第13話 ミステリー

「地図もなにもかも全て馬車に置きっ放しでした。つまり、この大雪原で迷子になったということです」

 私たちは村の中央にある広場にいた。建物の中にはどうしても入りたくなかったのだ。

「参ったな。どうしたものか……」

 吹雪は凄まじい勢いで私たちの体温を奪っていく。これでは、凍死は時間の問題だろう。

 実は召喚術も含めてあらゆる魔法を試したが、一切発動する事はなかった。しかも、村から出ようとしても、いつの間にかここに戻されてしまう。万策尽きたとはこのことだ。

「一丁前に人の声が聞こえるのが忌々しいな。気配は全くないのに……」

 私は周囲を見回した。誰もいないのに生活音だけは聞こえてくる。こんなところで一生を終えるなど御免だ。

「とりあえず、注意深く一回りしてみよう。なにか分かるかも知れぬ」

 私は頭を抱えているアリスに言った。

「……そうですね。私は頭がパンクしそうなので、先生にお任せします」

 任されてもな。私だって分からん。

 こうして、家を一軒一軒注意深く確認する作業が始まった。暖炉には火が点り、テーブルの上にはお茶が入って湯気を上げているカップと新聞……ん?

「アリス、今年は王歴何年だ?」

 私は努めて静かに聞いた。こういうときにパニックを起こすのが1番悪い。

「王歴ですか? ちょうど1000年です。王都では祭りが開かれているようですが……」 

 新聞の日付は王歴667年。確かにおよそ300年前の日付だ。しかし、新聞はまるで今朝届いたかのように綺麗だった。

「約300年前に、この村に突如として何かが起きた事は確かなようだな。それも、理屈ではない何かが……」

 村の建物を廻って行くが、全て似たようなものだった。そして、厩もあるような立派な家に来たとき、私たちに朗報が入った。

「ああ、サンダルシア!!」

 ……そんな名前の馬だったのか。

 ともあれ、そこには私たちの馬車があった。とりあえず、外に馬車を引き出して状態を確認したが、消える前と変わらなかった。こうなったら、とりあえずベースキャンプ作りだ。広場に素早くテントを張り、適当な木ぎれを集め、厩の中にあった乾いた草に火打ち石で着火して種火にする。木が濡れているので白煙が凄かったが、とりあえずたき火も完成した。もちろん、この一連の作業はアリスがやった。なんというか、たくましい。

「とりあえず、テントで風をしのぎましょう。このままでは、2人とも死んでしまいます」

 無論、私に異論はない。アリスに続いてテントに入ると、私はようやく人心地付いて丸くなった。アリスはなにも喋らない。私も言うことはない。

 特に暖房器具はないのだが、極寒地用というだけはあってなかなか温かい。小一時間ほど温まってから、私とアリスは再び村の探索に入った。全部で30件ほどある家屋の全てが、約300年ほど前の状態だった。焼きたての目玉焼きに湯気が上がるトーストされたばかりのパンというものもあった。何があったのだろうか。この村に……。

「なにも手がかりはないですね……」

 アリスがポツリと言った。

「そうだな……特になにもない。全てが約300年前のまま、人だけがいなくなっている……。ただそれだけは分かった」

 本当にそれだけだった。正直に言うと薄気味悪い。

「なんですかね。これ……」

 私に分かるはずがない。ただ首を横に振って返した。

「そうですよね……。とりあえず、テントに戻りましょう。

 アリスの顔色が悪いが、なんとか大丈夫そうだ。

「そうだな。これ以上は埒が開かぬ」

 村の広場に戻って見ると、ちゃんと設営したまま無事だった。たき火の光が明るい。

「さて、見張りは私がやる。お前はしっかり寝ろ。今にも倒れそうだぞ」

 私はそれだけ言い残し、テントの外に出た。寒い。猛烈に寒い。吹雪はさらに勢いを増し、とてもではないが屋外にいられる状態ではない。たき火の熱も全く通用しない。こんなことは初めてだ。

「致し方ない。戻るとしよう……」

 私はテント内に戻った。アリスがビックリしたようにこちらを見ている。

「なにかあったんですか?」

 どうやら着替え中だったらしく、なんだか中途半端な姿ではあったが、アリスはそれをそっちのけで聞いて来た。

「いや、なにもない。とてもではないが外にいられん。こんな珍妙な場所で危険だが、これでは見張りなど出来ぬ」

 代わりに、テントの中で起きている事にした。アリスは早々に横になり、静かに寝息を立てている。やはり、長旅で疲れているのだろう。

 どうした事か、私も眠くなってきた。こんな事は滅多にない。起きていられない程の眠気とは……。


 翌朝……またも信じられない事が起きた。

「村がない!!」

 一発で眠気がすっ飛んだようだ。テントから出てきたアリスが、信じられないという口調で叫んだ。

「ああ、影も形もない。ただの雪原だ……」

 あれほど激しかった吹雪は嘘のように収まり、見事な晴天で快適である。

「とりあえず、馬車の点検をしますね。なにか不具合があると困るので……」

 大丈夫だとは思うが、用心にこした事はない。私は匂いで村の痕跡を求めたが、無駄に終わった。全くなんの痕跡もなく、綺麗さっぱり消えてしまったのだ。

「先生、ちょっと来て下さい!!」

 アリスの声に、私は慌てて馬車に向かった。

「これ……」

 アリスが指差したのは、ソリと馬車本体と繋ぐ支柱の1つだった。そこには、太い針金のような物が刺さっていた。……そう、巻いてあったのではなく刺さっていたのだ。針金は支柱を貫き反対側に出ている。支柱の太さは大の男の腕くらいはある。尋常な事ではない。

「これはまた……。複雑怪奇としか言いようがないな」

 全く、不思議な事が多すぎる。あの村がなんなのか、結局分からず仕舞いだ。もっとも、知らない方がいいかもしれないが……。

「それ以外は問題ありません。さっそく移動を開始しましょう!!」

 アリスが御者台で叫ぶが……。

「現在地は分かっているのか? 闇雲に動いても迷子になるだけだぞ」

 私は御者台に飛び乗り、アリスに聞いた。

「大丈夫です。ここは村の近所です。目をつむっていても帰れます!!」

 ……そんな場所で怪現象に遭ったのか。全く。

「では行こう。久しぶりに家でゆっくりしたい」

 とりあえずツッコミは後回しだ。アリスの操る馬車が村に着いたのは、それから間もなくの事だった。


「ふぅ、やっぱり家は落ち着きますねぇ」

 長旅の疲れを癒やすべく風呂に入り、ご機嫌のアリスが酒を片手にリビングにやってきた。

「全くだ。この時期に長距離移動とは堪ったものではない」

 これが私の本音だった。まあ、楽しくはあったが懲り懲りだ。

「そういえば、郵便が来ていましたね……」

 ちょっと待て。また何か……。

「国王様からの呼び出しです。破壊神を捕まえたので、実際に確認したいと……」

 どこで知った?

「後だ後!! 今は寝かせろ!!」

 人間の国王など知った事ではない。こう連続で移動など冗談ではない・

「そう言うだろうと思って、先延ばしにしてあります。出発は1週間後で。3日もあれば王都に着きます」

 ……1週間もあれば、体力回復には十分な時間だ。もっとも、王都まで3日というのは、当てにしない方が良いだろう。私がそうなのかアリスがそうなのか、どうやらトラブル体質のようなので……。

 まあ、今は大好きな午睡を満喫しよう。私はウトウトと窓際の特等席で午睡を楽しんだのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!