ミッシングリンク(2)

「ガルルルルっ」


 俺が近づくと、心美はまるで野生の狼のように威嚇いかくをした。


 一度事務所に寄った俺は、冷蔵庫にあったアイスを手に持ち、「ほーれほれ」とえさで釣る。


「あいしゅ!」


 飛び込んだ心美はアイスを奪うと、素早く口に運んだ。しかしかぶりつこうとした時、はたと人間に戻った彼女は自らの手を抑え込み、内なる悪魔と戦っている風であった。


「ダメよ心美、これ以上は! ——でもアイス食べたい! ——けれどこれ以上食べたら牛さんになって出荷されちゃう!」


「食っていいぞ」


 驚いた様子で心美は振り返る。


「いいの……? だって私、トレーニングサボってまたお菓子食べちゃって……。チームにも迷惑かけてるし、最近出場機会もまた減って……」


「ストレス感じるくらいなら食った方がいい」


「そしたらまた体重が……走り込みとかウェイトとか嫌いだし……」


「そもそもの原因って、男にフラれたことだろ?」


 コクリと頷いて、ペロリと一口アイスを舐めていた。油断も隙もない。


「なあ、心美さ。男とサッカーどっちが大事だ?」


「それは……」


 心美はうつむいた。アイスは溶け始め、芝生にしたたっていた。


「どっちも大事だよな。しゃーない。人間だ、仕方ない。俺だって恋したいって思うことくらいある。練習はしんどいし辛い時がほとんどだ」


 俺たちはロボットじゃない。美味しいものを食べたくて当然。恋愛をしたくて当然。練習をサボりたくなって当然だ。


「でもさ、俺は今がすげえ楽しい。君らとサッカーができて、心の底から興奮してる。他のことなんて考えられないくらい生きてるって感じてる。負けて死にたくなるほど悔しいし、勝ったら踊りたくなるほど嬉しい。そんな今が俺は好きだ。君たちのサッカーが大好きだ。もっと上へ、もっと強くなりたい。強くしたいって思う。そこにはな、心美。君の力が必要なんだ。君がベストの状態で出てくれれば、俺のサッカーは一歩理想に近づける」


 心美は手を握りしめ、アイスのプラスティックケースがぱきりと鳴る。


「私にはそんな力、ないよ」


 力なく彼女は言った。


「私、お嬢様なの。甘やかされて育った。欲しいものはなんでも買ってくれたし、やりたいことはなんでも許してくれた。でもそれは自分の力じゃない。パパとママがいたから」


 胃の底に溜まったヘドロを吐き出すように、心美は語る。


「だから私、自分の力で手に入れたかった。彼氏も、サッカーも自分の力で掴み取りたかった。でもなかなか上手くいかない。ううん、彼氏なんて本当は言い訳。逃げだった。去年、スタメン落とされて、普通の女の子に戻ろうかななんて思ってそれで」


 心美は自らに対する冷笑を浮かべた。


「二兎追うもの一兎も得ず、なんてね」


「それで今は?」


 俺は尋ねた。


「なんかさ、温度差感じたんだよね。月見監督になってから、皆んなの意識が高くなってさ、強くなりたいってひしひし感じた。いっぱい練習して、どんどん上手くなって、こういう言い方はあれだけどさ、自分より下だって思ってた子にまでスタメン取られて、なんだかなぁって感じ。でもきっと、今まで隠れてただけで抜かされちゃっただけ。私が下手くそになっただけなのかなって……」


 心美は拳を握った。


「悔しくて! そんなの悔しくて! このままじゃいけないってわかってる! でももしかしたら追いつけないかもって思っちゃう! 怖くて、努力が無駄になるのが怖くて! じゃあ最初からやらなければいいやって思っちゃう!」


 そんな言い訳を理由に。


 彼女は自らにかせめた。太っているから一〇〇%じゃない。ベストコンディションならば自分はもっとできるはず。そんな欺瞞ぎまんの共謀者がお菓子だった。


 人間は誰だって弱い。負けてしまうことは恥でもないし、次の勝利の枷にすればいい。


「だったら——」


 本当にサッカーを続けたいなら、たとえ無駄になったとしても納得できるまでやり通せ。


 そう言おうとした。


 しかし心美は俺の言葉を遮るように、ドロドロに溶けたアイスを口に押し込む。ベトベトになった手を犬みたいに舐めて、涙まじりの塩辛さに綺麗な顔を歪めた。


「ひぐっ——塩っぱい」


 弱い人間は強い。


 自分の弱いところを知っている子は強くなる。


「もう辞める。お菓子はもう辞める。今日から本気出す。練習する。試合に出たい。みんなとサッカーしたい。サッカー辞めたくない。月見監督に認められたい」


 頑張ってる子に頑張れは言えない。それは怪我をしろと言っているようなものだ。


「ああ、待ってる」


「走ってくりゅ!」


 自分から立ち上がれる子はどんな世界にだって行ける。


 技術だけじゃ、身体能力だけじゃ、この世界では生き残れない。


 それを俺が一番よく知っている。


 だから君は俺なんかよりもずっと強い。


「ほうほう、これが噂に聞く月見監督の説教というやつですか」


 由佳の声がし、


「なんか、監督はんがめっちゃええセリフばっか言ってんねんけど。うちには全然あんなこと言ってくれへんかったで?」


 杏奈が茂みから姿を現したのだった。


「これは完全に惚れさせにかかってますね」由佳。


「心みんも陥落したん? てか、香苗っちもつむぎんもころりハートを撃ち抜かれたん?」


「なわけない!」香苗が吠える。


 紬は頬を赤らめ、俯いていた。


「……嘘やん。まじで? つむぎんマジでなん!? その顔、マジもんやん!」


「は、走ってくりゅ!」


 言葉を噛んで、紬は駆け出した。


「逃がさへんで! 全部ゲロらせたるからな!」


 杏奈が追いかけ、他の皆も紬のあとを追い、結局心美を含めてラントレをする彼女たちであった。


 俺はどう反応していいかわからず、頬をいていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます