 本当に、山内杏でいいの?


 私は、天野紗璃の身体を気に入っています。

 可愛いからです。


 背が低くて、まるっこくて色白で、髪の毛もふわふわで。

 私が思い描いていた「生まれ変わったらこんな女の子になりたい」っていう条件をすべて満たしていました。


 羨ましかった。


 もしあなたが本当に、心の底から山内杏を気に入っているなら、安心しました。

 あなたさえよければ、

 私は、これからも出来る限り天野紗璃でいたいと思います。


 アン@天野紗璃


 ▼▲


 サリー@山内杏です。


 一週間も夢だと思い込んでたのって、すごいね?

 あと、可愛いってあんまり褒められて、あたし照れちゃうよ。


 気に入ったなら、その身体はアンにあげます。

 代わりに、あたしがアンの身体をもらいます。


 それでもいいかな?


 もしかしたら、明日にも、お互い元の身体に戻っちゃうかもしれないけど……


 突然の入れ替わりだったから、

 突然元に戻っちゃっても、おかしくないもんね?

 そうなっても、お友達でいられたら嬉しいです。


 ところで、山内杏ってすごくいい名前だね。

 あたしが「璃」って書くよりも短い時間で、フルネームが書けちゃうんだよ。


 天野紗璃は、ここだけの話、覚悟しておいたほうがいいよ。

 定期テスト中、腱鞘炎になると思ったから。

 マジで。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます