夜七時以降に、いらしてください……

 




 可愛いなあ、手嶋さん。


 ソファに座る桜子の腕の中に手嶋さんが居た。


 でっぷりとした腹に、腕にのるくらいのたぷたぷした顔。


 人間なら、健康のために痩せた方が……と思うところだが、猫だと思わないのは何故だろう、と思いながら、あったかい手嶋さんを抱いていた。


 手嶋さんは桜子の腕に両の手をちょこんとかけ、愛らしい丸い瞳で自分を見つめてくる。


「手嶋さんっ」

と可愛さのあまり抱きしめていると、


「貸してっ。

 手嶋さん、貸してよっ、桜子っ」

と向かいの一人がけの椅子から、京介が手を伸ばしてくる。


 手嶋さんを受け取った京介は、両手で手嶋さんを抱え上げ、手嶋さんと間近に目を合わせながら、

「手嶋様、手嶋様。

 私を癒してください」

と祈っていた。


「どんだけ疲れてんだ……」

とその隣りに座る唐橋が呟いている。


「疲れてますよー。

 毎日、風呂入ってビール飲むだけが楽しみですよー」


 でもまあ、好きな仕事だから、と京介は手嶋さんに向かって、微笑み、

「頑張ります」

と言っていた。


「此処でたまに癒してもらえれば、頑張れる気がしてきました。

 手嶋さんと――」


 手嶋さん、いつもは居ないぞ。


「佐丸のアイスコーヒーが此処にあるのなら――」


 いつもは淹れないぞ、という顔を佐丸はしていた。


「……あのー、京ちゃん、私は?」

と桜子が訊くと、


「もちろん、桜子もだよっ」

と笑顔で言ってくる。


 本当か……?


「だって、桜子の悩みのなさそうな顔を見てるだけで、癒されるよっ」


 いや……悩み、ないでもないでもないんですよ。

 ねえ? と心の中でだけ、訴えかけてみた。


 ふんっだ、と桜子はソファの背に片腕を伸ばし、そこに頬を寄せていじける。


「私はね、五分くらい先のことまでしか考えないことにしてるの。

 いろんな嫌なこととか、面倒臭いこととかが起こりそうなときも――。


 とりあえず、五分先までは、なにも変わらず平和かな、と思って」


 そこまではダラッとしてる、と言うと、

「その五分が永遠に続いてくわけだな……」

と唐橋が言い、


「だから、昔からやること無謀なんだね」

と京介が言い、


「桜子様でしたら、その五分以内にタライでも落ちてきそうですけどね」

と佐丸が言ってきた。


「……桜子様を見ていると、愚者のカードを思い出すのは私だけでしょうか」


 ああ、あの、目の前崖なのに、笑ってる奴……。


「あれ、悪い意味のカードじゃないわよ……」

とせめても抵抗に言ってみると、京介が、


「愚者のカードと言えば」

と言いかけ、関係ないけど、と前振りしたあとで、


「会長が決めてた桜子の結婚相手って、佐丸だったって、ほんと?」

と言ってきた。


 ……は?


「いや、昨日、お得意さんに此処の話をしたとき、聞いたんだけど」

と言い出すので、


 のちのち宣伝してくれるのはいいんだけど。

 今、まだ、するな、と思っていると、京介は、

「桜子の結婚相手は、佐丸の予定だったみたいだよ。

 武田物産が戻ってきたら、桜子と結婚させて、佐丸をいずれ社長にって話だったんだってさ。


 佐丸が執事になるとか言い出したから、立ち消えたみたいだけど」

と言ってきた。


「今、愚者のカードからその話に流れた理由が怖いな、杉原」

と佐丸の心の内を代弁するように唐橋が言う。


「佐丸は知ってたの?

 もしかして、桜子と結婚したくないから、執事になったとか?」

と京介は笑う。


 こいつ、殴ろうかな、と思っていると、京介は、こちらを見て、

「じゃあ、桜子、俺と結婚する?」

と言い出した。


 ……は?


「最近、よく見合いの話とか上司から来るんだけど。

 知らない人とするより、桜子の方がいいなあと思って」


 そんな軽い理由でプロポーズしてくる奴、初めて見たぞ……と桜子は思っていた。


 いつものように、あっけらかんと京介は笑っている。


「……疲れて帰っても、ビールと風呂があったらいいんじゃなかったんですか、杉原様」

と佐丸が無表情に言う。


「ビールに風呂に、桜子が居たら最高だね」


 あと手嶋さん、と言われ、良かった、せめて、手嶋さんの前で……と思っていた。


「ねえ。

 桜子、気が向いたら、考えてみてよ」

と言われ、


「あ、じゃあ……気が向いたら」

と答えると、うん、と笑い、また、手嶋さんをかまいだす。


 その程度の感じなんだな、と思い、眺めていると、


「杉原様」

と佐丸の声がした。


 杉原様、と微笑み、もう一度、その名を呼ぶ。


「今度ぜひ、当家にいらしてください」


 こら、執事が勝手に招くな、と思っていると、

「……夜七時以降に、ぜひ、いらしてください」

と付け足していた。


 さすがに殺気を感じたようで、手嶋さんを抱いたまま、京介は、……はは、と笑い、

「あんまり行きたくないかな」

と呟いていた。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!