Lotus 便利屋はカフェにいる

作者 奈月沙耶

26

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

これだけで全てを表せるとは到底思えませんが、この話は、中川美登利と彼女に惹かれた男達の物語だと思います。

彼女中心として何人もの思考や思惑が交錯します。ですが誰かを思うというのは決して綺麗なものだけでは語れません。むしろ全編を通して、辛さ、苦しさ、危うさがこれでもかと言うほど描かれていきます。
それは決して幸せな恋というわけではなく、傍から見ると間違いなくやめておけと言いたくなるようなところもありました。
ですが実際に彼らの心情に立ってみると不思議とそんな恋に身をゆだねる気持ちがよく分かり、読み手としても彼ら彼女らの行方が気になって後を追ってしまいます。

歪で、おかしくて、だけどどこか真っ直ぐな、そんな不思議な恋の物語です。

★★★ Excellent!!!

 あえて子供っぽいことを書いてみました。

 愛って何だろう。

 前作は群像劇でした。この作品はそれを忠実に受け継ぎつつ、一人の女性の愛について語られています。いや、語られているというよりは、その生きざまを見せつけています。

 傷ついたり、汚れたり。でも、それで終わりじゃない。
 綺麗でいるために、あえて汚れることもある。

 もう一度、言います。

 愛って、何だろう……。

★★★ Excellent!!!

 ということで、序盤からクライマックス状態なので、第一シリーズを読んでいないと楽しめません。登場人物の成長と共に青春は影を潜め、大人向けの内容になってます。

 シリーズ通しての魅力は、多くの登場人物を巧みに切り回し、物語の世界に深みがあることです。イベント主体ではないので、キャラのためだけにストーリーを作っている感じがありません。
 セリフのやり取りも軽妙でカッコよく、映像が目に浮かぶようです。

 第一シリーズは群像劇に近かったですが、本作は主人公の美登利中心に話が進みます。主人公が一番凶暴で、取り巻く男性陣は比較的善良です。