第32話 ルーンの日課

アリスの家は裏玄関を出ると、すぐに手つかずの広大な雪原になっている。まだ日が出たばかりの早朝。私とルーンは「散歩」していた。

「はっ!!」

 殺気がこもったルーンの投げナイフは、しかし、私の残像を貫いただけ。

「行くぞ……」

 空中で体を捻って強引に進路を変え、ルーンの頭に蹴りを入れた。

「なんの!!」

 再び投げナイフが来たが、これは誘い。その場に身を伏せてやり過ごすと、頭上でブンと剣が抜けた風が過ぎる。私はジャンプし、剣を振って体勢が不安定な一瞬を突き、切り返そうとしていたルーンの頭上に着地した。

「……1本だな」

「あっちゃー、また負けた」

 そう、これが「散歩」だ。体が鈍るというので、毎朝命がけの真剣勝負に付き合っているのだが、なかなかの使い手だ。私でなければ、とっくに死んでいるだろう。

「全く、もし死んだらどうするのだ。私とて本気で戦う時は、相手の命を狙うつもりで掛かっているのだ。私だけではない。たかが猫とは思うなよ」

 私は頭からポンと飛び降りた。

「もう、なんでそんなに強いのぉ。もう、私も近接戦闘なら自信あるのにぃ!!」

 ルーンがガックリ肩を落として剣を鞘に収める。

「戦闘モードの猫に勝とうなどと思わぬ事だ。猫は基本的に「武力衝突」にならないよう済ませようとするが、やるときは全力でやるからな」

 ちなみに、お分かりだと思うが、私は本気を出していない。その証拠にルーンには一切手出しをしていない。当然、ひっかき傷の1つもない。

「いやいや、おかしいですよ。私の動体視力が……」

「馬鹿者。猫に動体視力で勝てるか。さて、帰るか……っと」

 全く前触れもなく繰り出されたルーンの剣による突きを、私はあっさりかわした。

「キー!!」

「殺気を出し過ぎだ。馬鹿者」

 ふん、まだまだだな。

 

 アリスの家に帰ると、アリスとエリナが心配そうに待っていた。

「大丈夫ですか?」

 アリスが聞いて来たが、大丈夫でなければここにはいない。

「ああ、問題無い。ルーンのプライドを崩すのは面白い」

「こ、このぉ、泣くぞぉ!!」

 ホントに涙を浮かべながら、ルーンが叫ぶ。

「まぁまぁ……」

 エリナがルーンをなだめる。まあ、いつもの朝の光景だ。

「あっ、そういえば、なにか立派な封書が届きましたよ。朝イチの至急便で」

 ……至急便とはまた高価な。ただごとではないな。

「開けてみろ」

 アリスはうなずいて、なぜか包丁で封を切っていく。ある意味器用だ。

「あれ、これ国王様からの手紙ですね……うげっ!?」

 アリスの顔が驚きに変わった。

「何かありましたか?」

 ルーンが不思議そうに聞いた。

「まあ、覚悟はした方がいいな」

 最後にエリナが言い、私はなにも言わない。なにか言っても意味がない。

「隣国ホルン王国への届けものだそうです。詳しい事は王城で説明するとの事なので、急ぎ準備をしましょう」

 アリスが言うと同時に、エリナとルーンが外に飛び出た。アリスが手早く巨大な袋に携帯食やら水やらを詰め、それを外から戻ってきた2人と一緒に外に持ち出す。誰が決めたわけでもなく、この3人で出るのも始めてなのに、素晴らしい連携だ。

「先生、行きましょう」

 アリスが言った。

「うむ、そうしよう」

 なまじ名前が「先生」なだけに、無駄に偉そうである。偉ぶるつもりはないのだがな。

 玄関から外に出ると、荷台に物資を満載した馬車とそこに乗る2人の姿があった。

「ほう、クロスボウか。エリナもなかなか面白い得物を持っているな」

 ついぞ武装した事のないエリナの姿に、私は思わず声を上げてしまった

「ああ、これはお守りみたいなものだ。腕は当てにしないでくれ」

 どうだかな……。

「急ぎなのは分かっているが、ちょっとしたテストだ。エリナ、あの風見鶏を撃ってみろ」

 一瞬驚いたような表情を浮かべたアリスだったが、すぐにクロスボウを構えた。標的は3軒先の風見鶏。距離は100メートルくらいだ。

 バシュッという発射音を響かせ、放たれた矢は風見鶏を根元から吹き飛ばした。

「いい腕だ。魔法はダメでもその道がある」

「い、いや、これはあくまでも遠距離用で……」

 クロスボウの弦を発射状態にしながら、エリナがもごもごいっているが……。

「誰がそうと決めた? 発想力が足らんな。あれだけの腕があればいかようにでも使えるだろう。あとは実戦だ」

 クロスボウをポンと叩くと、私は馬車に乗った。最後にエリナが乗り、馬車は早朝の村を抜けて、北方街道へと出た。

「王都までは3日ほどですが、宿泊を1回削って時短しましょう!!」

 アリスの提案に異を唱える者はない。こうして、我々は次の町を通過する事にした。遠くに町が見えてくると、アリスはカンテラを取って左右に3回振る。それを繰り返すと、町の方から同じ合図が返され、同時に警鐘が鳴らされているのが分かる。

 よし、ここで旅の豆知識だ。馬車で町を高速通過する場合は、こうやって合図を送って、事前に知らせるのがルールになっている。左右に3回は高速進行の合図だ。それと同じ合図が反ってくれば許可。ダメなら縦に2回振られる。今回は「許可」だ。

「高速進行。アリス、思い切り飛ばせ」

「はい!!」

 アリスは馬車を加速させた。程なく町中に突入し目抜き通りを一気に駆け抜け、町の反対側に抜ける。アリスはカンテラを後ろに向けて謝意を伝えると、馬の疲労を考えてか若干速度を落とす。

「いやぁ、1度やってみたいなぁ。町中の高速進行」

 後ろでルーンがのんびり言った。

「やめておけ。お前はあまりにも酷すぎて、馬車免許習得が禁止されただろう」

 エリナがやれやれとつぶやいた。

 ……どれほど酷いんだ。私は大型馬車免許も持っているが、小型なら昼寝していても取れるぞ。

「そ、それは、私の暗黒史ですよ。お姉様」

「だから、お姉様はやめろ!!」

 本当に仲がいいな。こいつらは。

 こうして町や村を3つほど駆け抜けたとき、ちょうど日没を迎えた。馬車は夜闇を突いて走っていくが。

「ここでストップだ。馬がもう限界だろう」

 私は進行の中止を宣言した。そう、馬車は馬が引くもの。当然休息は必要だ。

「分かりました。ここで野営します」

 ここからが素晴らしかった、アリスが謎の速さで4人用のやや大きなテントを組み立て、その間にエリナとルーンがたき火と飯炊きを開始する。今まで野営といえば私は猫缶、アリスは携帯食だったのだが……」

「ルーンよ。そんな珍妙な道具で飯など作れるのか?」

 みたことのない野営道具に、私は思わず声を掛けた。

「はい、もちろんです、ダッジ・オーブンのルーンと呼ばれた腕を披露します!!」

 すごい気合いである。まあ、どのみち私は猫缶だ。寒さで凍っているので、軽くお湯で缶を温めるだけ。ややこしい料理を始めたルーンの後でいい。

「ややや、猫缶なんて抱えてどうしたのですか?」

 見つかったらしい。ルーンが問うてきた。

「私の晩飯だ。人が食べるものは、猫は食べてはいかんのだ」

 すると、恐るべき答えが返ってきた。

「使える材料と味覚が人間と違うので、料理と呼べるものはできませんが、ちゃんと先生殿の食事もご用意してあります。もう少しで出来ますので……」

 なんということだ。私は今まで、猫用に作られた食事など食べた事がない。猫缶などご馳走である。それなのに、なんという気配り。どのポンコツも時々こうやって光る時があるので始末に悪い。完全にダメなら叩き出している所なのだが……。

 手の空いたアリスやエリナと談笑して時間を潰す。こうやって横から料理しているルーンをみると、まるで何かの職人のようだ。声を掛けることすらはばかられる。

「はーい、出来ました。ささっと、食べちゃいましょう。先生殿の食事はこちらで冷ましてあります。47度でしたよね」

 ルーンが聞いた。惜しいな……。

「37度だな。しかし、大丈夫だ。猫が猫舌だというのは間違いだしな」

「くっ、不覚……」

 いや、そこまで落ち込まなくてもいいと思うがな。まあ、いい。

「食事にしよう。冷めてしまう。ルーンもいい加減立ち直れ」

『はーい!!』

 ルーンの作った猫飯は……美味かった。それは、猫缶が最上の食事と思っていた価値観を、根底から破壊する程だった。

「アリス、泣くな!!」

「先生だって!!」

 なに!? うぉっ、涙が……。

「ルーンの料理は人を泣かせるほど美味いのだ。私はもう慣れているから平気……」

「あはは、エリナだって泣いてる~♪」

 自分で作った飯を食って、なぜか泣いているルーンがエリナにツッコミを入れる。

「えっ、これは汗だ。今日は暑い!!」

 うそこけ。

 しかし、なんだこの集団。ルーンのヤツ、変なもの入れてないか?

「ああ、こんな美味しいもの食べられるなんて、死んでもいいや……」

 こら、死ぬなアリスよ。1回死んでいるし、もういいだろう。

「大丈夫だ。死んでも私がいる」

 ……そういう問題ではない。

「そこまで褒められるなんて……」

 たき火に銀の光がきらめく。フン。

 私は左前足の短い指2本でそれを受け止めた。投擲用のナイフだった。

「先生殿、マジでなに者なんですか!!」

 うーんは首をうなだれた。

「ただの元野良猫よ。猫という生き物はな、寝ている間すら周辺警戒を怠らない、臆病な生き物なのだよ。この程度では隙のうちにも入らん」

 私はわざとオーバーな動作でナイフを投げ返した。避けるなり受け取るなり、簡単なものだろう。しかし、それは思い切りルーンの心臓を射貫いた。……当たったな。うん、当たった。

「エリナ、すぐ蘇生しろ。アリスは手伝い!!」

『はい!!』

 大騒ぎになったキャンプ。だから、飯食いながら蘇生するのはやめろ。うむ、生き返ったようだ。意外とイージーらしいな蘇生術。そして、アリスが取り皿片手に回復魔法を……失敗した。このポンコツめ。致し方ない、私が……おっと、もう動けるのか。大した身体能力だ。

「先生殿、なにするんですかぁ!!」

「いや、避けるかと思ったのだが……」

 私は少々腰が引けながら言った。このザ・ゾンビが!!

「ナイフを投げる猫なんて誰が想像しますか!! 完全に油断していましたよ!!」

 油断していたのは認めるのだな。

「……攻撃魔法の方が良かったか?」

 私が軽い冗談を飛ばすと、ルーンの顔から血の気が引いた。

「あの……冗談ですよね? 私は魔法でぶっ壊したりぶっ殺したりするの好きなのですが、逆に撃たれるのは弱くて……」

 ……なるほど、隊の最前列に配置されて、いきなり死ぬタイプだな。

「無論、冗談だ。そして、今ナイフを投げようとしたのも見え見えだ。疲れるからやめろ」

 全く懲りないというか、またナイフを投げようとしたのである。

「な、投げる前から防がれた。無念……」

 そして、ルーンは気を失った。なんだ?

「蘇生開けであんなに動いたらこうなるのは当然なんだがな。誰か回復魔法を……」

 面倒臭いからこのまま寝かせて起きたかったのだが、アリスは飯を食っている最中だったので、致し方なく私が回復魔法を使った。

「ふっかぁーつ!!」

「いいから黙って寝てろ」

 私は強力な眠りの魔法を唱えた。しかし……。

「効かぬわ!!」

 なぜか、ますます元気になってしまった。脅威の体だな。

「なに、案ずるな。コイツを寝かせるには……」

 エリナはたき火の薪を1本取り、思い切りぶん殴った。もちろん、火がついている方で……。

「ぎゃあ!!」

 大げさ? な悲鳴を上げ、ルーンは地面に倒れ込む。私がやったわけじゃないぞ。

「ほら、寝ただろう。ところで、見張りはどうする。順当なら私とルーン、お前とアリスになるが……」

 ふむ……。

「起きている奴が先に寝ろ。この無駄に元気な奴と私が先にやるから、アリスとお前で組め」

 私は大きくアクビをした。眠いわけではない。念のため。

「分かった、そうしよう。片付けたらさっそく寝る。すまんが頼んだ」

 そして、残った飯をアリスと2人で全て平らげ、片付けを済ませたのちに、アリスとエリナはテントに入った。


「……一応、回復魔法使っておくか」

 あんまりと言えばあんまりなので、テントの中が寝静まった頃、私はルーンに回復魔法を掛けた。これでは凍死しかねん。

「復活……」

 うむ、元気がないな。なんとなくありがたいが気持ち悪い。ちなみに、寝ている間に投げナイフの在庫は全て処分してある。

「なんだ、元気がないな」

 私がそう言うとルーンは半泣きになった。

「だって、お姉様が私の弱点殴ったんですよ。火のついた薪で!!」

 そこまで覚えているのか。大したものだな。

「それはまあ、そうしなきゃ止まらなかったからな。お前」

 私はポツリと言った。

「昔なんですけど、ここは家が火事で全焼したときに、酷い火傷を負いまして……。私以外は全員亡くなったのですが、ここに火を当てられると気絶しちゃうんです。記憶の逆流に耐えられなくなって……」

 ……なんだ、随分ヘビーな話しだな。

「それだけ聞くと、エリナは極悪人みたいだが……」

 私は率直に言った。

「とんでもない。お姉様はいい人ですよ。時々、記憶から重要な事が飛んじゃうみたいですけど」

 ……フォローしてるのか。それは。

「まあ、お前とエリナの関係にはさほど興味はないが、どうせ暇な時間だ。ゆっくりと話しを聞く時間はある」

 そして、ルーンは語り始めた。過去の話を。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!