勇者の後始末人

作者 闇鴉慎

月並みな表現でしか無いですが、読みやすく楽しませる物語です。

  • ★★★ Excellent!!!

何よりも、私自身がこうした戦後の物語が好みだったということです。
ファンタジー世界を舞台にした小説は世に多くあり、その中でも勇者ものが送り出されてきました。
運命を背負い、運命的な敵と出会い、運命的な仲間と出会い、運命的な武器を手に、運命的な勝利を収める物語はそれで実に魅力的であります。
その一方で、その戦いの後どうなったのかを描くというのは、面白い試みであり、
「よくあるファンタジーものの中で、独自のナニかを…!」
という作者の思いが強く感じられます。
荒削りな部分も感じられるのですが、そうした部分よりも作者はこの物語をどう着地させてくれるのかがとても楽しみです。
次回の更新も、期待しています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー