残悔のリベラル -under the "in the sun"-

作者 睡蓮たしぎ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • EP37へのコメント

    想像外の終わり方でした。
    色々とどんでん返しの連続に楽しませていただきました。

    完結、お疲れさまでした

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!
    そしてステキなレビューまで頂きまして、本当に感謝の極みでございます。

    元々どんでん返しが好きなのですが、せっかくのSFジャンルなのでとことんやってやった感じです!

    このどんでん返しが良い方に受け取って貰えたのなら、作者としてただただ嬉しさが込み上げます!

    2018年4月19日 22:20 編集済

  • EP10-04へのコメント

    全然気が付きませんでした……サヨさんも気付いていたのですかね?

    作者からの返信

    してやったりですね(ぉぃ)

    質問の部分に関しては、どっちにも取れるところを狙ったつもりです。作者個人としては「気付いていない」の方だと思っています!

    いつも応援コメントありがとうございます(^O^)

    2018年4月18日 18:54

  • EP09-02へのコメント

    やはり博士は全てを知っている……いや「識っている」感じですね

    作者からの返信

    ええ、どうして博士が「識っている」のか、もーすぐ明らかになります!(╹◡╹)

    2018年4月18日 18:52

  • EP05-05へのコメント

    この言葉の応酬、ルビも含めて大好きです!

    作者からの返信

    いつも応援コメントありがとうございます!

    スロースタートからようやくここまで来て、
    徐々にやりたいことが出来てきたところです。

    SFは世界観を構築するまでが大変ですよね!

    2018年4月16日 19:59

  • EP04-02へのコメント

    ロリコンの人って実際に大きくなったら捨てるんでしょうかね?

    作者からの返信

    ど、どどど、どうなんでしょうね!?

    作者は赤ちゃんが好きでし。

    2018年4月14日 08:10

  • EP03-02へのコメント

    なんかいい人だらけの様に思えるのですが……なんでしょう、このモヤモヤ感……

    作者からの返信

    それぞれの理想や信念は、名言化しない限り仲睦まじく過ごせるのです……何かを犠牲にしながら。

    2018年4月10日 17:42

  • EP02-03へのコメント

    生きていて何が悪い

    この台詞かっこいいです!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    台詞には緩急つけていきたいですね!

    2018年4月10日 09:25

  • EP01-01へのコメント

    自分の文字をカスタムして登録すると、私なら他人には絶対に読めない文字になりますね……

    世界観が面白いです

    作者からの返信

    応援コメントありがとうございます!

    作者もミミズ文字の遣い手ですのでとんでもないことになりますね……。

    2018年4月9日 15:16

  • EP08-04へのコメント

    楽しく読ませて頂いております。クノッソスにアリアドネを対応させる言い回しがオシャレですね!

    作者からの返信

    博霊シロー様はじめまして。

    破竹の勢いで読み進めてくださり、驚きと喜びでいっぱいです!!

    クノッソス宮殿といえばアリアドネの糸でしょ(^○^) という遊び心で書きましたw

    楽しんで頂けているのなら何よりです、ありがとうございます!

    2018年2月27日 00:10

  • EP37へのコメント

    間に合ってよかった。

    文句なしの☆3つ作品。

    阿川弘之、雲の墓標的な流れからのこの展開。
    戦いは続くのですね。
    素晴らしい。
    完結お疲れ様でした( ´∀` )

    作者からの返信

    今村さんありがとうございます!

    長く長い葛藤を抜けて、また新しい葛藤と共に日々は続きます。

    実は本作は一度だけ、当初思い描いていた展開をひっくり返しました。実は今村さんの「すばらしいくに」に打ちのめされた影響です。重さと儚さにおいて、あの作品を越えるのは無理だと判断したからです。

    ですからその結果、こうして今村さんに三つ星を頂けたことは何ものにも変えがたい喜びです。

    僕の敷いたレールを飛び越えて、それでもホムラがここに辿り着けたのは、「すばらしいくに」があったからこそ。

    多大なる感謝を。

    2018年1月31日 18:18

  • EP37へのコメント

    完結おめでとうございます & お疲れ様でした!

    ホムラさんの戦いはこれからもずっと続くのですね。

    作品の世界観やホムラさんたちの考え方、そして物語後半でのエリアの事実、交渉術と、毎回ドキドキハラハラしながら、時には考えながら読めて楽しかったです。

    素敵な時間をありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    あさみさんのコメントに本当に何度も何度も救われました。

    書いたものに反応を頂けるということは、創作者にとって何ものにも変えがたいエネルギーですね。

    色々な方に支えられて、うちのホムラさんがやっとスタートラインに立てた気がしています!

    2018年1月31日 16:36

  • EP13へのコメント

    自己破棄と自己構築、ウロボロス良いですね!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    ウロボロスって僕らの心みたい。

    2018年1月31日 16:34

  • EP37へのコメント

    完結おめでとうございます!
    毎回の更新が本当に楽しみでした。
    作られた命——同じ外見であっても、そこに宿ったものはそれぞれ違う。
    魂を得たホムラたちの足掻きは、きっとその命の火が消える時まで続くのでしょうね。
    素晴らしい物語をありがとうございました!

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    正直な話、何度パソコンを投げ飛ばそうかと思ったことか。

    Twitterの方で何度か零しているんですけど(削除済み)、
    実際にうちのチビが臓器移植を受けているんですよね。

    だからこそ、書けるものがあるのだと思って歯を食いしばりました。

    【残悔のリベラル】という物語が、こうして多くの方の目に留まれたことを、心から喜んでいます。

    ありがとうを、何度でも。

    2018年1月30日 23:43

  • EP37へのコメント

    幾つかの解釈が産まれそうなEDなので、恣意的な感想は避けたい。

    と言いながら、少しばかり触れると、特にDUMに残されたアゲハやアリスたちHUMにとっての《救い》は最終的になんになるのだろう、という部分。
    彼女たちは歳を取らない。成長因子が抜かれているため――、ゆえに、004に取り残された永久複製医療術の残滓が、今後どうなるのか、非常に気になるところ。

    ホムラの選択《リベラル》は、正しい。ただそれが単なる神の鉄槌のような正しさに支えられるのか、ヒューマニズムによるものなのか――、答えは、まだ、出ていないのかも――、しれない。

    これは実のところ、彼女が始まる物語、だったのかも。

    だとすれば。彼女の、彼女たちのこれからが、楽しみでならない。


    残悔《リグレット》は、終わらない。



    お疲れ様でした。

    作者からの返信

    残リベの父、あやめさん。
    濃厚な応援コメントをありがとうございます!
    こうやって考察して頂けるのは作者冥利に尽きます!!

    ただあんまり作者が場外でやいのやいの言うのもみっともないので、簡単な補足だけさせて頂きますネ。

    ご指摘の点につきましては、本当に仰るとおりで、明言化されてない部分が大いにあるんですよね。で、実はこれに対する答えに近いやりとりが、EP12-05に幾つかあるんです。断片的に抜き出しますと──。



    テラ>一度奪ってしまったら、全能は無能を淘汰するまで止まれないんだ

    ホムラ>理解してあげることは叶わないだろう。成長因子を残したままの私のカラダは、今この瞬間にも勝手に滅びていくのだから──。

    ホムラ>テラが自分たちの世界を閉ざそうとしているのは、他ならぬ私たちのためだったのだ。

    テラ>これからの生き方を議論する時間なら、後から幾らでも作るから

    テラ>俺たちはきっと、まだ生まれたてなだけだよ

    コトハ>黎明期か──沓琉トーマもそう思ってくれていると良いな




    あくまでも作者的にはですけど、こういったやり取りを直前に受けているホムラが、シュレーディンガーの在り方についてはジャッジを先延ばしにしたという見解です。

    まずは世界に理解を深めること。(奇しくもミツキと同じ)
    トーマの仕組んだジレンマから抜け出すこと。
    世界に散り散りになった自分たちの意見を知ること。

    そして何より、自分よりも長い時間を生きる可能性の高いヒュムたちには、まだ残された未来が多くあるだろう、という想いがあります。

    これがあってこそ、テラテクスと交わした約定が意味を持ってくるわけです。



    ノープロットで書いてるので、他にも気になる部分や納得いかない部分がありましたら、どんどん教えてくださいまし!

    フォントに長い戦いだったよぅ。
    お疲れ様です!

    2018年1月30日 23:00

  • EP13へのコメント

    脳筋に吹き出しましたね。(感想そこか)

    作者からの返信

    僕も吹き出しましたよ!
    でも確かにホムラはパワータイプ。。。

    2018年1月30日 22:26

  • EP13へのコメント

    切ない……
    あと「自己破棄と自己構築(ウロボロス)」←これめっちゃ好きです興奮しました。

    作者からの返信

    切なさをありがとう!

    前半、中盤、後半、とそれぞれ違った切なさがあると思います。
    書いてて苦しさの種類が違ったもの。。。

    ウロボロス好評で嬉しみw

    2018年1月30日 22:26

  • EP07-04へのコメント

    うおおお! 急展開! ここで味方が増えるとは……!

    作者からの返信

    この展開、意外と読まれずにいたみたいです。
    その反応、めちゃんこ嬉しいです!!

    2018年1月30日 22:23

  • EP07-02へのコメント

    林檎磨き、Apple Polisherか! ルビ芸お見事!

    作者からの返信

    ありがとうございます~。
    いきなり洋風なスラングで攻めてみました笑

    2018年1月30日 22:22

  • EP06-02へのコメント

    サヨさんも、こういう葛藤を乗り越えて、慣れて、今に至るのかなぁ……

    作者からの返信

    サヨさんの葛藤も想像すると辛さがあります。
    フロズンテンペストに至るまでのサヨさんの道のり……。

    2018年1月30日 22:22

  • EP06-01へのコメント

    ああ、アリスなのか……辛い……

    作者からの返信

    ここは奇を衒わずに、直球を投げさせて頂きました……。

    2018年1月30日 22:20

  • EP12-05へのコメント

    最後の戦い、ですね。

    作者からの返信

    決断の時です!!

    2018年1月30日 22:19

  • EP05-04へのコメント

    天才との会話は難しい!(凡人の感想)

    作者からの返信

    ええ、書くのも難しい(作者はあんぽんちん)

    2018年1月29日 23:06

  • EP05-02へのコメント

    イマリさん、ちょっとトーク・ストレートなところあるけど、なんだかんだデキる人で素敵!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    イマリさんは多くの読者さんにご支持を頂いているようです!

