第17話 中華料理店「極麺」 3


店の裏にいても、客の人たちのにぎやかさ、その喧騒が漏れて聞こえてきた。

人ごみではない、楽しそうな人の集まり―――いや、美味しそうな人の集まりか。

うむ?

これも違うか。

路地裏は静かである。

重ねられた酒ビンの段が静かに鎮座していて、どことなく哀愁を感じる。


「しかし、その―――なんだ、学校に来ない子にやけにこだわるね、砂護くんよ」


ショウさんが、再度、煙草に火を点けるべくライターをかちかちさせる。

こだわる―――というほど、親しくもないのだが。

そういえばなぜこんな話をしたのだろう。

あの不登校の―――水橋李雨だって、いやがることは予想できるだろうに。

まあ、個人名は出さないでおこう―――それならセーフ、だろうか。

僕だって嫌われたくないのだ、気にしているだけで。


「ええ、ちょっと心配しただけなんですけれど―――僕は、先生に頼まれて家にまで行ったんです」


かち、かち。


「ああ―――だから気になったわけか」


かち、かち。


「そうかもしれません―――だからその女子が」


かち、か―――、


「女子?」


ショウさんが振り返る。


「いえ、その………女子なんだけれど、その不登校の子が………あれ、言いませんでしたっけ?」


「いやうん、言ってなかったが、そんな事………うん、その女の子、へぇー!」


ショウさんが何かに気付いたようなそぶりを見せ、僕の顔を覗き込み、にんまりとわらった。

これ以上ないような、弾ける笑顔に。

年上の男の弾ける笑顔に、やや圧される僕。

ジョシ、ジョシと呪文のように連呼する。


「女の子!そうかそうか、女子ジョシなのか、そうか砂護くんそうかァ………!なんか頭よさそーな高校だと決めつけていたが………へぇ」


ショウさんが笑顔になる。

すべてを理解したというような表情だ。

何やら知らないが、勝ち誇っている。

彼は勝ち誇っている―――。

難事件を解き明かした名探偵だって、こんな気持ち悪い顔になるだろうか。

いや、ならない。

反語………何故反語だ、古典でさんざんやっているので出た。


しかしこの人の人生はなんかこう―――楽しそうだな。

実に楽しそうだ―――だからこそ憎たらしくなる。

ショウさん。

肘で僕の脇腹を突っつき、このこのぉ………って、ずいぶん古臭い行動に出る。

もはや古典だ、そんな行動は。

自分のことを軽薄だとか思っている場合じゃアなかった、もっと軽薄なのがいました。

いたよ、はい。


「いいじゃんいいじゃん。女の子だったら、助けてやるのもいいもんだよ、そのまま、仲良くなっちゃって、あわよくば………!」


僕は唇を中途半端に開いたまま、表情を停止した―――何ともコメントしがたい。

やっぱ言わなきゃよかったかな………

年上の人はやっぱり、何かしら僕らを馬鹿にしようとしているのだ。

そうに違いない。

僕は話を逸らすべく、煙草に目を向ける。

彼の口から離れ、今は指先にある煙草。


「ショウさん、『火』………今、いいですよ」


「んお………?うん、だって………」


一瞬、無表情で店の方を見るショウさん。


「今―――僕等ボクらしか、いませんし」


「………まあ、な」


ショウさんが口にくわえた煙草の、先端を見る。

見つめるその目が、静かになった。

暗闇の、黒目。

その黒い瞳に、ちらりちらりと、赤が増えた。

瞳が朱色になり、その朱色が強まる、瞳の赤が濃くなるのと連動して、煙草の先端に温かな光が生まれた。

夕焼け空が漏れたような。


―――ぼ、ぼぼ、ぼ。


火が生まれた音だ。

弾ける。

ショウさんは瞳の発光を安定させると、少し顎を上げて、息を吐いた。

ふぅ、と白い煙が夜空に霞んでいく。


「ま―――タガヤ………店長だけは知ってるンだけどな俺が『そう』だって―――。教えたわ」


煙を吐きながら、彼は言った。


「隠し事ばっかってのも、イヤなんだよなぁ」


彼は夜空を見て呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます