Section.3

 君はどうなのかな? 自分のことをちゃんと覚えているのかい? どうしてここに連れて来られたのか、それまで何をしていたのか、自分は誰なのか、ちゃんと語れる?


 ナイフの切っ先と触れ合うのは、一秒でも長く先延ばしにしたい。だから、僕は努力の方向性を変えた。彼女が僕に対して向ける興味は、ミミズの死骸への関心以下に思える。それでも、自分のことについてならば語ってくれるかもしれない。


 どうやら、アプローチの方向性は正しかったようだ。彼女は驚いた顔をする。それでも答えは返らない。僕が諦めかけた時だった。やっと、彼女は上ずった声をあげ

 た。


「私に、興味を持つんですか?」


 どうもおかしい。ここまでくれば、流石に気がつく。

『創作物を見るのですか?』。『私に興味を持つのですか?』。その問いかけの両方共に、意外そうな響きがあった。どうやら、彼女は僕のことを知っているようだ。しかも、彼女の抱く僕のイメージと、今の僕の間には、決して小さくはない差が横たわっているらしい。さて、困った。更にわからなくなってしまう。


 君は誰で、僕は誰だ。

 一体、どんな人物だったんだ。


 自分でも驚異的だと思う忍耐力を発揮して、僕は疑問を呑み込んだ。僕は尋ね続ける。


 教えてくれないかな? どうやって、君はここに連れて来られたんだい?


「………この実験に連れて来られる前、私は自室のベッドで寝ていました。そして、普段通りの朝を迎えたはずが、白いガスに包まれました。気がついたら、この部屋にあなたといました。あなたが目覚める前に、私はナイフを取りました。以上です」


 ――――――実験。


 僕は聞き逃さなかった。今、確かに彼女は『実験』と言った。前提がズレている。

 コレは単純な『ゲーム』。そうじゃなかったのか。


 それに、さっきの話には明らかにおかしな点があった。普通に寝ていて、目覚めたら連れ去られた。よくあるシチュエーションだ。だが、その後、彼女は誰からも脱出条件を説明されていない。それなのに、迷いなく僕を刺し殺そうとしている。


 僕は彼女を見つめる。そして、彼女が握るナイフを。


 僕達の間の距離は十五センチメートルほど。ナイフを入れれば八センチメートル以下。


 そんな至近距離にいる彼女が、僕と同じ立場なのか。今まで、僕は考えもしなかった。


 今更、僕は検討を始める。果たして、話し合いを続ける意味はあるのか。

 これは一体、何の『実験』なのかを。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料