こひごころ

恋文を書くには恐ろしく

想いを告げぬには耐え難い


静寂を吸うには似合わなく

轟音を飲むには重すぎる


笑顔を演じるにはつまらなく

吐き気を催すには程遠い


僕を止めて頂けますか

抑えて掴んで頂けますか


口から溢れた言霊を

見届けて手向けて頂けますか


そうして手向けられた言の葉を

私は空から眺めましょう

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます