第40話 エリナの秘密

 馬車は馬に任せた速度でガタガタと街道を行く。手綱を操るアリスの隣にはルーン。それを背後から見守る私。周辺警戒に当たるエリナと、自ずと役割分担が決まっていた。

「左前、60キロ先スライム3匹!!」

 エリナが叫ぶと同時に、私は攻撃魔法を放った。こいつらには物理攻撃は効かない。最弱といわれているが、実は意外と厄介な魔物だ。

 遠雷のような音が聞こえ、全てが片付いた事を示す。肉弾戦は最終手段だ。出来ればこうして、相手に見つかる前に一方的に叩くのがベストである。

「さすがだな。スリーSクラスはダテじゃない」

 エリナがポツリと言った。

「大した事ではない。誰だって訓練すれば出来るようになる」

 これは自慢でも嫌みでもなく本当の事だ。

「お前が言うと本当に出来そうな気がする。不思議だな」

 エリナがそう言って苦笑した。

「ただの猫が出来るのだ。出来ないのは練習不足だな」

 これも本当の事だ。猫に出来て人間に出来ぬはずがない。魔法も召還術も蘇生術も人間のものだ。

「そうでもない。これでもこの世界にきて相当練習したのだが、物になったのは蘇生術だけだった」

 ……今なんと言った?

「この世界?」

 私の耳は聞き逃さなかった。まさかとは思うが……。

「使い魔召喚でここに?」

 私の問いに、エリナはしまったという表情を浮かべた。

「これは誰にも内緒だぞ。私の本当の名前は「村瀬恵里菜」。色々あってチャーチル姓を名乗っている。使い魔召喚ではない。誰が呼んだのか分からないので、帰ることが出来んのだ。渋谷が懐かしい」

 ……なんと、世の中は何が起きるか分からない。エリナというこの世界では珍しい名前はそういうことか。

「これからは何と呼べばいい?」

 私はエリナに聞いた。

「普通にエリナで構わん。今さらだしな」

 まあ、確かにそうか……。

「して、エリナよ。「お約束」でこちらに来ると様々な能力は付与されるようだが、なにもなしか?」

 私はエリナに聞いてみた。

「なにもない。まあ、強いて言えば蘇生術くらいだ。これは難しいらしいからな」

 それはそうだろう。死者を生き返させる魔法など、私も知らない。

「十分立派な能力だと思うがな……」

 引く手あまただと思うが……。

「そう言ってもらえると嬉しいものだ。なにせ、なかなか使う機会がなくてな。最近は、ちょっと増えたが」

 エリナは自嘲気味に笑った。よく分からないが、苦労しているのだろう。

「しかし、ちょっと驚いたぞ。まさか、こちらの世界に「呼ばれた」のがもう1人いたとは……」

「それはこちらも同じだ。しかも、猫だぞ。ほぼ最強の……」

 ……猫で悪かったな。

「さて、この話はここまでにしよう。ルーンに聞かれるとまずい」

 エリナがそう言って、前方を指差した。2人とも完全にラブラブ状態だ。

「ああ、これは内緒にした方がいいな」

 あまりこういう事は知られない方がいい。これは2人だけの秘密である。

「アリス、次の村が見えてきたぞ。通過するか?」

 私は大きな声でアリスに声を掛けた。

「はい、まだ日も高いですし、次の村まで行っちゃいましょう!!」

 私はなにも言わずカンテラを手に取った。高速進行の合図。すぐに許可の合図が返ってきた。私たちを乗せた馬車は村を通り抜け。続く街道をひた走る。

「この先にちょっとした山があります。それを越えて麓の村で1泊しましょう!!」

 出たこのパターン。今夜は野営だな。

 私はあえて何も言わなかった。言うだけ無駄だからだ。

 馬車はガタガタと進んで行く……。


「これはもう、「山道」というよりは「山」だな。

 私はため息をついた。馬車は比較的急坂をせっせと登っていた。例によって「ショートカットします!!」だ。そして、案の定迷っているまっ最中である。

「アリス、気持ちは分からんでもないが、たまには人が造った道を走るのも悪くないぞ」

「……」

 アリスはなにも言わなかった。ただひたすら地図とにらめっこだ。

「この先に沢があるよぉ。迂回した方が良いと思うよ。言ったからね。私は」

 横から地図を見ていたのだろう、ルーンが一言助言したが、アリスは聞く耳を持たなかった。そして、問題の沢が現れた。大した水量ではないが、こちらは馬車である、渡れるのか?

「突っこみます。どこかにつかまっていて下さい!!」

 さすがアリス。やる事が大ざっぱでよろしい。

 そして、水しぶきを上げながら、馬車は沢に突っこんだ。ガッタンバッタン馬車が跳ね回る中、沢渡りは成功した。

「みんな無事?」

 アリスの声に、異口同音に答えた。

『1回死んでこい!!』

 本気で死ぬかと思ったぞ。全く……。

「さて、みんな無事みたいだし、行くよ~!!

 まあ、アリスが元気になったのなら、それでいい。湿っぽいのは嫌いだ。


 こうして、私たちの馬車は道とは言えない道を突き進んでいくのだった。やれやれ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!