DOLLMASTER クインナルシー

作者 秋田川緑

30

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 それは、主観の数だけ価値が存在する。
 それは、有史以来競い争われてきた。
 それは、人類しか持ち得ぬものの捉え方。
 それは、美。

 地球の文明が滅びた後の、千年後の復興した地球。二十世紀初頭程度の文明で再起した人類に、宇宙からの文明が帰還する!舞い降りた彼等の人型機動兵器は『美しさ』をエネルギーとする特殊なものだった!そして、異なる文明の再会は悲劇か、それとも…?大真面目に『美しい=強い』『より美しい者が勝つ』という世界観をやってます。それが真面目過ぎて逆に、ユニークな笑いをも醸し出していますね。異文明同士のファーストコンタクトというシリアスさの中で、凄くアクセントがきいた要素だと思いました。これは面白いですよ、オススメです!

★★★ Excellent!!!

説明しよう!! この物語は、宇宙へと移住した美少女達が元の故郷だった地球へと降り立つ物語である!!
彼女は『美』をこの上なく愛し、また自身を美しくありたいと願っている。ただ無意識か意図的かは不明だが、美しくない物を見下す傾向になる。

それ故に起こる地球人同士の軋轢。やがてそれは戦争になって……。
果たしてこのまま殺し合いになるのだろうか? 美しい彼女達は、この状況をどう打開するか?

美しきロボットアクション、是非ご覧あれ!!

★★★ Excellent!!!

美しさが性能に直結するロボ、月から帰還した人々。
素敵な設定が目白押しの、実力派の秋田川緑先生によるKRF参戦作品です。
文章と展開の美しさ、そして美しさだけではない戦争の辛さにもしっかりと踏み込んでおられます。
今後の展開がとても楽しみですね。

秋田川節、健在です。残酷描写に耐性のない方は気を付けましょう。

★★★ Excellent!!!

 美! それは古今東西多くの人間を魅了し、破滅へと追いやってきた神にも悪魔にもなれる力!

 美! それは少年を勇者に変え、少女の胸に大いなる希望を与える無限の可能性!

 美! その力をダイレクトに体現するロボを描いたのがこの作品なのだ!


 ……いきなりシリアスになりましたね。秋田川節が炸裂していて若干焦ってますよどうしようこれ。

★★★ Excellent!!!

タイトル通りです!まさかロボ+美しさという組み合わせをこの目でみることになろうとは……。着眼点のみならず、その美しさに対するこだわりは徹底しており、とにかく様々な部分で美しさが強調されています。当然、それらはどぎつい美しさではありません。優雅に、かつ自然に。彼女達はみな、ありのままに美しいのです!

ぜひ一度、この美しさによるロボの歩みをご覧になってみて下さい!
そこにはきっと貴方の見たことのない世界が(文字通り)広がっていることでしょう!!!