黒耀の翼

作者 結城かおる

42

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者による新作の連載が始まったので、わくわくしながら夕方を待っているのですが、いかんせん、1話が短い。。。そして一日1話しか更新されない。。。
なので既発表作品の中でもお気に入りの作品を読み返させていただきました。
本作は長編の外伝的位置付けだと思うのですが、作品としては本作だけでも完結しているので本編より先に読んでも大丈夫です。
丁寧に選ばれた言葉で物語が語られていきますが、難解な用語が多くても自然にストーリーが身体に入ってくる感じです。
そして情景描写の美しさ!
登場人物の容貌、衣装、情景などがまざまざと目に浮かんでくるのは、作者が絵も描く人だからでしょうか。
初めて読んでも幸せ、何度読んでも幸せになる作品です。

★★★ Excellent!!!

 結城かおるさん(作者さん)の中華系の作品にはどれもどこか虚ろでありながら雅な空気が漂う。
 勇ましい場面であろうと後宮であろうと、その空気が私を作品世界へ誘い込む。その空気は強い吸引力を持ち、私はいつも魅入られる。

 深い知識によって選択された語彙と丁寧な描写にも感心する。
 ファンタジーにありがちな軽さが無いのに、まして難しくなりがちな歴史物であるのに読みやすいことにもいつも驚く。

 幻想的でかつ結城さん独特の世界を是非多くの方に堪能していただきたい。そう思わせる作品でした。

 
 
 

★★★ Excellent!!!

人目に触れずに育てられた美貌の公主は紫瞳の持ち主で、
誰の前でも笑わず、奇妙に賢しげで、非礼な口を利く。
幼い頃から唯一心を許す相手は、見事な漆黒の鴉のみ。
そんな公主も嫁ぐ年頃となり、巫女が彼女を占うが……。

中華風の世界観で織り成される神話ファンタジー。
物語の設定も情景も手堅く作り込まれているので、
安心してその世界に浸ることができる(貴重な存在!)。
ファンタジー好きにも古代中国好きにもおすすめしたい。