あー、わかるわかる




「で、どうした、杉原」


 ソファに脚を組んで座った芹沢が訊く。


 そんなつもりはないのだろうが、先程までは謙虚そうなことを言っていたのに。

 やっぱり、偉そうだな、この人、と思って、桜子は聞いていた。


 京介は芹沢に、

「社内のことなので、多くは語れないんですが。

 物凄く緊張するプレゼンがあるんですよ~」

と訴えている。


「まあ、プレゼンは、する人間の人柄にも左右されるからな。

 お前は感じがいいから、有利なんじゃないか?」

と言う芹沢に、


「でも、能天気そうでムカつくって言われたことあります」

と言うと、芹沢は、あー、わかるわかる、と頷く。


「どっちなんですかーっ」


「相手に寄るよなあ。


 ま、それも運だ。

 頑張れよ。


 ちなみに俺はよく、何故、上から物を言うのかとクライアントに言われてたな」


 ……この人に訊いても、なんの参考にもならないようだ、と京介も桜子も思った。


「まあ、大丈夫だ、頑張れ」

となんの根拠もなく、芹沢は言い出す。


「俺なら、お前を通す」


「じゃあ、今すぐ、芹沢さんがクライアントになってくださいーっ」

と京介は芹沢の手を取っていた。


 意味不明の錯乱状態だな……。


「大丈夫だよ、京ちゃん。

 命までは取られないよ」


 お前の慰め方もどうかと思うぞ、という顔で、芹沢がこちらを見る。


「でも、緊張するんだよ~」

と言う京介に、


「京ちゃん、緊張のない人生なんて、きっとつまらないよ」

と言うと、桜子……と京介が手を握ってこようとした。


 芹沢がその手をはたき落とそうとしたが、その前に違う白い手が、何故か桜子の手の方をはたいていた。


「ただいま戻りました、桜子様」


 珈琲豆の袋を持った執事が立っていた。


 ……今、はたきましたよ、この執事。


 しかも冷ややかに見下ろしてますよ、と思って、佐丸を見上げる。


「またアイスコーヒーですか? 杉原様」


「いや、違うよ。

 みんなの顔を見に来ただけ。


 もう行くよ」

と京介は殊勝なことを言いながら、椅子の横に置いていた鞄を手に取った。


「お待ちください」

と佐丸は引き止める。


「今すぐ淹れますので、時間があるのなら、飲んでいってください」


 佐丸も、なんだかんだで人がいいよな、と思う。


 そんな佐丸の前で、芹沢は、彼に母親の話をするかどうか、迷っているようだった。


 まあ、しない方が平和かな、と思っていると、佐丸はすぐに人数分のアイスコーヒーを淹れてきた。


 京介は、すぐに、ぐっと飲み干し、

「行ってくるよ」

と言う。


「気をつけてね、京ちゃん。

 歩道を渡る時は、右と左を確認してね」


 その緊張具合に、つい、子どもを見送るように言ってしまうが、京介は、なにそれ、と笑うことなく、

「ありがとう、桜子」

と言い、行こうとして、やめた。


「あのさ……。

 此処が出来てから、俺、ちょっと嬉しいんだ。


 此処のぼんやりとした空気に浸ってると、なんだか頑張ろうって気になれる」


 行ってくるよ、と笑って京介は出て行った。


 ありがたいんだけど。


 ぼんやりとした空気ってなにかな……と思っていると、芹沢が、

「とりあえず、人の役に立ってるじゃないか」

と桜子に言ってきた。


「そ、そうなんですかね?」

と少々疑問に思いながら言ったとき、京介が出て行ったドアの外から甲高い女の笑い声が聞こえてきた。


 それはドアの前を通り過ぎていったが、何故だか、ぞくりとする。


 なんだろう。


 嫌な記憶が蘇りそうなんだが、と思いながら、桜子はこの部屋の中では浮いている、そっけない色合いの、その灰色のドアを見つめていた。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料