それは危ないところでしたね




 翌朝、仕事場に行った芹沢は早々に、ソファに行き倒れた。


「ど、どうしたんですか……? 芹沢さん」


 とりえず、人材派遣会社のチラシなど作ってみようとしていたらしい桜子が、膝に置いたノートパソコン越しにこちらを見る。


「いや、志保さんに潰されて」

と芹沢は言った。


「え……」

と桜子が固まる。


「危うく、持ち帰られるところだった」

と呟くと、


「それは危ないところでしたね……」

と桜子は苦笑いしていた。


 桜子、あの女には気をつけろ、と思ったが、よく考えたら、小さい頃からの付き合いだ。


 佐丸の母のことは、自分より、よくわかっているだろうと思った。


「志保さん、佐丸の心配してたぞ。

 一見、そうは聞こえない感じではあったが」

と言うと、でしょうね、と桜子は苦笑する。


「ああ見えて、佐丸のこと、大事に思ってるみたいなんですよ。

 佐丸と一緒で、あんまり言葉にも表情にも出ないみたいなんですけど」

と言うので、


「いや、佐丸は結構出てるぞ」

と言うと、不思議そうな顔をする。


 志保は、いいシャンパンは後を引かないと言ったが、そのあと、それ以外の酒を散々呑まされたので、結局、頭痛がしていた。


 目を閉じ言う。


「お前は、ずっとそういう態度で接せられてるから気づかないんだろう。

 佐丸は、お前と居るときは、他の人間と居るときと全然違う。


 ……敵に塩を送ってしまったな。

 キスしてくれ、桜子」


 ご褒美に、と目を閉じたまま、言ってみたが、

「なに言ってんですか」

と笑われた。


「お水持ってきますよ」

と立ち上がった桜子が側を通ったので、その手をつかむ。


「そのまま、そこに座っててくれ」

と言って、もう一度、目を閉じた。


 桜子は、なんだかんだでやさしいから、弱っている自分を見捨ててはいかないだろうと思っていると、案の定、そのまま、側に腰掛けてくれた。


 今は居ない佐丸が開けていったのだろう。

 いい風が窓から吹き抜けていく。


 気持ちがいいな、と思っていた。

 他人と居るのになんだか落ち着く。


 桜子には緊張感というものがないからだろうか。


 産まれて初めてのことだが。

 このまま、ずっとこうして居たいような気もしている――。


 目を閉じたまま、芹沢は言った。


「お前のこと、ちょっといい、と思っていたんだが」


 ちょっといいくらいで、プロポーズしてくるなと思ってるだろうな、と思いながら、

「訂正しよう。

 かなりいい」

と言うと、


「そ、そうですか。

 ありがとうございます」

と照れたように桜子は言った。


 強くその手を握り直す。


 近くに座っていた桜子の腰がびくりと逃げかけるのを感じたが、起こしては悪いと思ったのか、逃げなかった。


 今にもつけ込まれそうな性格だが、こう見えて、隙がないからな、と思う。


 昨夜のことを思い返しながら、桜子に言った。


「俺が靴磨きになると言っても、あのマダムたちは誰も信じなかったよ。

 笑ってた。


 志保さんが、うちの息子は執事になるらしい、と言っても、やっぱり笑ってた。


 俺も佐丸も本来、行くべきではない場所に行き、自分が全うすべき運命から逃げてるんじゃないかと思ったよ」


「なんでですか?

 新しい場所でチャレンジするのは悪いことではないですよ。


 誰だって、最初は一からでしょ?

 今の立場を成した、貴方のご先祖様だって、佐丸のご先祖様だって」


「そうだなあ。

 うちは創業は江戸まで遡るが。


 まあ、そうだな。

 なんだって、最初は一からだよな。


 でも、俺は別に凄い靴磨きのチェーン店を作ろうって言うんじゃない。


 ただ、ひとつひとつ、想いを込めて、磨きたいだけだ」


 その結果として、店が大きくなるかは知らないが――。


「佐丸もそうだ。

 いきなり執事長になろうって言うんじゃないんだろ?


 とりあえず、誰かに尽くしたいだけだ。


 父親が亡くなり、母親を見失って。


 それでも、自分を支えてくれているものたちの有り難みを感じたから、あいつは、誰かになにかを返したいだけなんだ。


 はっきりと目に見える形で――」


「そうかもしれませんね。

 でも、会社のトップに立っても、返せると思いますよ、いろいろと」


「……お前、実は一番冷静だよな」

と言うと、桜子は笑う。


「桜子……」


「はい?」


 キスしてもいいか? ともう一度訊こうとしたとき、派手にドアが開いた。


「どうしようっ。

 緊張しちゃうよーっ!」


 京介だ。


 なにがあったのか、入ってくるなり、騒ぎ出す。


 芹沢は起き上がり、

「鍵かけとけっ、桜子っ」

と叫んで、


「客と社員が入れないとか、どんな会社ですか」

と笑われた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料