支天神話 ― 片翼の大神に目を付けられた僕は妹の未来のために足掻き続ける ―

作者 時行人

5

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?