第10話 新たなる旅立ち

「……そうか、よく分かった。私も言いすぎたな」

 テーブルを挟んで向こうにいるアリスは、泣きじゃくりながら私に事の顛末を話した。

 まあ、要約するとこうだ。自分で言うのも気が引けるが、大活躍中の私に比較して全くいいことなしのアリスは、腕を上げようと誰も近寄らぬ帰らずの森に修行に出かけたらしい。しかし、結果として結局私に助けられる事となり、さらに自信喪失したようだ。

「いいんです、事実ですから。私、本当に馬鹿……」

 アリスが机に突っ伏した。ここで追い込むのは、紳士としていかがなものだろう。かといって、いつまでもこれでは鬱陶しい。安い慰めも逆に傷を広げる。

「アリスよ。馬鹿である事を自覚出来たのなら、それは大きな成果だ。ほとんどの人間がそれすら気づかない。気づいたなら、それでいいのだよ」

 パイプをくわえながら、私は今日の新聞をテーブルに広げた。話しは終わりである。私に出来る事はない。

「先生。なんで先生はそんなに強いんですか?」

 ようやく泣き止んだアリスが、ぽつりとつぶやいた。

「私は強くないぞ。むしろ、お前たちより脆弱だ。人間に一発殴られただけでも、簡単に死んでしまうほどにな」

 これは嘘ではない。人間よりは衝撃に強い体は持っているが、決して強いわけではない。1度死んだ身だしな。

「……元は野良さんだったんですよね? どうすれば生き残れるんですか?」

 アリスが質問を変えてきた。ふむ……。

「70%の運と20%の努力、10%の才能だな。どんなに鍛錬を積んでいても、どれほどの才能があっても、運がなければ3秒後に車に轢かれる。野良の世界は甘くない」

 新聞のページを1枚繰る。我ながら器用だ。

「運ですか……。私は薄そうですね」

 私はあえてなにも言わなかった。そんな事は私には分からない。

「ああ、すっかりうやむやになっていたが、村長が呼んでいたぞ。早く行ってくるがいい」

 ふと思い出し、アリスに伝えた。

「えっ、村長が? 分かりました。行ってきます!!」

 アリスは慌てて家を出た。数分後……。

「……ただいま」

 またもゴッテリ落ち込んで帰ってきた。手には何やら紙束がある。

「忘れてました。帰らずの森って、貴重な薬草の採取場所でもあったんですよね。根こそぎ消滅してしまったので、反省文300枚……」

 ほう、なかなか味な仕打ちだな。

「これも先生がぶっ飛ばしたせいですよ!!」

 いきなり立ち直ったアリスが、これまたいきなり噛みついてきた。

「……1つ聞く。誰にも告げず森に行ったのは?」

 アリスが固まった。

「……1つ聞く。その森の中で迷子になっていたのは?」

 ……

「さぁ、頑張るがいい。影ながら応援しているぞ」

 アリスはなにも言わず、自分の部屋に入ってそっと扉を閉めた。中から泣き声が聞こえてきた。言っておくが、私が悪いわけではないぞ。

「さて、私も一仕事してくるか……」

 新聞をパタンと閉じ、家の外に出るとアリスの馬車に乗る。そのまま村を出て南に進み、元々は帰らずの森だった場所に行く。

「ユグドラシル!!」

 世界の中心たる世界樹の大木。そこから生まれたという女神だ。

「はーい、ユグちゃんでーす。おおう、猫さんに呼ばれるとは。もうお姉さんびっくり!!」

 ……なんだ、このスーパーハイテンションは!!

「ああ、すまん。ここにあった森を再生して欲しいのだが……」

 とりあえず、平静に私は切り出した。

「はいはーい。あらぁ、ずいぶんど派手にやりましたねぇ。森の活力がゼロですなぁ。1つ必要なものがありまーす!!」

 ……なんだ?

「モフモフ成分です!! きゃあー可愛い!!」

 ユグドラシルは私を抱きかかえると、やたらめったらモフモフしまくる。やめろ、やめるのだ!!

「フフフ、モフモフは正義。エネルギー充填率120%。いっけぇ!!」

 ユグドラシルが叫んだ瞬間、まさに驚愕するべき事が起きた。完全に焦土と化していた森が、いきなりドンと再生した。

「はーい、こんなところかな。じゃぁねぇ!!」

 まるで嵐のようだったが、とりあえず帰らずの森を再生する作業は完了した。これでよし。

「さて、帰るか。戻ってゆっくりしよう……」

 私は馬車を操り家路を急ぐ。ちなみに、ユグドラシルは相当な猫好きだ。触り方だけですぐ分かる。まったく、恐ろしい……。


 結局、アリスは1日使い物にならなかった。せっかく立ち直りかけのところに、300枚の反省文で撃沈した。しかも、さらに追い打ちで私が森を再生させてしまったのだ。

 この事に村長は大変喜んでいたが、アリスの反省文は撤回される事なく。またもや私が美味しい部分をかっさらってしまう形になった。アリス、根性と忍耐だったろ?

 そして翌日。

「ううう、先生の馬鹿!!」

 ……まあ、甘んじて受けよう。今日だけはな。

「そういえば、また書状が届いていたぞ。ドアに挟まっていた」

 私がテーブルの上に置いた妙にファンシーな封筒を示すと、アリスは面倒臭そうにそれを取り上げた……。

「ああ、国王ね……ええっ、国王様!?」

 やっとアリスのスイッチが入った。封書を開けると、ピンクの便せん……大丈夫か。ここの王家。

「えっと、街道警備隊より報告。『F117号遺跡(通称:見えない遺跡)』にて不穏な動きあり。至急調査し対処せよ。報酬は追って送る」ですか……」

 アリスが思案気な表情を浮かべた。

「なんだ、また遠出か?」

 アリスはうなずいた。

「『見えない遺跡』は、この王国の最南端に位置します。往復だけでも数ヶ月単位の旅になりますね……」

「もっと近くの街なり村なりに依頼すればいいと思うが……」

 私は当然の疑問をアリスにぶつけた。

「ここが最南端の村なんですよ。あとは未開の大地です。補給もなにも望めないので、しっかり準備しないと……」

 ……なるほど、それはまた難儀な。

「では、さっそく準備にかかろう。王令ということは、急ぐのだろう?」

 アリスはまたうなずいた。

「とっても急ぎです。さっそく買い物に走りますよ!!」

 私は素早く定位置であるアリスの肩に乗り、村中を駆け巡る事になった。全く、次から次と忙しい。たまには休みたいものである。食料やら水やら野営道具やら……なぜか私のオモチャまで。一式揃えて馬車に積んだ量は……何度か見た行商人のような有様だった。

「さて、行きますよ。夜になったら無理せず休み、日が昇ったらまた進むの繰り返しです!!」

「承知した」


 こうして、我々は長距離行に出発したのだった。使命と一抹の不安を乗せて……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!