ラムネ逃避行

作者 新樫 樹

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ラムネ逃避行へのコメント

    ラムネ色のきれいな空が、胸の中いっぱいに広がりました。
    感動で涙が止まりません!
    なんて素敵な15センチでしょう。
    忘れられない名作に出会えました。

    作者からの返信

    読んでいただいて、どうもありがとうございました。
    素敵なレビューまで。感謝するばかりです。
    名作などと言っていただけて、これからの励みになります。

    彼のあの言葉は、わたしにとって、作中でのとても大切なひとことで。
    ですが、ことさら強調することもしませんでしたので、気にかけてくださる方がいたなんて、とてもうれしいです。

    来冬さんの温かな目に触れる機会をいただいて、本当によかった。
    レビューとコメントを拝見して、そう思いました。
    努力の糧にしていきます。どうもありがとうございます。

    2017年7月19日 17:12

  • ラムネ逃避行へのコメント

    少し歪んだヒロインに感情移入しながら読んでいました。
    この時期、そうですよね。些細なことで自分のことを嫌いになって、それをずっと引きずって。

    ラムネの空をアイツと見て、救われましたね。読後感が爽やかで、ステキな物語でした。ありがとうございました!

    作者からの返信

    読んでいただいてありがとうござます。
    コメントが主人公を見守ってくれるお兄ちゃんからのように思えて、のえるさんの優しい目で読んでいただけたんだなぁと、うれしくなりました。ありがとうございました。

    2017年7月10日 13:58

  • ラムネ逃避行へのコメント

    共感を呼ぶ思春期の暗いモヤモヤと、淡い恋心と、終盤に明かされる15センチの清々しい景色に後には、溢れる涙の最後が待っていたー素敵なお話をありがとうございました😊

    作者からの返信

    読んでいただいて、どうもありがとうございます!
    「共感を呼ぶ」と言っていただいて、ほっとしています。
    あまり時間がかけられなかったぶん、文字数的にはちょうどよかったのですが、やはり駆け足感が出てしまったかなと思っています。
    丁寧に書いたつもりですが、共感してもらえるのかどうかは心配でした。
    ありがとうございます。

    2017年7月10日 13:48

  • ラムネ逃避行へのコメント

    15センチの空には素敵な物語が詰まっていました。
    良いお話でしたっ♪

    作者からの返信

    読んでいただいて、どうもありがとうございます。
    レビュー、とてもうれしかったです。
    タイトルを好きと言っていただいてうれしさ倍増でした。
    タイトルから出来上がるものが多いのですが、これもそうで、イメージをそのまま受け取っていただけたことに感謝しています。

    今日はこちらだけで失礼いたしますが、またそちらにもうかがわせてください。

    2017年7月9日 07:41

  • ラムネ逃避行へのコメント

    意表をつく「15cm」でした。周囲にも自分自身にも疑問を抱き始めるこの年頃の不安やもどかしさが、透明感あふれる描写を通して、とてもリアルに感じられました。こんな時期に、自分の居場所となってくれる存在があると、とても心強いですよね。素朴な竹内くんの人柄に、読んでいる私も癒されました。

    作者からの返信

    コメントをどうもありがとうございます。
    意表をつくと言っていただけてうれしいです。あまり15センチが活きていないかなと思っていたので……。
    拙作にはスピーディさもダイナミックさもないものですから、読んでくださる方の「読んであげよう」という優しさに支えられていると感じます。
    弦巻さん、本当に丁寧に読んでいただいて、ありがとうございました。

    2017年7月4日 08:04