それはなんだ……





 桜子が鳴海に腕を引っ張られながらも、一階の店舗に戻ろうとしたとき、エレベーターから芹沢が現れた。


 黙って、自分の腕をつかむ鳴海を見たあとで、

「桜子、此処に居たのか。

 ……それはなんだ」


 それ、と鳴海のことを言った。


 やはり、勘がいいな、と思う。


 見ただけで怪しい人間だとわかるのだろう。


「お前こそ、誰だ」

と鳴海は芹沢を見て言ってくる。


「俺は桜子の……

 会社の社員だ」


「社員?

 桜子、なにやってるんだ? お前」

と訊かれてしまう。


 あ~、この人には余計な情報を与えたくはなかったんだが、と思いながらも、一階に会社を作る話をした。


「そうなのか。

 じゃあ、花でも送ろう」

と鳴海は言う。


 いや、まだ、全然会社出来上がってませんけどねーと思っていると、

「でも、そうか。

 お前と同じビルで働けるなんて嬉しいな。


 運命だな、桜子」

と言い出した。


 お願い……。

 誰かこの人、持って帰ってください……。


 っていうか、やっぱり、此処で働いてるんですね。

 たまたま来たとかじゃなくて、と思っていると、

「鳴海さーん。

 早く戻ってください。


 室長が待ってますよー」

と誰かが鳴海を呼びに来た。


 振り向いた鳴海が、おう、と返事をしている。


「俺はそこの法律事務所に勤めてる。

 今度、遊びに来い、桜子」

と後ろを指差し、言っていた。


「名刺だ」

とくれたあとで、


「ついでだ。

 お前にもやろう」

と芹沢にも渡していた。


「鳴海さん、早くーっ」

と後ろから急かされている。


「じゃあな、桜子。

 ……とそこの奴」

と一応、芹沢にも挨拶し、鳴海は去って行った。


 それを見送りながら、芹沢は、

「ルックスはいいが、めんどくさそうな奴だな」

と呟く。


「はあ。

 昔からです。


 イケメンだけど、なにかこう、虫が好かない、と言うか、めんどくさい人だとみんなが……」


「なるほど。

 虫が好かんな……」

と芹沢は言う。


 年をとると、性根が顔に出てくるというが、未だに目を見張るほどのイケメンなのが不思議な人だ。


 自分など想像もつかない何かが崇高なのだろうか。


 芹沢はもらった名刺を見ながら、

「お前がかけてくると疑わないところがあの男の敗因だな」


 俺なら、お前の番号を訊く、と言う。


「そうなんですよね。

 苦手なんですが、あのツメの甘さが、いまいち憎めないところと言うか」


 でも、虫が好かないんです、と言うと、

「生理的に合わないんだろうな」

と言われた。


「男女間では、よくあることだが」

と言ったあとで、


「まあ、俺もあいつは好かん。

 ……お前にベタベタしすぎだ」

と言ってくる。


「佐丸もあいつが嫌いだろう。

 佐丸、あいつを知っているのか?」

と訊いてくるので、


「高校の頃、別の友人たちと一緒にうちに遊びに来ましたから。

 そしたら、ちょうど居たおじいさまに、私と結婚させてくれって言い出して」

と言うと、


「道明寺の会長だろ。

 大胆な奴だな」

と言う。


「それでおじいさまも気に入ったみたいなんですけど。

 まあ、あの通りの人なので」


 そのツメの甘さから、結局、疎遠になっていた。


「で、その場に佐丸も居たんだな。

 どんな騒ぎになったか、目に浮かぶようだ」

と言う。


 まあ、騒ぎというか、即刻佐丸につまみ出されていたが。


「さあ、そろそろ戻れ。

 佐丸が心配していたぞ。


 今日は早く上がって、お前の靴を買いに行くんだろ?」

と言われ、


「早く汚して磨くためですけどね」

と苦笑いした。


「さっき、ちょっと――」


 芹沢がなにか言いかけたので、はい? と見上げると、こちらを見ずに、

「お前の会社の社員だとは言いたくないなと思ってしまった」

と言う。


「じゃあ、バイオリンの先生とか言った方がよかったですかね?」


「……お前、鈍いって言われないか?」


「いえ、特に」


 そうか、と言いながら、芹沢はエレベーターのボタンを押していた。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料