    2018年1月29日 23:05

  • EP04-04へのコメント

    >「あたしにとっては、ホムラだって同じだよ」

    刺さるなぁ……読み進めるのが辛い……でも読んじゃう……

    作者からの返信

    うぅ、ありがとうございます。

    読み手の方に何かしらの痛みを残せたらとても嬉しく思います。

    2018年1月29日 23:04

  • EP04-02へのコメント

    まさかホントにロリコンを説明するとはwww

    作者からの返信

    この物語は、テラがロリコンなのか否かを追求する物語です!!(笑)

    2018年1月29日 23:03

  • EP03-02へのコメント

    死ぬ、死なせると分かってる者と暮らすのか……精神が危なそう……

    作者からの返信

    不用意に与えた尊厳が悲しみを生み出しています……。

    陰鬱です(T_T)

    2018年1月29日 23:03

  • EP02-03へのコメント

    死に場所を探す、か……本当に人間らしい!

    作者からの返信

    テラは掴みどころのないやつですが、誰よりも長いことDUMに居る分、人間味が強く出ています。

    2018年1月29日 22:45

  • EP02-02へのコメント

    おおっと、なかなかに重いテーマですね。色々な「線引き」を探る物語……

    作者からの返信

    そうなんです。

    どこに線を引くか。何を選び取るのか。

    本作のメインテーマの1つです。

    2018年1月29日 22:43

  • EP02-01へのコメント

    サヨさんの二つ名がカッコよすぎる……!

    作者からの返信

    ファンタジーゲームでジョブチェンジしたら成れそうです。

    我こそはフロズンテンペスト!
    今、悠久の氷塊を解き放ち汝を滅ぼそう!!

    みたいな。。。

    2018年1月29日 22:43

  • EP01-04へのコメント

    全てが機械化された入口、大好きな星新一さんの世界を思い出します!!

    作者からの返信

    深緑のシーンをどうしても入れたくて、ここに落ち着きました!
    でもこの入口、実は未だに悩んでるんですよね……。

    2018年1月29日 22:42

  • EP01-03へのコメント

    ルビに注目しがちなのに、本文もちゃんと頭に入ってくる……ミックス具合が絶妙ということか……

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    素直に嬉しいです!!

    2018年1月29日 22:40

  • EP01-02へのコメント

    代わり映えしない街並みと服装……少し前の歌ですが、サザンの「ミス・ブランニューデイ」を思い出しますね。

    作者からの返信

    ああ、たしかにそんな歌詞でした!!

    作者はアラサーなので分かりますよ~笑

    2018年1月29日 22:39

  • EP01-01へのコメント

    ルビ、ステキ!
    駄目人間(ザ・フール)がツボです(*´Д`*)

    作者からの返信

    のえるさんありがとうございます。
    好みが別れると思いますので、お気に召して頂けたなら幸いです。

    作者は駄目人間(ザ・フール)でございますよ(・∀・)

    2018年1月29日 11:35

  • EP01-05へのコメント

    とりあえずここまで読みました。

    左右から豪打の如くに叩きこまれる言霊。
    幕の内一歩に挑んだらROUND1のしょっぱなで
    いきなり新型デンプシー・ロールを喰らわされた
    日本タイトル挑戦者みたいな気分になっています。

    作者からの返信

    教授さんありがとうございます!
    「な、なんだこれはー」ですね 笑

    僕は常々ガードで精一杯ですが、読者さんをchronic traumatic encephalopathyに出来るように精進します。

    引退なんてしないもん。

    2018年1月29日 08:06

  • EP12-03へのコメント

    サ、サヨさん……!!

    作者からの返信

    ま、まちさん……!!

    サヨさんの支持が厚くて歓びしかない。

    2018年1月29日 08:00

  • EP12-05へのコメント

    お、珍しく戦闘パートだ。

    クノッソスには、何が待ち受けているのでしょうか……

    作者からの返信

    「先生、バナナはおやつに入りますか?」くらいのノリで「これは戦闘パートに入りますか?」と聞いてみたい!!

    クレタ島にあるクノッソス宮殿の見どころは多々ありますけれど、イルカの壁画が有名ですね。水槽に囲まれたレストランではイルカを出そうとしたけれど雰囲気があんまりなのでクジラにしたんですよ!

    2018年1月29日 07:56

  • EP12-04へのコメント

    「魂」。確かに人工生命を語る上で出てきてもおかしくない単語ですね。

    それをこのタイミングで。しかもテラが言うすごさ。

    作者からの返信

    あさみさんありがとうございます!
    素敵なレビューまで頂きまして本当に感謝しかない……。

    複雑な環境下で生きてきたテラだからこそ、かねてより意識と魂の境界線を見てきたのだと思います。神奈木博士だけに対してだけではなく、世界の仕組みに関して、テラこそが誰よりも「魂」の存在を信じていたかったんだという解釈です。書き手としてではなく読み手として!!

    2018年1月29日 07:52

  • EP12-03へのコメント

    みな集まってきましたね。

    作者からの返信

    うちのホムラさんが持つ数少ない特技の一つですよ(笑

    2018年1月27日 22:32

  • EP12-04へのコメント

    『魂』を宿した人工生命。
    誰かの代わりじゃなくて、唯一無二の存在。
    その言葉を、他でもないテラが言ったことに、胸が熱くなりました。

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    テラが外海に沈む真実を知ってから、こうした考え方に至るまでには、やっぱりホムラやサヨさんの存在が大きかったのだと思います。難儀な性格ですので憎まれ口ばかりですが、どうか見守ってやってください。

    2018年1月27日 22:28

  • EP12-04へのコメント

    サヨさん!!! サヨさぁぁぁぁぁん!!! ……生きて。

    作者からの返信

    米子さんの応援あるかぎり、不死鳥のように蘇るっ!
    米咲く命あるかぎり、何度でもっ。

    うぅぅ、ありがとうございます。

    2018年1月27日 22:22

  • EP12-04へのコメント

    ここで《魂》という概念を登場させるのですね……!

    なるほど、言われてみればここまでそのことばはなかったですね?(見落としてたらごめんなさい)
    脳や心臓、人工生命などの『観測出来ることば』の外側にある――、あるいは、内側にある《魂》という切り口。

    ココロでありながらそれだけに限らないその《魂》ということばの重さを、改めて感じ入るばかり。

    作者からの返信

    「魂」という単語は、多くのSF作品にとって諸刃の剣ですよね!
    (実は比喩的表現の中で2箇所ほど使ってたのですが、それは修正しました。コレ絶対に内緒にしてください)

    意識と魂の問題は、シンギュラリティ論戦には欠かせない要素です。特異点とか諸々の哲学思想とかも、残リベの世界ではちょっと意味が違ってきちゃうんですけども。

    解明不能にして解析不能。そして観測不能──。
    でも見つけました。

    まだそれは、言語上の概念に過ぎないのだけれど。

    2018年1月27日 11:06

  • EP12-03へのコメント

    ついに出ましたね、ゲントク老師。
    今のDUMを取り仕切っている彼の口から、また違った視点からの真実が紐解かれるのでしょうか。
    リブレインされたサヨさんの思惑を打ち砕く、鉄槌が待ち受けているのか……果たして?

    作者からの返信

    老師は長い人生にやっと一息ついたお爺ちゃんですからね。
    子どもたちのイタズラを生暖かい眼差しで見守っているのですよ!

    2018年1月26日 13:42

  • EP03-03へのコメント

    ロックされた人間のヒュム達……個性強めだなー!
    天才とか言われる人達は、変わり者が多いといいますもんね。

    作者からの返信

    確かに個性強いですよね……。
    頭の中で金八先生の授業風景を思い描いてました笑

    2018年1月25日 23:01

  • EP01-01へのコメント

    公式遺産と非公式遺産のルビ、ロックアーティファクトとアンロックラビッシュっていうのがいいですね。
    容易に、非公式の方もアーティファクトにしていないってところに好感がもてます。

    作者からの返信

    細かいこだわりに気付いて頂きありがとうございます!実は兼ねてよりラビッシュという単語に思い入れがありまして、必ずどこかで使おうと狙っておりましたw

    2018年1月25日 11:01

  • EP12-02へのコメント

    予定調和を乱す雨すごい。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    スコールを降らす構想は最初期からあったのでやっと形に出来ました!

    2018年1月23日 21:42

  • EP12-01へのコメント

    博士の元へ再び、ですね。

    作者からの返信

    ええ、再会の時!
    わりと早いw

    2018年1月23日 21:38 編集済

  • EP12-02へのコメント

    息つく暇もない展開、読んでも読んでも続きが気になります。
    個人的に、数あるルビの中で「不在の神(オクトーバ)」のセンスが一番好きです……!

    作者からの返信

    一乃さんありがとうございます。
    そう言って頂けると、ラストスパートの励みになります。

    不在の神→神無→10月→オクトーバ

    の流れですね。作者も気に入っています!

    2018年1月22日 16:53

  • EP12-02へのコメント

    心臓のくだりキタ―――!!!
    (※テンションがおかしい)

    作者からの返信

    フォントに心臓のくだり好きですよね笑

    あやめさん.hatsuさんいつもありがとうございます!!

    2018年1月22日 16:51

  • EP12-01へのコメント

    予定調和を乱す雨が降った!

    作者からの返信

    龍の旗を立てるのです。

    2018年1月21日 22:51

  • EP11-02へのコメント

    イマリの言う、誰かが奪う側に立ってこそ、平穏な日々は守られる。
    それも確かにありますよね。。

    作者からの返信

    あさみさんいつも応援コメントありがとうございます。陰鬱な展開で申し訳なくなりますね……。

    イマリはイマリで、決して間違ってはいないと思います。誰に共感するかで、この物語は大きく印象を変えると思うのです。

    2018年1月20日 01:20

  • EP11-01へのコメント

    温度差。
    それが、ホムラとイマリを隔てている――、あたかも、灼熱で煮えくり返っている炉と、その炉からはとうに出てしまっている伊万里焼と。
    その温度差は、埋まるのだろうか。それとも――

    作者からの返信

    炉に焚べた焔のようなホムラと、既にそのフィールドからは脱却している伊万里焼。

    対極の政治思想は友情の妨げになるのか。それとも──。

    2018年1月18日 14:25

  • EP11-01へのコメント

    物事の良い側面だけを見て、それを正しいと信じ込む。ある意味、幸せなことなのかも知れません。
    イマリの無邪気さ、明るさは、何の疑いもない日常の中では太陽のようなものだけど、こういう状況においてはその強い光の作り出す陰がやたらと色濃く目立ちますね。

    作者からの返信

    はい!もちろん誰が正しいと思って書いているわけではないのですが、イマリはイマリでただ流されているだけのコではないので、限りなく衝突に近い事態になってしまいました。

    この手のキャラは、敵に回したくないタイプですw

    2018年1月18日 14:22

  • EP11-01へのコメント

    イマリさんからサヨさんの名前が出た時、私も「サヨさんに言われるなら大丈夫だ」と安堵しました。

    それにしてもホムラさん、名女優になりましたね!
    なんの疑いもなくスルーしました!

    作者からの返信

    あさみさんの思考回路がホムラにリンクしてて嬉しい!

    今までホムラを見てきたイマリだからこそ、ホムラの思考癖が深みにはまった時の不安定さを汲んでくれるのでしょうね。

    2018年1月18日 14:19

  • EP04-05へのコメント

    応援の★★(∩╹∀╹∩)ファイッ!

    作者からの返信

    うわーい!

    ありがとうございます(´;ω;`)

    2018年1月17日 23:34

  • EP10-07へのコメント

    ほとんど一気に読み進めていたらなんとも続きが気になるところで止まってしまった……!

    完成された文体と世界観にのめり込んでしまっています。登場人物たちもそれぞれに個性があって、映像が頭に浮かんでくるよう。
    この後ホムラとイマリの関係はどうなってしまうのか、サヨさんとテラの計画はどうなるのか……続きを楽しみに待たせて頂きます!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    折角一気に読んで頂いたのに未完で申し訳ありません……。この先は工事中なんです(ぉぃ)

    頂いたお星様にも応えるべく全力で書き上げます!

    2018年1月17日 19:53

  • EP09-04へのコメント

    んー……なんかとてもいろいろ気になる回ですね……??

    作者からの返信

    世界は名探偵まち子さんに託されています!

    2018年1月16日 23:08

  • EP09-01へのコメント

    名女優(オスカー)、いいですね……いいセンスだ……知ってたけど……

    作者からの返信

    だよねー。
    まちさんほどじゃないけど!

    幻影譚が更新されるとTwitterのタイムラインから人が居なくなるという噂ですぜ(きらーん)

    2018年1月16日 00:57

  • EP10-07へのコメント

    004はまだ良い方なのですね。

    熱照射銃。さてどうする……。

    作者からの返信

    そう、004はまだ良いのです。捻じ曲げられ方が優しいという意味でも!

    イマリ、どうしよう(ノ_<)

    2018年1月16日 00:56

  • EP08-03へのコメント

    リベラル……!!

    作者からの返信

    イッツ、リベラル!!

    2018年1月15日 17:27

  • EP10-07へのコメント

    出ましたね! デウス・エクス・マキーナー!

    そして、なるほど。わかりやすい言葉で言うと思想テロリスト。
    しかし、構造が入り組んでいるため、複雑怪奇ですね。
    ホムラ、どう――、動く?

    作者からの返信

    まっきーなー!!

    本当は別の当て名を考えていたんですけど、あやめさんとこで見てコレは馴染みある方が良いなぁ、と(笑)元々情報量が多いので、ややこしいのは回避するという算段です。

    散文的なストーリーが、これで一本に繋がったハズ!
    (何故プロットを作らなかったのか)

    2018年1月15日 15:48

  • EP07-04へのコメント

    うおーーーー

    まさかの私『たち』発言!

    鳥肌がたちました。

    この展開は予想できませんでした(゚Д゚;)

    作者からの返信

    鳥肌っ! やったw

    王道を往きつつ、所々で不意打ちしていきます笑

    コメントありがとうございます!

    2018年1月15日 15:43

  • EP10-06へのコメント

    壮絶な外海の旅ですね。
    でもこれは聞かなければいけないこと。。

    雪白姫をスノーホワイトと呼ぶの良いですね。

    作者からの返信

    そう、知った上で選択してほしい。そんな想いからテラは動いています。

    雪白姫のくだり、作中でホムラさんが全く気付いていないのでここでぶっちゃけますと、これテラの優しさなんです。雪白の冠が外れてしまった貴女も、俺は雪白ホムラだと思っていますよという気持ちが入っています。

    2018年1月13日 23:42

  • EP10-06へのコメント

    やはりというべきか――、仄めかされて、というべきか、失敗――。
    いや、失敗よりも、なお悪いか、この場合。
    受け入れることすら、ままならぬ。そしてそれは――、愛、のようなものだったのでしょうか。たぶん、愛でしょう。
    愛じゃあなければ、救われない。

    作者からの返信

    憎しみや嫌悪感って、意外と自分の土台になりますよね。反面教師とかいう言葉を良く使いますけれど。

    それさえも無くなってしまったら、結構キツいと思うのです。愛など知らなければ、強く在れたものを、という感じでした。書いててしんどかった笑

    2018年1月13日 23:40

  • EP10-05へのコメント

    濤声、久しぶりに出て来ましたね。

    そして――、夢見る老人たちを生かすために、罪を犯してもいない、いや存在さえもあやふやな人工知的生命体をつくり、提供《サーヴ》するのか。

    はは、まるでそれは――、今の日の本の国、ではないか。金の循環は逆だけれどね?

    そして、ミツキに永久複製医療術――?


