人類の滅亡した地球で......

作者 こうけん

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

ごく普通に生き、ごく普通に暮らし、そして不慮の事故で命を落とした1人の少年。
地球から遠く離れた月から、固い決意と悲しく辛い過去を背負い、仲間と共に舞い降りた1人の少女。

2人の出会いは、この世界で決してあってはならなかったものだったのかもしれません。彼らが出会い、時に喧嘩しながらも共に戦い抜く中で、この世界に秘められた謎、使命、そして「シナリオ」が、次々と明らかにされて行く事になるのですから。

常識が、現実が塗り替えられ続ける旅の果てに、2人が行き着く結末は……。
壮大なスケールで描かれた、「地球最後」のロボット作品です。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 ちょっと、このレベルの作品はもっと読まれるべきだというのが率直な感想です。全てにおいて水準以上、文章力や文章作法は勿論、固有名詞のチョイスにも不思議なセンスを感じます。そうした筆力で生み出された物語には、独創的な発想が散りばめられていました。また、ポストアポカリプスのような雰囲気と異世界転生を思わせる冒頭、欲張りな作品はその全てを上手く昇華させて読者を楽しませてきてます。やばいですね、巧いです。続き、気になりますね!オススメです!

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

本格的なSF設定と圧巻のメカ描写。なによりヒロインがかわいい(超重要)。
巨大ロボものの醍醐味――畳みかけるような熱い描写に、作者様のコダワリと筆の巧みを感じます。
読みごたえはあっても重すぎることはなく、次の展開にドキドキしながら最後まで読み進められました。

王道を貫きながら、熱と切なさのこもる作品が、ここにあります。