荒廃世界のリビング・ドールズ

作者 花井有人

7

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ビデオゲーム「フォー〇アウト」を始め、この小説を読んで連想されるメディアはとっても多いでしょう。
和製ゲームでも「メタル〇ックス」等を好む人、この手の話が好きな人にはたまりません。
 愛や正義といった概念、いやそれどころか悪といった概念すら無いかも知れませんね。この世界には。
単に皆が生物としての生存本能を発揮しているだけで。

 ミュータントといえばやはり巨大アリ、このツボを突くことを忘れない「その手」のスジにとってはとても美味しい作品です。


 若干、物語後半になると哲学的な部分が入ってくるのを好むかどうかは人それぞれと言えるでしょう。

★★★ Excellent!!!

 核戦争後の荒廃した地球。大企業同士が戦争を繰り広げ、人間が人間らしくいられない世界の物語です。
 舞台設定は言うまでもなく、硬派で美しくもある文章にぐっと引き込まれます。

 何がこの世界の希望なのか、絶望なのか。判ずることはできません。だけどこれほど心が震えるのは、この物語が人間ドラマであるからだと思います。私はそう感じました。

 皆さまも読んで感じてみてください。あなたは心に何を残すのか。