どうか包み隠してください……




「京ちゃんとか、いいわよねー」


 京介と別れ、店舗に戻った桜子がそう言うと、


「……『いいわよねー』とはどういう意味ででございますか」

と佐丸が訊いてきた。


「いや、ああいう社員良くない?

 よく働きそうだし」


 佐丸は黙っている。


 執事だから、余計な口は挟むまいと思っているのか。

 それとも、京介のような社員は嫌だな、と思っているのか。


 どっちだっ? と思いながらその顔を見てみたが、いつものように、


 ……無表情だ。


 いや、まあ、これはこれで彼の普通なのだが。


 顔が整い過ぎているので、沈黙していると、蝋人形かなにかのようで怖い。


 ピクリとも動かないしな……。


 夜中には見たくないかも、と思いながら、桜子は言った。


「風通しのいい職場にしたいの。

 佐丸もなにか意見があるのなら言って」


「わかりました、桜子様」

と佐丸は言う。


「では、今まで貴女を見てきた執事として、思ってるままを言っていいわけですね」


「そ――」


 そうよ、と言う前に佐丸は言う。


「包み隠さず、なにもかもご意見申し上げていいわけですね」


 その容赦ない口調と鋭い眼光に、

「ごめん……。

 包み隠して」

と言ってしまっていた。


 死ぬほど、よく当たる占い師を前にした気分だ。


 お願い。

 ショック死しそうな事実は告げないで、と思っていた。


 だいたい、そんな執事居ないと思うのだが。


「ひとつ言わせていただくとするなら」

と佐丸が口を開いたので、身構える。


「いい人間だからと言って、それがいい社員になるとは限りません」


「そうね。

 でも、友人だからというのを抜きにしても、彼はいいと思うわ。


 久しぶりに一緒に過ごして思ったけど。


 何事にも判断が速いし、人当たりもいいし。

 頭の回転が速いのも知ってるしね」


 まあ、京ちゃんが今の会社辞めてうちに来るとかないと思うけどね、と桜子は笑った。





 夜――。


 なにが京ちゃんとか、いいわよねー、だ、と思いながら、佐丸はひとり、寒い靴置き場のスノコの上に居た。


 桜子に対して愚痴りながら、彼女の靴を磨いているというのが、我ながら自虐的だな、と思いながら。


 コンコン、とノックの音がした。


 どうせ、桜子だろうと思い、はいはい、と適当に返事をする。


 もう九時を回り、執事としての営業時間は過ぎていたからだ。


 だが、入ってきたのは、魁斗だった。


「お前、ほんとに桜子の靴磨いてんのか」

と言ってくるので、


「……執事だからな」

と返す。


 いや、本当のところ、黙々となにかに集中することで、ストレスを発散しているだけのような気もしているが。


 側に腰掛ける魁斗に、

「汚れるぞ」

と言う。


 魁斗と桜子はよく見れば似ているのだが、その性格からか、全然違う顔立ちに見えた。


「京介に会ったんだって?」


 桜子に聞いた、と魁斗は言う。


「執事なんぞやってる場合か?

 昔、桜子、言ってたじゃないか。


『私、京ちゃんと結婚するーっ』って」


 ……微妙に似てるな、その物真似。


 余計に腹が立つんだが、と思いながら、桜子のローファーにブラシをかけていた。


「今からでも遅くないぞ。

 何処かうちの会社に入れ。


 近いうちに、武田物産がうちの傘下に入るかもしれん。

 そのときは、お前の手に返ってくるはずだ」


 親父さん孝行しなくていいのか、と言われ、暖色系の明かりに靴を照らして見ながら、

「俺が親孝行するより、あの浮気女が改心する方が先だと思うがな」

と佐丸は実の母を罵る。


「いや、ご主人亡くなってるんだから、浮気じゃないだろうが」

と魁斗はフォローを入れてくるが、あの母に関しては、そんなフォローは不要だ、と思っていた。


「魁斗。

 余計な気を使うな。


 俺にも、あの母親にも。


 それに、俺は今、この仕事に喜びを見出しつつある」


 美しく磨かれた靴を眺めながら、そう佐丸は言った。


「確かにいい出来だな。

 俺のも磨いてくれ」


「いいぞ。

 執事だからな」

と言うと、物言いが執事っぽくないが……と言ったあとで、魁斗は立ち上がる。


「まあ、俺は忠告したぞ。

 俺は、仮面ライダーが俺の弟でもいい。


 ……お前なら、なお、いいがな」

と言って、魁斗は出て行った。


 静かになった靴置き場で、佐丸はひとり、自分が磨いた靴を見ていた。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料