第8話 修行中の身 1


がたんごとん、と揺れる電車の中で、砂護野晴は座席に座っていた。

窓から見える風景、通り過ぎていく過ぎる景色は何の変哲もない日本の田舎風景。

その風景は田んぼか畑ばかりである。

砂護野晴自身もまた、鞄を膝の上に乗せ、窓の外を眺めている分には、普通の十代の高校生。

少年にしか見えなかった。


++++++++++++++++


僕とギミーさんとの出会い、馴れめは、高校二年の春、つまり今から二か月ほど前のことだった。

当時の僕は高校二年生に進学したばかりであり、季節は春。

それまでは何の変哲もない―――とは言わないが、男子高校生だった僕が自分の能力に気付いたのはその時期である。


気づいたというか、ギミーさんに………見出されたというか。

ネオノイドとして右も左もわからない僕は自分の能力をコントロールする術を教わった。

はじめは彼の胡散うさん臭さに警戒などはしていたものの、彼の優しさは純粋なものだと感じ始めた。

彼に支えられ、レベル上げの如き地味な修行をつづけている。


それから季節は移り変わり、肌寒さは完全に消え、桜散り、冬服から夏服に着替えて学校へ通い、空気がしめっぽくなる日が増え、雨の日が目立つようになった六月。

まだあれからたった二か月かと思うと、時は過ぎていない気がする。

時がたつのが遅い。


とにかく春に―――あの頃の春に不思議な力を、僕は発現し。

能力を振り回し、振り回され。

人間ではない、超人的ななにかになった僕は、しかしただちにヒーローにはなれなかった。

本物のヒーローにはなれなかった―――少なくとも、思い描いている理想像とは、かなり違った。

現時点で、誰かを助けていない。

弱い人を助けたり救ったりはしていないのが悔しい。

不幸な人を幸せにしたりしていないのが悔しい。

今までにできたことと言えば、自分の力を振り回し、振り回されただけである。


今は普通に、高校生をやっている。

教室で三十二名の生徒のうちの一人として、日々勉強をしている。

ええ、現代文とか数学とかをやっているんですよ。

習っているのですよ。

そして放課後はギミーさんのもとへ行き、能力の修行をしている。


「………なんかなぁ」


こんなのでいいのかな。

日常でいいのかな。

毎日学校で勉強したり、修行をしたり………あれは修行と呼べるのかどうか、今でも半信半疑ではあるが、とにかく取り組んでいる。

そんな日々だ。

普通だ………地味じみ………ひたすらに地味。

地味とは、地面の味―――という字を書く。

………まあまさしく地属性能力者って感じだが、もうちょっと何とかならないのかね。



電車の速度が、徐々に落ちてきた。


駅が近い。

目的の駅が………無人駅だ。

ぼさぼさと生えた木々の中に、プレハブ小屋とベンチだけをおっ立てたような粗末な場所。

無人というか、無文化すら感じる―――この現代社会において。


僕は立ち上がり、電車内の駅員さんに黒い皮の定期入れをみせる。

その小さな駅に降り立った。

春の訪れはとっくに過ぎ去り、現在は草の匂いが強い。



ここから距離はそうは慣れていないが、坂道なので多少は修行になる。

普通の、身体のトレーニングだけれど。

その場所を目指す。


僕の能力者ネオノイドとしての師匠、ギミーさんの住まうマンションへ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます