第11話 修行中の身 4


「学校の敷地内で起こったことに関して、私はどこまで口を出せるかどうかわからないね」


そう言うギミーさん。

ひとしきり話を聞いてもらったが、彼の表情は思ったほど変化がなく、僕は内心、がっかりではないにしろ緊張感が途切れる。

彼の正確な年齢は知らないが、学生ではないのだろう――若くて、二十代くらいに見えるけれど。

ここに住んでいて、僕とはかなり違う雰囲気を持っている、謎が多い人だ。

彼も彼だが、部屋も部屋だ。

本に囲まれて住んでいる、いや本の中によく見たら彼が住んでいた、ぐらいの部屋である。


「でも、でもネオノイドが確定しているんですよ、ネオノイドがかかわっていることがわかっているんです。それなら、ギミーさんが何か―――」


「やるべきだ、というのかい?私にやれと、やったほうがいいと、やっていないのが殊更ことさらおかしい、ヒトとして―――」


「い、いえそう言うことでは―――ないのです」


ギミーさんはネオノイドの専門家だ。

だから僕たちは―――僕やハタガミくんなんかは、彼の考案した修行をいくつか受けている。


「元・専門家だよ。今は第一線から退しりぞいているし、もともと第一線でもない。私を高く評価してくれると、嬉しいけれどね」


「高校の敷地内のプール破壊………」


椅子に深く腰掛けるギミーさん。


「意図がよくわからないけれど―――破壊行動にしろ、誰かを狙ったわけでもない………?」


「この事件も『関わらない、忘れろ』とおっしゃるつもりですか」


「え?そんなこと、前にも言ったかな―――私は」


僕は一度、咳ばらいをし、頭を整理する。

整理しながら話す。


「『春』の―――僕が、僕と初めて会った時のことは、確かにお世話になりました。しかし―――」


砂護さごッち! これ持ってよ!」


部屋の外から、302号室の外から、大きな声が聞こえた。

声変わりは済んだのだろうか―――。

それでもまだ小学生男子要素を残す、カンだかい声だから、鼓膜に響く。

話の腰も折られるし、散々だ。

元気なのはいいことだとは言え―――ううむ、イライラ。


「………………ギミーさん、僕は能力者が関係する事件なら首を突っ込むつもりです、同じ仲間なら身内みたいなものでしょう、だって―――」


「砂護ッち!」


また中学生の声だ。

まあハタガミくんに関しては、どこか近辺の中学に通う中学生ということしか知らないのだが。

まあ、返事はするか。


「なんだよ!何を『持つ』って?」


「ロボットだよ!修行ロボ!」


「………………」


さっき僕に向かって走ってきたやつだ。

本来は戦闘用でも組手用でもないのだが、ハタガミくんが赤いボクシンググローブをつけて改造している。

僕は頭を抱える。


「動くんだろ、そのロボ!階段を上がってこい!上がってきなさい!」


なんだろうこの感情は。

僕はあの子の母親にでもなったのだろうか?


「僕が上がってくるの、邪魔しておいて………ギミーさんも言ってやってくださいよ」


ギミーさんが少し笑っているように見えたので、僕は機嫌が悪い


ロボットアレはハタガミくんの能力で動かしてるからね………」


「知ってます。今日なんかは僕がマンションに向かって歩いてるときにいきなり―――」


「話を戻すけれど砂護くん………施設は壊れているわけだ。でも人的被害はない、だーれも、怪我してないわけだ」


「………」


「私の願いだけどね、修行して能力を扱う、これに専念してほしい。高めることは大事だしいずれ役に立つ。そしてできれば―――『日常』を過ごしてほしい」


「………『日常』ですか」


とても地味な言葉だ、と僕は思った。

だが言った本人ギミーさんは、何かひと仕事をした、とでも言いたげな満足そうな表情だ。


能力者ネオノイドでも人間でも、のんびり静かな場所で本を読みふける権利はある。私はそう思うね―――」


話を切り上げた、これで終わり。

そう言わんばかりに、彼は椅子に背を預け、机のわきに重なっている中から一つの―――読みかけらしい、本を開いた。

のんびり静かな場所で―――。

それがギミーさんの願いだ。


ギミーさんはいい人だ。

いい―――大人だ。

そして僕は………。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます