二回目の想い

作者 本栖川かおる

23

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても素敵な手紙でした。

彼と彼女の〝あの頃〟が手紙の中に同封され、文章の一つ一つを読み進める度にその情景を一緒に見ているかのような気持ちになったのです。

得意ではないコーヒーを薄くして飲みながら、必死に手紙の文章を考え少しでも大人びて見せようとする彼。
そんな彼の文章を何度も読み返し、少しいじわるをしてみようか微笑む彼女。

手紙を書く登場人物の様子まで頭に浮かんできます。そんな様子を想像するとおかしくてつい微笑んでいしまいました。

六年越しの二回目の想い。時間が経っても変わらぬ想いがここにありました。この手紙に紡がれた言葉は相手の事を大切に想っているのが伝わってきます。

何度も何度も読み返しました。
是非あなたも読んでみてください。
読み終えた後、きっとあなたも微笑んでまた冒頭から手紙を読み始めたたくなりますから。

★★★ Excellent!!!

恋愛ものがどうも苦手で、とても気になっていたのですが
意を決して読んでみました。
が案の定目から熱いものが……。
誰でもはないのかもしれませんが、私自身中学の時に
新人の教師と仲良くなった経験もあった為感情移入してしまいました。
(残念なことにお話の様な切ない話はありません)

一回読んでからまた読み返し、
まるで自分が出した手紙を読み返すような気持で
読んでいます。

★★★ Excellent!!!

手紙を送って伝えた想い。それは色褪せることなく……
大人になったかつての教え子と先生。
大きな垣根が消えた今、二人が会うことはあるのでしょうか。
奥ゆかしい両想い。
ハッピーエンドを願ってしまう物語です。

★★★ Excellent!!!

しっとりした文章です。しかも過不足ない表現で、二人の内面を上手に表してありました。

生徒と先生の関係ですが、そこには禁断の関係はなく、むしろ規律ある関係を思わせる内容です。

が、それを見事にラストで裏切ります。一人の大人から、一人の女性としての想いを、綺麗なテクニックで表現されてます。ありきたりだからこそ、心に響いてくるものがありました。

素敵な作品を提供していただきありがとうございました!
みなさまも、是非素敵な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

★★ Very Good!!

教師と教え子の言わば禁忌とも言える関係にある二人の想いを手紙という形式で綴った作品で、節度を保った二人に好感が持てました。あれから時間を経て、もう教師と教え子ではなくなってしまったからこそ言える本音の数々。思い出と共に溢れ出る感情に心が揺さぶられました。