Section.6

 名前。僕はそう繰り返した。僕達の名前。


 確かに、名前とは重要なものだ。個人を識別するのに、これほど便利な記号もない。名前を与えられた時点で、僕達は自己を認識するための有効な手段を得たことになる。だが、現在、僕達は互いの名前を知らなかった。


 僕は『僕』でしかなく、彼女は『彼女』でしかない。それも当然だった。

 僕には記憶がないのだから。


「それで、私に名前を尋ねる必要性も、自分の名前を思い出したいという欲求も覚えないと?」


 彼女の指摘に、僕は腕を組んだ。確かに不自然だ。だが、そうおかしくはないだろう。


 何故ならば、彼女は最初に、僕について答えることを拒否したのだ。その段階で、僕が僕についての情報を得ることを、いくらか諦めるのは自然な流れではないだろうか?


 僕は尋ねた。一体、僕はどんな人物なのかと。


 彼女は応えた。話すべきことなど何もないと。


 不意に、僕はゾッとした。今更気がついた。彼女の答えは二重の意味に取れるのだ。


 一つは、『お前には話すことなんて何もない』という、意味。

 もう一つは『本当に話すべきことが何もないのだ』という、意味。


 つまり、僕自身が虚無であるという可能性。


 相変わらず、彼女は僕に哀れなものを見る目を向けている。


 発作的に僕は叫び出しそうになった。そんなはずがない。僕はここにいる。理不尽にデス・ゲームに巻き込まれている。殺されかけている。僕は被害者だ。または被験者だ。


 彼女は僕について、何か情報を握っている。


 それなのに、何故、僕が『話すべきことが何もない』存在だなんて話になるんだ。

 明らかにおかしい。理屈に反している。そう考えながらも、僕の動悸は収まらなかった。それこそ彼女自身は何も語っていない。けれども、僕の嫌な考えは止まらなかった。


 僕は被害者だ。被験者だ。果たして、本当にそうだろうか?


 もしそうだったとして、『実験』の目的は一体なんなんだ?


 不意に、カランッと硬い音がした。見れば、彼女はナイフを手放していた。僕に向けられていた凶器は、今や真っ白な床の上に落ちている。歓喜しなければならない状況だろう。それなのに、何故か、僕は全く喜べなかった。彼女は前に出る。


 十五センチメートルの距離は一瞬で埋まる。


 そうして、彼女は僕の手から、ナイフケースを奪い取った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料