第26話 水橋李雨 4



雨が待つ中、しとしとと雨が降り注ぐ中、僕は水橋宅の前に立っていた。

小雨だ。

季節は六月だし、一学期の終わりやそれに伴う期末試験も見えてきた時期だ。

別段おかしくもない―――どころかここ最近降っていなかったのが不思議なくらいだろう。

そろそろ、陽が落ちて暗くなってきた。


僕は、折り畳み傘をカバンから出そうとしていた。

しかしこれがなんだか、あまり頑丈ではなく、以前の風がやたらと強い日にダメージを追っている歴戦の猛者?なのだ。

どこかのお店で安いものを買って帰るのもありかもな、なんてことをぼんやりと考えていた。


車道から、一台の車がスピードを落としつつ近付いてくる。

そうやって、シルバーの乗用車が曲がってきた。

それは徐々に速度を落として―――そして水橋家の車庫に向かい、車庫入れを敢行する。


僕は他人の家族の車庫入れというものに、若干もの珍しさを感じたのか、そのシルバーの車をなんとなく見ていた。

その車庫にはもう一台、ワインレッドがまぶしい車があった。

母親のものだろうか―――どことなく丸さが可愛らしく、女性が好きそうなデザインだった。


シルバー車の車庫入れ。

ウチの親とはやはり、手順というか、車の入れ方が違うなぁなどと言うことを想っていた。

もちろん道路も車庫も違うのだから当然なのだが。


灰色の空からは雨がぽつり、ぽつり。

降ってくる―――あまり移動する気が起きない天候のなか、帰宅を後回しにしてぼうっとしていた。

見終わってから、すこし、あ、しまった―――と思った。

人付き合いがやや苦手な僕にとって、イマイチ得意でない展開が訪れたのだ。


―――ばたん。


という車のドアの音で、僕は我に返った。

はっとした。

それまで、ただ他人の車を阿呆のように見ていたのだろうか―――僕は。

我に返って気づいた時には、車から出てきたスーツ姿の男………水橋李雨のお父様―――とおぼしき人物と、二人きりになっていた。


「………」


水橋の父親から睨まれはしなかった。

睨まれはしなかったものの―――。

だが、その壮年の男性が僕を真っすぐに見て、やや困惑している。

ウチに来ている、敷地に入っている見知らぬ男子生徒は何者だ、と言いたげな視線。


「あっ。ワタシ、いや僕は―――水橋さんのクラスメイトで、ノートをちょっと届けに、お届けに上がった者です」


僕は背筋を正して、裏返ったような声で、ここにいる理由を説明した。

その男性は僕の拙すぎる返事に、やや間を置いて、


「―――ああ!」


と、気づいたようだった。

どうやら僕が不審者ではないとわかっていただけたらしい。


李雨りうのクラスメイトか―――娘が―――いつも、ありがとう」


世話になっているね、とその男性は言った。

迷いもなく頭を下げてきた。

姿勢がいい。


「あっ………いえ、こちらこそ」


僕も社会人ではないなりに丁寧に―――頭を下げる。

実際にはいつもありがとう、というほど水橋李雨とは親友ではないのだが、僕も友好で良好な関係は築きたかった。

友好的に。

争わないよ---争いたいわけがないだろう。


「忙しい中、すまないね」


「ああ、いや全然………僕は部活などは、やっていないので………ははは」


部活動に所属していない。

修行はやっているけれどね。


「それでもありがたいことに変わりはないよ」


「いいんですよ、では、雨も降っているし―――僕は、これで」


僕は折り畳み傘を広げる。

帰り道に車が来ていないかを確認し、帰路に就いた。

就こうとしたが、そこで少しだけあったことが。


「ああ、キミぃ、娘のことだが………!」


「え?」


呼びかけた水橋李雨の父親は、数秒間、僕を眺めていて。

その間、何か考え事をしているようだった。

しかし、その後に言葉は続かず………。

その間に、僕は彼から娘の面影おもかげ―――水橋李雨とどことなく似ている点をいくつか見つけ、そりゃあ親子だものな、と思った。

格好のいい男性で、かつ優しそうに見えた―――自分の娘を心配している、良き父親、模範的な人物に見えた。


「いや、別にいいんだ………届けてくれてありがとう」


「………はい」


彼は何か言いたそうにしていたが、僕はその日は、大人しく帰ることにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます