僕とキミの15センチ

作者 ファミ通文庫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 4段目へのコメント

    面白かったです、時代を超えた当たり棒。

    漆の使い方、ひと時の少女との駆け引き、四の箱の謎、堪能させて頂きました。ありがとうございます!

  •            3へのコメント

    無茶苦茶過ぎて吹きましたw

    まさかの超展開、面白かったです!

  • 後編へのコメント

    十五夜さんは未来の、身長が伸びた主人公を見ていたのかな?
    それとも十五夜、お月見だから見上げていたのかな?
    なんにせよ文章がすらすら読めて最後まであっちゅうまでした!
    凄く面白い!!

  • 【後編】へのコメント

    狙った唐突の「いきなり感覚」
    無理やり感と「強引な15cm」
    意味深なラストシーンに続く
    新しい世界が『夏休み』です。
    シチュエーションだけ完璧で
    作為的な青春でライトノベル。
    斜め上意味不明不条理展開は
    非常に好みなんですがw

  • 【前編】へのコメント

    しばらくぶりのカクヨム。
    佐々木禎子先生の応援前に気になり
    前編を勢い読了。さて後編ですがw

  • その③へのコメント

    爽やかな読後感の素敵な物語でした。「15センチ」も、ああ、こういう使い方があるんだ、と感心しきりです。

    個人的には、さっぱりとした気性の岡本さんに好感です。

  • #3へのコメント

    爽やかで気持ちを動かされる作品でした。
    誰かの姿を見て自分が変わる。
    いつか感じた事のある感動がありました。
    読んで良かった、そう思える。ありがとうございました!

  • 後編へのコメント

    面白かったです!
    最後まで十五夜さんの謎が曖昧なのが妄想を広げてくれました。
    展開、科白、とても勉強になりました!

  • その③へのコメント

    真直ぐ正直でも悪の強さは感じられない主人公なのに、思い切りの良さに若さとか男子らしさを感じました。直くん、好きです!(笑)
    短編の中で二人が幼い頃から一緒にいた長い時間がちゃんと描かれていて、それが気持ちの深さや答えに辿り着くまでの時間に比例していて、じんわりと本当の気持ちに気付く経過がリアルです。本当に良いお話を読ませて頂きました。

  • #5へのコメント

    是非とも続きを(長編でも可です)
    読みたくなる熱血青春スボコン物語ですね!

  • #3へのコメント

    彼女はいつにな まじまじと
    いつになく?

  • #1へのコメント

    patisserie(パティスリー)じゃないですか?
    ※twitterではお世話になりますm(_ _)m

  • その③へのコメント

    短編とは思えないくらい、ぎゅっと中身の詰まった素晴らしい作品でした。
    二人の距離が近づいたり、離れたり、めまぐるしく変わる距離感が、とてもリアルで、先へ先へと読者を引き込む吸引力になっていました。
    楽しめたのと同時に、とても勉強になりました(^^)

  • その②へのコメント

    あれからずっと、無意識に梨沙と岡本さんを比較してきたんですね。
    そして、最後に結論が……

  • その①へのコメント

    切ないですね……。 
    二人のそれぞれの想いが、まるで目の前にいるかのように伝わってきます。
    15センチの使い方も流石です。