王子様、靴を磨いてください

 



 仕事が終わったあと、佐丸は桜子に付き合って、というか。


 恐らく、桜子が自分に付き合ってくれて、桜子の靴を買いに来ていた。


 佐丸は行きつけの百貨店で色とりどりに並んだ靴を物色しながら、自分は何故、靴磨きの店に乗り気でないんだろうな、と思っていた。


 横では桜子が、

「佐丸ー、これ、可愛い」

と言いながら、高いヒールの赤い靴を手にしていた。


「かかとが高すぎる。

 転ぶだろ、お前」


 その話を聞いているのかいないのか。


 手から離したから、まあ、聞いてるのか?


 赤い靴を戻した桜子は、

「あっ、こっちもいいな」

と今度は淡いピンクの、先端がころんとした靴を掲げてみせる。


「待て。

 お前、そういう淡いピンクは、すぐ汚すだろ……」

と言ったあとで、


「ああ、今回は汚していいのか」

と呟いていると、桜子は


 うるさいな、この男、という顔で自分を見ていた。


「貸せ。

 買ってやる」

とその靴を桜子から取り上げると、


「えっ。

 いいわよ。


 自分で買うわ」

と桜子は取り戻そうとする。


「いい。

 俺が磨くためにお前に履かせたいだけだから」


「佐丸。

 その言い方、なんだか怪しい人みたいなんだけど……」


 桜子と、その側に居た店員が苦笑いしていた。


 靴屋の店員と言えば、来るとき、行き先が靴屋なので、なんとなく、芹沢も誘ってみたのだが、

「いや。

 お邪魔だろうから、遠慮しよう」

と言ってきた。


 ……なかなか物の分かった奴だな。


 京介よりはマシな気がする、と思いながら、店員に靴を渡し、財布を出そうとしたとき、後ろから声がした。


「あら、これ、可愛い。

 桜子さんに似合いそうね」


 この声は――。


 確かめたくない、と思いながらも放置できずに振り返ると、母、志保が最初に桜子が見ていたあの赤い靴を腰を屈めて眺めていた。


「あっ、志保さん、こんばんは」

と桜子が笑顔で話しかけている。


 俺が見えたから来たなんてことは、この人に限ってはないだろうから。


 靴を見に来たら、たまたま俺が居たけど、自分の方が遠慮するのも癪だから、ズカズカやってきたというところだろう。


 その靴を眺めていた志保は、

「似合いそうね、桜子さん。

 私が買ってあげるわ」

と言ってきた。


「えっ。

 いいですよ、志保さん」


 この女と桜子が同じ趣味だとは……と渋い顔をしていると、志保は、その靴を手に、

「赤い靴は意外に女の服に合わせやすいのよ、佐丸」

と言って、さっさと先にレジで打ってもらっている。


 戻ってきて、

「はい」

と靴の入った袋を桜子に渡していた。


 まだピンクの靴を手に立っていた自分たちを振り返り、

「そっちはあんたが買いなさいよ。


 じゃあね、桜子さん。

 いざってときは、それを履いて」

と笑って行ってしまう。


 なんとなく二人で見送りながら、

「桜子。

 いざってときってなんだ?」

と訊いてみたが、本当にわからないようで、


「……さあ?」

と小首を傾げていた。





 魔女じゃなくて、王子様に靴をもらってしまった。


 桜子は、佐丸に買ってもらった靴と、志保に買ってもらった靴をベッドで眺めていた。


 佐丸に買ってもらったピンクの靴は、ふんわりとやさしい色と形で落ち着く感じだ。


 志保に買ってもらった高いヒールの赤い靴は、刺激的というか。


 今まで見たこともない世界に導いていってくれそうな靴だった。


 それにしても、王子様と……悪いお妃様に靴をもらうだなんて。


 いや、悪いお妃じゃないか。


 でも、なんとなく、白雪姫の方のお妃様が浮かんでしまった。


 頭の中で、ひひひひひ、とマントを頭から被った志保が笑い、それがそのまま夢になった。


 夢の中、石造りの塔の一番上まで行った自分は、そこで糸を紡いでいる王子に出会う。


 桜子は絵本でよく見ていたようなお姫様のドレスを着ていた。


 ちらりと持ち上げ、履いていた赤い靴の先端を見せて、桜子は言うのだ。


『どうか王子様、靴を磨いてください』


 ……何故、赤い方の靴。


 佐丸の機嫌が悪くなるのに、と思ったところで、目が覚めた。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料