★番外編03:仕事・学校が忙しい人の場合の対応

 タチマチPです。

 質問にて、


「仕事が忙しく、1週間×5セットが固まった期間で出来ない場合はどうすれば良いですか?」


 という質問をいただきましたので、こちらに記載します。

------------------------------------------------------------------------------------------------

Q.★35日執筆中に忙しい事が発生した場合


 →A.1週間ノルマを1週間単位でズラしましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 例えば、会社の出張や家族サービス、学生の場合だと試験勉強などで、どうしても特定の期間だけは執筆作業が出来ないという特例が発生する可能性もあると思います。


 その際は、1週間区切りで期間を開けてから、1週間ノルマを再開するようにしましょう。35日で書けるのが最高の理想ですが、特別な事情により、執筆が出来ないものは致し方ないです。

 あなたの生活を最優先にして、執筆活動をしてください。


<例>

1週目:2万文字

2週目:4万文字

3週目:[-stop-]

4週目:6万文字

5週目:8万文字

6週目:10万文字



 ただし、期間を開けている間もシナリオの内容考案だけは片隅で行うようにしてください。執筆という情熱が下火になってしまうことが何より怖いと思いますので、そこだけ本当に注意。

 あと、できるだけ期間を開けるのは【1週間】を【1回】だけにしてください。

 サボりグセが付きますので、強く注意します。

 ※面倒だから1週間開けるは絶対にやめてください


 以上、質問の返答でした。


 タチマチP

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る