まつろわぬ踊り一座のト書き

作者 みやこ留芽

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    こんばんは。私のところに来て頂いてありがとうございます。

    ファンタジーの世界へのテイクオフがスムーズ過ぎて、
    思わず自分の感覚を疑ってしまいました。

    台詞が素晴らしいと思えば、描写が川の流れのように
    進んでしまい、読む速度が上がっていくのをこれ程実感出来た
    作品は類を見ません。

    読むのが楽しい作品に出会えた幸運をありがとうの言葉と
    応援のボタンで送らせて頂きます。

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    ハッピートリガーBPCに引き続きRewriteまで読んでくださってありがとうございますm(_ _)m 30日に公募にだして下げる予定ですので、ご注意ください(^^;)

  • 第2話『三人の踊り子』へのコメント

     面白い!そして、うまいっ!

     一話で、三人の踊り子の書き分けをしてしまっているのですね。おぉぉと、唸ってしまう程の見事さです。

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

     始めまして、帆乃風総持でございます。
     ご挨拶が大変に遅れまして、誠に申し訳ございません。
     毎回の応援、とても嬉しく思っております。ありがとうございます。
     わたしも拝読させて頂きます。

     アンデルセンかイソップにありそうな、ワクワクさせられる書き出しですね。これは続きも読まねば、て気にさせられます。
     

  • 第30話『まつろわぬ一座』へのコメント

    こんにちは。こっそりお邪魔しています。
    第一部完結、おめでとうございます。お疲れさまでした。

    森辺の民の風俗、伝承、歌舞演劇、興味深く拝読いたしました(^^) クライマックスの竜とラピス姫の対峙シーン、大変迫力があって素敵でした。

    是非、第二部も読ませていただきたいなぁ、と思います。
    楽しませていただきました。素敵なお話を、ありがとうございました。
    それでは失礼します。

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    こんばんは!私のとこに来ていただいてありがとうございます。窺えなって漢字読めませんでした。ほかにも、むずかしめの漢字にはフリガナをふっていただけると読みやすいです。よろしくお願いします。

    作者からの返信

    来訪感謝です。
    うかがえない、と読みますね。使う漢字や言葉の密度、一文の長さ、難しいです。文が重いと他でも言われるのですがなかなか直りません。
    ご指摘ありがとうございます。次回以降の教訓にします。

    2017年6月29日 23:29

  • 第5話『妖精の輪』へのコメント

    初めまして。

    人を愛し夫婦となったウンディーネ、妖精の輪のお話……などなど、ヨーロッパ各地の伝承を彷彿させる物語に惹かれました。

    今後も楽しく読ませて頂きますね。

    作者からの返信

     はじめまして。読んでいただきありがとうございます。
     牧歌的な童話や昔話が好きで、それが高じて書いたものが本作になります。
     趣味が合えばいいのですが。よければ続けてお付き合いくださいますよう。

    2017年6月23日 19:10

  • 第30話『まつろわぬ一座』へのコメント

     執筆、お疲れ様でした。
    幻想的な語り口と伝承。人が関わる素晴らしい世界。
    何かを失って得たものが、絆を繋げる力強い物語。
    素敵な作品と出会えて、幸せでした。
    ありがとうございました。

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。楽しんでいただけたなら、こちらこそこの上ない幸せです。
    今後とも作品ともども、よろしくお願いします。

    2017年6月18日 21:51

  • 第2話『三人の踊り子』へのコメント

    掛け合い上手で羨ましいです。
    この掛け合いだけで其々の関係性が朧げに見て取れる。そして楽しい。
    うーん。羨ましいです。

    作者からの返信

     恐縮です。会話を考えるのが一番楽しいですよね。もっと可愛さを重点できるよう頑張りたいです。

    2017年6月12日 12:24

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    はじめまして。Tsubuanと申します。
    翁と座頭の口上のやりとり、流れるような感じが素敵だと思います。
    これからも読ませていただきます。

    作者からの返信

     ありがとうございます。自分が想像した雰囲気や面白さを少しでも伝えられたらとても嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

    2017年6月10日 09:44

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    キキーモラ、森人、自然崇拝…良いですね!
    貴方は判っている作家さんです。私が好きなものは全部知っていそうでワクワクしますよ! 正直、あまりにも趣味が合い過ぎるので「初めまして」ではない気すらしますが…

    改めて宜しくお願い致します。

    作者からの返信

     ありがとうございます。
     リアルで専攻したくても出来なかった民俗学っぽいことをファンタジーでやろうと思い立って書きましたが、そこまで共感してもらえて嬉しいです。本編も気に入っていただければ幸いです。

    2017年6月9日 07:28

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    みやこ留芽様

     こんばんは。コメント失礼します。
    先程は、レビューを入れて頂き、ありがとうございました。
     ファンタジーと魔法の気配がする『まつろわぬ踊り一座のト書き』。拝読させて頂きます。

    作者からの返信

     ありがとうございます、光栄です!
     よろしければ今後もよしなにお願いします^^

    2017年6月8日 07:24

  • 第1話『緑の幌馬車』へのコメント

    初めまして、きぐるみ女神Qです。
    ワタシもこのカクヨムで作家デビューして1年経っていないくらいなので、まだまだ色んな作家さんと仲良くなりたいです。
    みやこ留芽さん、これからも宜しくお願いします。

  • すべてのエピソード 13
  • 第1話『緑の幌馬車』 8
  • 第2話『三人の踊り子』 2
  • 第3話『森の祭儀者たち』
  • 第4話『水の精』
  • 第5話『妖精の輪』 1
  • 第6話『教導舎の宴』
  • 第7話『カフィと赤い石』
  • 第8話『神父サトラン』
  • 第9話『謁見と宝石竜』
  • 第10話『身体美』
  • 第11話『緑の瞳』
  • 第12話『妖精症』
  • 第13話『泥なめくじ』
  • 第14話『狂宴』
  • 第15話『物忌み』
  • 第16話『類型はずれの伝承』
  • 第17話『異変』
  • 第18話『流れ落ちる』
  • 第19話『分断』
  • 第20話『袋叩きに招く手』
  • 第21話『同盟と仲たがい』
  • 第22話『出走』
  • 第23話『二つの檄』
  • 第24話『前進的逃走』
  • 第25話『雪崩れ込み』
  • 第26話『踊りの始まり』
  • 第27話『ヒュアデス』
  • 第28話『閉幕』
  • 第29話『もうひとつの終わりと始まり』
  • 第30話『まつろわぬ一座』 2