    Re:ありましたね。なるほど。次でもうちょい書かれるのかな、と。

    作者からの返信

    Re:濤声から始まる残リベ生活(ぉぃ

    過去の文章から引用して意味を足していくのって、僕の文章の一番の特徴だと思うんですよね。残リベ読み返してみても自作からの引用いっぱいあるるる。

    争いの火種を作りだしていくのが人間なのかもしれませんね。世界を支えるはずの経済のために、今も啀み合ってる国々があるわけで。

    ミツキにアンリミ……はちょっと僕の書き方が不味かったかな? EP00のこの部分です!

    「だからね、政府の偉い人が、ママを認めてくれたの。ママの病気をね、優先的に治してくださるのよ」

    2018年1月12日 23:14

  • EP10-05へのコメント

    経済循環を引き起こすための材料だったなんて。。

    作者からの返信

    大禍を乗り越えても、いや、乗り越えたからこそ、恐怖を知って守りに入る。そんな老人たちの心理を思い描きながら作った初期設定ですね。

    こうして文字に起こすところまで辿り着いてみると、自分で思っていたよりも卑しかった……。

    2018年1月12日 23:16

  • EP10-04へのコメント

    >「──ホムラ、俺は悲しいよ。君がヒュムだったら、何か不都合があるのかい?」

    これは重たいし、これを書けたのは素晴らしいと思いますね。
    あくまで自分は観客席にいると思ってたのにね。

    作者からの返信

    このシーンは、どこかで踏み絵的な要素があると思うんです。ホムラを引き入れたいけれど、そうするに値するのか、みたいな。

    当初は、物語が完結してから「実はこうでした」ってやろうと思ってたんです。でも先月半ばくらいから、それでは意味が無いのだと思いはじめました。そしてホムラは、そこで発狂するような奴じゃないと判断しました。

    嬉しいです。
    ありがとうございます!

    2018年1月12日 13:43

  • EP08-02へのコメント

    あー……
    あぁー……(語彙の喪失)

    作者からの返信

    井中家の卓上《テーブル》に並んだ甘い焼き菓子《スイートコーン》が、遺伝子組み換え《シュレーディンガー》なのか純正の穀物《ピュアコーン》なのか、裸ん坊《ノーラベル》の状態では解読不能《アンノウン》というお話。

    2018年1月12日 10:30 編集済

  • EP07-03へのコメント

    サヨさん……
    なんかもういろんな人の考えが、「わかる」としか言えないです。全部わかる。わかりたくなくてもわかる。

    作者からの返信

    誰も間違ってないんですよね。誰もが正しい。なのにその根本を掬い損ねているような……。どうしてこんな話を書き出したんだろうと、今でも残悔のリベラルです。

    2018年1月12日 10:24

  • EP06-02へのコメント

    なんか、ついに、この時が来た!?って感じですね……この世界はどこへ向かうんだろう……

    作者からの返信

    それは、さながら、さまよう風。
    これは、龍の旗を立てる物語。

    2018年1月12日 08:45

  • EP06-01へのコメント

    嫌な予感はめっちゃしてたけど……!!アリスちゃん……!!!!

    作者からの返信

    良くも悪くも、王道を行くのです……。

    2018年1月12日 08:45

  • EP04-04へのコメント

    読むのに時間がかかる章でした(つд;*)

    とても切ない。

    この作品は世に出てほしいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    何よりの褒め言葉です。。。うう。

    「すばらしいくに」を読ませて頂いてる時に、
    進みたいけど進めない!ってことがあったんですよ。
    触れるのが痛い。
    そういう作品にしたいなぁ、と心から思います。

    2018年1月12日 08:13

  • EP10-04へのコメント

    なんとなくそうかな、という予感はあったものの、こうして明かされると衝撃が凄いですね……
    以前Twitterで、キャラの名前の漢字について触れられていたと思うんですが、ホムラとテラに同じ字が入っていたのも気になっていたんですよね。

    作者からの返信

    明言してない部分であれこれ示唆してたので、「ええー?!」というよりも「そんなに?!」という感じかもしれません。。。作者はそんな感じでした(ぉぃ)

    名前に複数の意味合いを持たせるの大好きなので、そこから読み解けるやもしれませんね!葬螺と照螺。テラの方がいいヤツ感あるw

    2018年1月12日 08:11

  • EP10-04へのコメント

    あー。。私も前にヒントを頂いてから序盤を読み返したのです。

    108は怪しいなと思っていたのですが……。
    計算が必要でしたね。
    なるほど。そういうことだったのですね!

    作者からの返信

    わー、納得して頂けたならただただ嬉しいです。

    SF作品って序盤の導入が長くなっちゃいますし、読み込んでくださった方が「あ、あれって伏線だったん?!」って思って頂けるような仕掛けを作りたかったんです。

    わーい。

    2018年1月11日 22:53

  • EP10-04へのコメント

    イェス!!!
    って言うのもアレですけれど、ほら、私の予想がひとつ大当たりしているじゃあないですかーーーっ!
    コメント欄には書いて……ませんでしたかね?
    むう、しまった。書いておけば良かった。(ヒュムゥ)

    作者からの返信

    俊足の名探偵現るっ。
    (ちなみにこの問題の配点は20点です)

    更新して10分でハート4つ付くとかな。。。
    生まれてきて良かったな。。。

    2018年1月11日 22:33

  • EP04-04へのコメント

    ちょっとぉ…たしぎさん……これは刺さる……これは……あの…アレですよ……(語彙力)
    現実にも、少なからず存在する問題ですよね…

    作者からの返信

    僕の愛読書(っていうとちょっと知的)──とある倫理学の本に、「臓器移植が盛んになると、いつか人の死を望む時代が来る」とあるんですよね。それが第一ステップで、次のステップは、やはり「そもそも臓器移植のための生命が作られる」と続くのです。

    魂の尊厳がどこにあるかという物語。

    2018年1月11日 20:10

  • EP04-02へのコメント

    あーーーかわいい……そしていたたまれない……
    ロリコン……

    作者からの返信

    そう、この物語は、ロリコンがロリコンであるための戦いの記録。それが故に、まちさんには刺さるはず……。

    2018年1月11日 20:08

  • EP04-01へのコメント

    なるほど、戦争のことだったのか……
    そしてアゲハちゃんの爆弾発言!!ウヒョオオ!!ロリコン!?ロリコンの爆誕か!?オッケーいいぞお祝いしよう!!

    作者からの返信

    OK、そのノリの良さ、完全にまちさんだぜ。
    【本人確認が終了しました!】
    お祝いしてくださーい。

    2018年1月11日 20:07

  • EP10-03へのコメント

    なるほど。解放なのか、独立なのか。
    サヨさんとテラの考えの違いとはこう言うことでしたか。

    作者からの返信

    はいっ。
    いよいよ佳境です。

    やっとこの世界の姿が。。。

    いつもありがとうございますっ。

    2018年1月11日 09:16

  • EP10-03へのコメント

    テラの夢が壮大であるがゆえに哀しい……。永遠に循環し続ける死の匂いのしない世界は、楽園と呼べるのでしょうか?
    テラがその世界を望むようになった理由は、外界に沈む世界の真実はどれだけ残酷で罪深いのか……。

    作者からの返信

    米さんこんばんわ。

    死の匂いを知らない子供は、世界を諦めることで世界を手に入れようとしているのかもしれません。あるいは、もう世界なんて望んでいないのかも。

    テラちょっとヤンデレ感ある……。

    2018年1月10日 21:36

  • EP10-03へのコメント

    心臓のくだり、やっぱり出て来るよねえ。
    そして、ふむ? テラのやりたいことというのは想定の範囲内。

    そして――、『外』でなにが起こっているんだ???

    作者からの返信

    来た、名探偵現る!

    テラの台詞を打ってる時にさぁ、なんか龍の旗を立てようとしてるみたいだなーって思ったよ(笑)

    2018年1月10日 21:33

  • EP10-02へのコメント

    生体認証で思い出したのですが、EP01-04に記載の数パーセントの誤差って、博士の言っていた数値に関わってます?
    うーん……でも計算が合わないから違うかもしれないですね。

    作者からの返信

    きゃー、考察ありがとうございます!
    嬉しいです。

    その部分では無いのですけど、かなり前半部分で出てきた情報とリンクしてます。神奈木博士が言っているのは……つまり(吐血)

    2018年1月10日 01:28

  • EP10-01へのコメント

    何があるんだろう。

    いろいろと繋がってきましたね。

    作者からの返信

    はい!
    一握りの真実が見え隠れしています。

    広げた風呂敷を畳む順序を間違えないように気を付けます。。。

    2018年1月10日 01:25

  • EP09-04へのコメント

    魂の重さ、かな? かな?
    あるいはのび太くんの入眠速度(の逆)。

    (コメント気になったのでのちに便乗スタイル)

    作者からの返信

    当てる気満々の人が現れた!
    たしぎは喜んでいる!

    って、こわいわー(><)

    のび太くんって0.93秒で寝るのね……。
    考え方としては間違ってません。

    2018年1月8日 21:22

  • EP09-04へのコメント

    たしかに博士は冷たさを感じますが、告発しそうな感じはありませんね。
    むしろ応援している?

    謎のパーセントが気になりますね。

    作者からの返信

    雹月あさみさんいつもコメントありがとうございます!

    謎のパーセント、超重要なやつです!この数字の意味にピンと来た方は、あああああああぁぁなるほど!ってなってるハズ(いまだその報告はありません 笑)

    2018年1月8日 14:33

  • EP10-02へのコメント

    おお、プリンセス感。
    裏サイトかな? かな???

    作者からの返信

    あんまり男女が一緒のシーンが無いので、男女揃ってるシーンはワクワクしますね!画面越しだけど!

    (裏サイトが好きなのはあやめさん!)

    2018年1月8日 10:27 編集済

  • EP09-03へのコメント

    なるほど。神奈木博士は引っ掛けの引っ掛けでしたか。さすがです。

    ホムラさんも名女優っ!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    名女優と名女優の頭脳戦です!
    (SFとは・・・)

    2018年1月7日 22:37

  • EP09-02へのコメント

    情報漏洩対策をさりげなく見る仕草、良いですねー。

    それにしても、テラとサヨさんの考えが違う?ということ……?

    作者からの返信

    神奈木博士も底が見えませんね。
    サヨさんと神奈木博士とテラに翻弄されるホムラさん。

    Twitterでは不思議の国のアリス説が流れています。。。

    2018年1月7日 22:35

  • EP09-01へのコメント

    潜入捜査官役のような名女優。

    ホムラさんも進むべき道を! 行動あるのみですね!

    作者からの返信

    ここらへんからうちのホムラさんの偏差値が上がってる感ありますw

    日々成長と変容を積み重ねるー。

    2018年1月7日 22:32

  • EP08-05へのコメント

    サヨさん、ずっと戦っていたのですね……すごいっ!

    作者からの返信

    そう。サヨさんはある意味で、違う経路を辿ってるホムラみたいなものなんです。。。

    2018年1月7日 22:31

  • EP08-04へのコメント

    倫理の物差しと天秤。
    そうですね、この世界はこの考えがすっぽり抜けてしまっているようですよね。特にヒュムに対して。
    ホムラさんは前々から疑問に思っていたところですが。

  • EP04-02へのコメント

    テラはロリコンなのですか?
    しかしまぁ、この後を考えると切ないです。(´・c_・`)


    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    テラがロリコンなのかどうかは、この物語の最大の謎なのです。今ある伏線の中で、もっとも回収が困難なフラグだと作者は考えています。事態は深刻です(T ^ T)

    2018年1月5日 23:30

  • EP08-03へのコメント

    ホムラさんを取り巻く環境を知ってしまったからでしょうか、以前登場した時よりも、ネコ型目覚まし時計に妙な親しみを感じます。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    このネコ型時計は、日常と非日常の境い目でチクタクと時を刻み続ける重要アイテムなんですよね。何の特殊性能もない、我が家やあさみさんのお家にあるであろう時計と全く同じアイテムなんですけど、秒針の音の確かさって、苛立たしいほどにあたたかいと思うのです。

    2018年1月4日 23:55

  • EP08-02へのコメント

    遅延を括られた人工生命、水槽の中の鯨、そしてヒュムとDUM……。

    物語の核心部分のお話ですね。

    作者からの返信

    はい、「残悔のリベラル」の壮大なメタファーとなっております。

    めでたく完結した暁には、是非このEP08を読み返して頂きたい(><)

    2018年1月4日 23:53

  • EP08-01へのコメント

    360度水槽のレストラン。
    魚を眺めているのか、魚に眺められているのか、どっちなのでしょうね。

    たしぎさまのコメントを読んでそう思いました。

    作者からの返信

    いやぁ、ありがとうございます。。。

    このEP08はどうしても書きたかったシーンなので、
    色々考察して頂けると本当に嬉しいです。

    嬉しさで溶ける。。。

    2018年1月4日 23:51

  • EP07-04へのコメント

    サヨさんとの協力体制、これは力強いですね!

    作者からの返信

    怖いくらいに心強いですね!
    そう、怖いくらい……。

    2018年1月4日 23:50

  • EP02-03へのコメント

    あー!そういう…あーー!!なるほど!!
    なんかもういろんなもんが絡みに絡んでめっちゃあのアレな感じになってますね!!うっわーー。超人間!!マジ人間!!

    作者からの返信

    だよねー。

    ほんと超人間!
    うん。マジ人間なんすわ(笑

    そのテンションでかかってきてください。
    喜び桃の木だぜー!

    (応援コメント欄を見てる皆さま、作中はシリアスですが、作者はこのノリでOKちゃちゃちゃです。どんどんください。そのコメントを。そのココロをー)

    2018年1月4日 14:32

  • EP02-02へのコメント

    なるほどな。そういうテーマでしたか。
    この子たちは誰かのクローンというわけではなく、ゼロから作られた人間なんですかね…?いや、だから何というわけでもないんですが、きっとそのほうが「良心の呵責」が少なくて済むんだろうな、と……
    倫理ってなんなんでしょうね。可能性があるならやりたくなるのもわかりますよね。でも道徳的観点から禁じられる技術も確かにある。なんなんでしょうね。深いテーマですね。
    あっ、やべ、ついいつものテンションを忘れてしまったぜ!!!!

    作者からの返信

    実は「何を持って免罪符とするのか」という裏テーマがあります。

    人権を与えること。
    愛情を与えること。
    そもそも生命を与えてあげたこと。

    たくさんの傲慢の裏に見え隠れする悲しみ。
    この現代社会にも通じる部分がいっぱいあると思うんですよね。。。

    ホムラは何処へ辿り着くのでせう!

    2018年1月4日 14:28

  • EP01-01へのコメント

    うわあ携帯端末をワールドリンク……凄い、その感覚。うまく言えないですけど上手いなぁと思ってしまいます。

    作者からの返信

    黄間さんこんにちは!
    こちらでは初めましてですね!

    お読み頂いてとても嬉しく思います。

    厨三病くらいのセンスで綴っていきます笑
    よろしくどうぞ~。ぺこり。

    2018年1月4日 14:26

  • EP07-03へのコメント

    阻止することに立ち向かうか、辞めるか。
    辞めたとしても後悔は残りますよね。。

    作者からの返信

    ええ、どの道筋も残悔のリベラルです(きらんっ)

    究極の話、すべてを救うことは難しい……。

    2018年1月4日 14:25

  • EP07-02へのコメント

    ヒアリングスポットも機能しないなんて、やはりアンダーグラウンドな空間ですね。

    作者からの返信

    政府の管理なんて完璧じゃないんだぜ!
    アングラ最高なんだぜ!
    っというシーンです(ぉぉぉっ?!)

    2018年1月1日 15:51