ミッシングリンク(3)

 第十節。


 リーグ前半戦も半分を越え、上位と下位の明暗はくっきりと分かれ始めていた。俺たちの現在地は中堅どころの下位。中の下。下の上。最低でも二位でリーグを終わりたいイシュタルFCにもう負けは許されない。


 今回は敵地での一戦。


 試合前のミーティングは終わり、戦闘準備は完了した。


「さあ行くわよ」


 袋から取り出したあんぱんを一口かじり、凛とした眼差しで立ち上がる八番。その顔つきからは贅肉が削ぎ落とされ、シャープなものになっていた。高貴で近寄りがたい雰囲気を放つご令嬢。


「あの、どちらさん?」杏奈が問いかける。


「心美よ!」


「嘘やん! 心みんが痩せとるで! 締りのある顔つきしとるで! たった一週間でそんな痩せるとか、どんな魔法つこたん? まさか真穂っちの魔法はこんなところでも!?」


「私じゃないよぉー」


 宮瀬コーチは、地獄のブートキャンプを修了した心美に賞賛の眼差しを送った。


「……あれは苦しい修行だったわ。ご飯を食べながら十キロ近くを落とさなければいけない。そこに慈悲はない。あそこにお菓子はない。でも時々、悪魔のチョコレートがおいでおいでするの。それでも私は戦った! クッキー少佐を撃ち殺して、大福大尉を踏み台にして、私はこの芝生へ帰って来た。なぜならば私は、試合後のあんぱんを食べるため!」


 突然回想を始めた。


「はいはーい。茶番はやめ。気合い入れ直してぇ」


「監督が一番抜けてんねんけど?」


「心美は頑張った。だから勝ってあんぱんを食べさせてやろう。負けたあんぱんなんて食べられないだろう? 彼女をお菓子の国へ連れてってやるんだ」


「監督も乗っかるのやめえや!」


「キャップ」俺は顔つきを締めた。「いつもの」


 円陣を組み、由佳が声を掛ける。「イシュタルっ〜」


「「「オールゴーファイっ!」」」


「あんぱん!」


 あんぱんパワーが炸裂するかはさておいて。


 試合序盤から攻勢に出るフェンリル仙台FCに対して、守りの時間が続く。


「十一番チェック」


「九番了解!」


「七番ケア!」


「六番入って来た!」


 いつになくディフェンス陣のマーク受け渡しが激しかった。相手の仙台は超攻撃的布陣の3-4-3を駆使し、ポゼッションサッカーで攻めてくる。


 一瞬の受け渡しミスが、一つの判断ミスがスペースを生みかねない。


「カバーっ!」


 サイドの杏奈が抜かれて、萌が釣り出される。そこへ、中央を上がってくるOMFとDMFが位置を切り替えてスイッチ撹乱かくらんする。


 決してタレントのいるチームではなかったが、全員攻撃トータルアタックのよく浸透したチームだ。


 そして、俺たちがやりたいサッカーの一つでもある。


 スタンドの歓声がとどろいた。


『ゴォォォォ————————————————ルゥゥゥゥ!!!』


 鬱陶うっとうしいくらいに長いゴールコールが響いた。


 簡単には勝たせてもらえない。


 俺はライン側に近づき、紬に指示を出す。


「一回だけ外のパターンを見せてから中えぐれ」


「はいっ」


「あとは好きにやっていい」


 油断したわけではない。ましてや相手をあなどったわけでも。


 むしろ、こうなることは俺のシミュレートで出ていた。今日は取られる。仙台はリーグでトップの得点力を誇るのだ。


 だからやり返す。


 そうでなければ、結城学率いるTGASCを崩せない。この仙台ですらTGAに取れなかったのだ。


 真穂にボールが入るも、前を向かせてもらえず仕切り直し。というか、今日も真穂はエンジンが掛かりきっていない。


 心美がワンターンで相手を振り切り、右サイドへの早いフィード。


 受け取りに来た紬がかかとで軌道を変えて、そのまま裏のスペースへ。


 電光石火の足で、相手よりも先にボールを拾った杏奈はサイドを射抜く。矢のように。中央に送り込むが、香苗の足には一歩届かず、キーパー正面。


 そして仙台の速い攻撃が襲いかかる。


「トップ下注意!」


 真賀田が声を張り上げた。


 仙台のトップ下は、ゲームメイクをする選手というよりか、運動量を生かしたトリッキーな動きでゾーンを崩してくるシャドーストライカーだ。釣られればやられ、無視してもフリーでやられる。非常に厄介な選手だった。


 心美が対応に当たり、空いたスペースに相手DMFがビルドアップする。こちらのDMFが抜かれたところを、FWにボールが入った。芽はスピードで振り切られるが、ぬっと彼女の背後から姿を現した萌が鋭くカット。サイドバックから真穂を経由して再び紬。一瞬向こうの警戒心が、猛スピードで駆け上がる杏奈に向いた時、紬はもう飛び立ったあとだった。


 DFを振り切り、ふわりと浮かせたループシュートで同点弾。


 戻りながら彼女はベンチにピースサイン。


 試合が再開して仙台は再びトップギアで攻めてくる。


 しかしこれを心美は鋭い読みで止め、ロングカウンター一本。


 トラップした紬は杏奈の駆け出しを見て〝三日月返しクレッセントターン〟。しかしそれは自分で抜き去るものではなく、杏奈へのパスだった。


 杏奈はサイド深くまでは侵入せず、早い段階から長めのクロスをあげ、逆サイドの由佳が頭で返す。これを相方の香苗がきっちり決め追加点。


 皆が由佳と香苗に賞賛を送る中、紬のウインクに俺はどきりとした。


「ああ見たよ。もう惚れてる」


 君のプレイに。


「何か言いました?」真賀田コーチが問いかける。


「何も」


 そこから試合は膠着こうちゃく状態に入った。


 互いにシュートを打ち合うも、ゴールの外。


 次の仙台の攻撃は、一度相手のポゼッションパターンを記憶した萌と芽は危なげない守備で封鎖。


 そして貴婦人がボールを持つと、相手最終ラインがざわつく。


「心美くんも、もともとトップ下の選手でした」


 宮瀬コーチは言った。


「ユース時代、トップ下は最も熾烈しれつなポジション争いだったのです。紬くんと、心美くん。その二人に加えての、今期になってから真穂くんの台頭。役者揃いのこのチームで、10番を巡る争いはまさに三国時代。真賀田コーチが紬くんドリブラー贔屓ひいきし、月見監督が真穂くんファンタジスタを贔屓するとすれば、私は心美くんレジスタを贔屓します」


 宮瀬は嬉しそうに語っていた。


「支配者と言っても過言ではありません。彼女はまるでピッチを上空から俯瞰ふかんして見ることができるのです。そう、たかのようにね」


 ゲームを作る——それは真に、トップ下の司令塔ではない。中盤の底、これこそがゴールまでの流れを最初に生み出す。


 コートの中の心美は普段とまるで別人だ。クールに知的に。だから走るサッカーになってモチベーションをなくしていた。


 船の錨アンカーでもなく演出家レジスタでもなく、冷酷なお嬢様は新時代の指揮者コンダクター


 一振りされた指揮棒は足の早い杏奈でもなく、クロス職人でもなく、中央の巨人を主旋律に選んだ。


 香苗のためではない。


 調子の上がらない真穂を無理やり動かすため。


 香苗の落としたボールを、真穂がダイレクトで右サイドへ展開。ポストプレーのワンクッションがあったお陰で、サイドの閃光は忍者のように悟られることなく飛び出した。


 心美はボールを受けたその瞬間、杏奈へとアイコンタクトを送っていたのだ。


 杏奈は中へ折り返した。ボールは流れ、由佳がきっちり決めて追加点。


「実は心美くん、他チームへの移籍も考えていました。我々では——」


 宮瀬は真賀田を瞥見べっけんした。


「この三人の活用方法が見出せなかったのです。監督が彼女を使う意思で別メニューを申し出てくれた時は、嬉しく思いました」


 ピースが一つ、また一つと嵌められていくごとにゴールへの完成図はガラリと色を変える。


 これで、攻撃の手札は揃った。

 あとは——。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます