第28話 アリスの死

「しかし、冷えるな……」

 さすが冬の森というか、なかなかの寒さである。この時期に生えているキノコなどあるのか? 私としたことが、色々聞き忘れてきてしまった。生えている場所すら分からない。

 まあ、雪原ではないだろう。ありがちなのは、木の根とかどこかの小さな洞窟とか……そんなところだろう。しかし、当たり前だが適当に掘ったところでなにも出ない。ヒントが欲しい。

「おっ、見ない同類発見。落とし物かい?」

 森の奥をウロウロしていると、唐突に声を掛けられた。見ると、そこには尻尾が異常に太い猫がいた。

「いや、大した事じゃないんだが、この辺にキノコが生えている場所があるらしくてな、色々探しているのだ」

 大した事ではあるのだが、それを表に出すほど私は馬鹿ではない。足下を掬われるからな。

「キノコか……。そうだなぁ、ヒラルタケなら年中生えているが、場所が良くない」

「どこだ?」

 回りくどい会話をしている場合ではない。私は短くそう言った。

「ああ、ここを真っ直ぐ行くと洞窟があって、奥の方がヒラルタケの群生地になっているんだが……この時期は魔物共の越冬地にもなっているんだ。行くなら気を付けろよ」

 それだけ言って、突然現れた猫は去っていった。

「全く、世話が焼ける……」

 私は森の奥に向かった。もちろん、戦闘態勢でな。


「ここが洞窟か……」

 森の奥の奥。ちょっとした崖にその洞窟はあった。日ももう傾いている。時間はあまりないな。

「よし……」

 私は洞窟に足を踏み入れた。しばらく進むと、なかなか温かい。非常に気分はいいが、そうなると当然……。

「ファイア・アロー!!」

 まるで熊のような魔物を炎の矢が貫き、全ては終わった。

「悪いな。先を急ぐんだ」

 魔物の骸にそう言って、私は急ぎ足で先へと進む。戦闘は途中で数えるのをやめた程の回数をこなしたが、まあ、大騒ぎする程ではなかった。ちょっと怪我したが、舐めておけば直る。

「ほぅ、これがヒラルタケか……」

 洞窟の奥深くに怪しく光るキノコ。あまり気味がいいものではないが、あの写真と相違ない。私はさっそくそれを1つ取り洞窟の入り口へと向かった……のだが。

「おかしいな。ここまで1本道。迷うはずがないのだが……」

 どういうわけか、いくら歩いても出口に辿り付かない。それだけならまだしも、来るときに駆逐していないはずの魔物まで健在だ。これはもう、別の通路を通っているとしか言えないだろう。

「やれやれ……」

 ため息でも出ようというものだ。たかがキノコにこの騒ぎである。この先が思いやられる……。

「ん?」

 どうやら、洞窟はここで行き止まりらしい。

「ふむ、どうしたものか……」

 道を間違えるはずがない。1本しかないのだから。しかし、帰りはそのまま出られなかった。これはどういうことだ?

「戻るか……他に道はないしな」

 釈然としないが、道がないなら引き返すしかない。そして、キノコの群生している場所から、再び出口へ……。

「ふむ、奇っ怪としか言えぬな……」

 また違う道が現れた。これは、もしや……。

「『彷徨えるダンジョン』か……」

 アリスの話に聞いた事がある。内部構造が勝手に変わってしまう面倒な場所だ。人工物ならともかく、天然の洞窟にまであるとはな。これは、総当たりしかないか……」

「全く、急いでいるんだがな……」

 私は再び歩みを進めたのだった。


「やっとか……」

 どうやら、やっと弾切れになったらしい。私は洞窟から出て馬車へと急ぐ。もう何日経っているかすら分からない。

 雪が積もった馬車に飛び乗ると、私は急いでキャンプへと戻った。使い魔である私が死んでいないということは、アリスもまだ生きているはずだ。

 勢いよくキャンプに飛び込むと、私はテントに入った。

「これでいいのか?」

 ちょうど近くにいた衛生兵にキノコを押しつけると、さっそく調べ始めた。

「間違いありません。さっそく魔法薬を調合します!!」

 そしてアリスの様子を見に行く。顔色が悪い。呼吸も不規則だ。かなり危ない状態である事は誰の目にも明らかだった。

「もうあれから2日経っています。命は助かっても、後遺症が残る恐れもあります……」

 そう言われても、なんと言えばいいか分からない。私はそっとアリスの肩に前足を乗せた。それで、どうにかなるわけではないがな……。

「魔法薬出来ました。失礼」

 私は脇に退いた。衛生兵が魔法薬をそっと飲ませようとするのだが、すでに飲む体力もないらしい。

「点滴から行きます」

 すでに何個も袋を下げたアリスであったが、そのうちの1つに注射器で魔法薬を注入していく。全て入れ終わったが、特になんの変化もなかった。

「この薬に即効性はありません。解毒出来るかどうかは体力次第です」

 衛生兵の口調は冷静だった。それでいい。感情的になられては正常な判断が出来ない。

「分かった。様子を見よう」

 私はテントを出ると、近くにあった枯れた倒木に座り、パイプをくわえた。こういう時に限って、上手く点火してくれない……忌々しい。

 苦労して火を付けると、ゆっくりと煙りを吸って吐き出す。アリスは生死の境を彷徨っている。それは様子を見れば分かる。もう少し早く戻れれば……いや、たらればを言っても始まらない。善処したと思うしかない。

「全く、どこまでも心配させてくれるな……」

 待つしかない。そう、待つしかないのだ……。


 翌朝、一睡もしないでアリスの様子を見ていたが、状態に変化はなかった。衛生兵の話によれば、この2、3日が勝負らしい。相変わらすアリスの容態は悪そうだ。今にも呼吸が止まりそうで怖い。

「全く、じれったいものだな……」

 自分がこうなるならそれどころではないが、見ている方としては怖い。アリスが死ねば私も死ぬ。それはどうでもいいが、死なれたら困るのが事実……。

「くっ!?」

 急に全身を痛みが襲った。自分でも分かるほど心拍数が上がり、私はその場に倒れてしまった。慌てて衛生兵が飛んできたが、私はゆっくり起き上がって大丈夫だとアピールした。

「なに、大した事ではない。それより。アリスの方を……」

 体中は痛むが、私はそれを無視した。

「この様子だと、今夜が山だな……」

 もしアリスが死ねば私も死ぬ。アリスの容態が悪くなれば私もおかしくなる。簡単な事だ。まあ、私は1度死んだ身だ。思わぬ形でこうして生きているだけにすぎない。しかし、アリスは……。

「食っておくべきだったな。あの阿呆……」

 私はいよいよ辛くなり、アリスの隣に横になった。すぐさま衛生兵が飛んできたが、さすがに猫の扱いには困っているようだ。

「私は大丈夫だ。アリスが持ち直せば治る」

 その時だった。アリスが小声で、なにかブツブツつぶやいている事に気がついた。

 呪文だ。意識があるのかないのか分からないが、私とて召喚術士の端くれ。それが何なのかはすぐ分かった。

「馬鹿者、すぐやめろ!!」

 声を上げた瞬間、私の全身を蝕んでいた痛みが消えた。……解除したのだ。使い魔契約を。恐らく、私を巻き込まないために……。

 本来なら、その瞬間に元いた世界に戻るはずだが、不思議とそれはなかっ呪文を唱え損なったかわざとそうしたのか分からないが、アリスの馬鹿野郎が!!

 思いっきり文句を言ってやろうと思ったが、その顔にうっすら浮いた笑みを見て何も言えなかった。そして、その顔が再び苦痛に歪む。

「クソ!!」

 それだけ言い残して、私はテントを出た。そして、適当なところでパイプをくゆらせる。いかなる時も感情的になるな。それは判断を誤らせる。分かっているが、さすがにこのケースでは難しい。イライラが募っていく。そんなときだった。

「ん? そうか、あれがあったか……」

 究極といわれる召喚獣フェニックス。術者の命と引き替えに、他者の命を生き返らせる能力がある。私が死んでも使い魔なら換えが効く。しかし、アリスは換えが効かない。ならば、取るべき道は1つだろう。いざとなれば……。

 長い夜は、まだ始まったばかりだった。


 翌朝、テント内は異様な静けさに包まれていた。

「アリス・センチュリオン殿の死亡を確認。時刻は……」

 手当の甲斐もなく、アリスは死んだ。不思議と全く心は動かなかった。あるいは、やる事が決まっているからかも知れない。

「……すまんが、アリスをテントの外に出してくれ。これから派手な召喚術を使うからな」 衛生兵2人が動き、アリスの遺体をテントの外に連れ出し、適当な距離を置いて地面に横たえた。さらば、現世。それなりに楽しかったぞ。

 私は呪文の詠唱に入った。その時だった。

「ちょっと待った~!!」

 いきなり女性の通る声が聞こえた。なんだ??

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!