そのキスの意味はなんですか?

 



 夜、佐丸が一階の寒い靴置き場に居ると、誰かが入ってきた。


 桜子だった。

 自分の横に座って笑う。


「やっぱり磨いてた」

「磨いていいとおっしゃったではないですか」


 そう言ったあとで、そういえば、七時過ぎていたな、と思い出す。


 だからこそ、此処に居たのだが、もう桜子に敬語を使うのが癖になりつつあった。


 恐ろしい話だ。


 そのうち、逆らわないのも癖になってしまうかもしれない、と思ったが、桜子に言ったら、

「何処が逆らってないのよ。

 目が逆らってるわよ、いつもっ」

と言い出すかもしれないが。


 敬語を使う距離か。


 俺は執事になることで、自ら、桜子との間に距離を置いたようなものだな、と思う。


 そんなことを考えていると、横から眺めていた桜子が言ってくる。


「営業時間内に磨いてもいいわよ。

 自分のやりたいことやる時間がなくなるじゃない」


「いや。

 これが今、俺のやりたいことだ」

と言いながら、桜子の黒のハイヒールにブラシをかけていると、


「これ、磨かないの?」

とこの中では一番傷んでいる、昨日桜子が履いていたブーツを指差す。


「それはあの男が磨きたそうだったから」

とブラシで塗ったクリームを馴染ませていると、桜子は笑う。


「佐丸って、職人気質よね。

 黙々となにかやるのが得意っていうか。


 人の上に立つのも向いてるとは思うけど」

と言われ、


「嫌味か」

と言う。


「なんでよ?」


「……自分が間違ったところに居るような気はしている。

 小方さんも、みんなも、俺の気の済むまでやらせてやろうという雰囲気を醸し出している」


「別に執事をやりたいのなら、やればいいじゃない。

 人がどう思おうと」


 桜子はあっさりそう言ってくる。


 ひとつ気になっていることはある。

 俺が執事であり続けるのなら、俺は桜子とは……。


 桜子にもそれはわかっていると思うが。

 こう見えて、自分の立場はわかっている女だから。


 それなのに、執事で居ていいと言うのは、俺のことは眼中にないということか?

と思っていると、

「佐丸は佐丸よ。

 他の何者でもないわ。


 執事だろうと、王様だろうと、私にとってはなにも変わらない」

と言ってくる。


「……王様ってなんだ?」

と手を止め見ると、


「王様は王様よ」

と桜子は笑う。


 特に説明はなかったが、まあ、わかる気はした。


 最初、自分に執事など出来るはずはないと桜子は言っていた。

 でも、いざ、やり始めたら、彼女が一番応援してくれている気はしている。


 たぶん……いや、かなり、我慢してくれていることもあるとは思うのだが。


 我慢……いや、結構キレてたか、と思い出す。






 最初の頃に比べたら、随分執事っぽくなったなーと思いながら、桜子は佐丸を眺めていた。


 最初……。

 ひどかったな、最初、と桜子は苦笑いする。


 上から目線の男に、口だけで改まられると余計に腹が立つというか。


「何処がどのようにへりくだってるのよっ。

 全然立場が下になってないわよっ。


 なにこれっ。

 これって、周りのみんなが耐えるって話っ⁉︎」

と叫びながらも、本人なりに頑張っている佐丸の前では耐えた。


 他の使用人たちが、

「桜子様が我慢されている。

 それだけでも佐丸が執事でいる意味はあるようだ」

と言っていたのは知っているが。


 これって、佐丸じゃなくて、周りのみんなが成長するって話⁉︎ と兄などにブチ切れて。


 佐丸が執事になるのを許したのは、お祖父様たちが、私の忍耐力を鍛えるためだったんだろうかと思った程だ。


 みなは、

「佐丸様に頭を下げさせるなんて恐ろしすぎる」

と怯え、


「みんなに、気を遣わせるからお前たち二人で家を出ろ」

と魁斗は言った。


 だが、佐丸は、小方や他の先輩執事、果ては、使用人にまで食らいついていって、様々な技術を習得していった。


 性格的には問題のある男だが、そういうところは見習うべきところがあるよな、と思っていた。


 今も芹沢の技術を目で盗み、着実に靴磨きの腕を上げていっている。


 でも、執事で一番大事なの、そこじゃない気もするんだけど、と眺めていると、

「いつまで見てるんだ、もう寝ろ」

と言い出す。


 まあ、あんまり見てると集中出来ないかな、と思い、わかった、と立ち上がる。


 帰ろうとすると、

「待て」

と左手で腕をつかまれた。


 立ち上がった佐丸は、桜子の肩に比較的、綺麗な左手だけて触れ、額にキスしてきた。


「ねえ、それ。

 どうして、ずっとやってるの?」


 なんとなく訊いてしまう。


 訊いたら、佐丸がやめてしまう気がして、今まで訊かなかったのだが。


 魁斗にやるのをやめたということは、一般的な習慣でないことに気づいているはずなのに。


「……あの日、お前の家に泊まる前の晩、いつものように父親と母親が眠る前のキスをしてこようとした」


 ……中学生だったよね、と思ったが、茶化すところではないので、ぐっと堪えた。


 しかし、問題はやはり、そこのところだったようで、

「中学生にもなって恥ずかしいと、父親がキスしようとしたのを拒否したんだ」

と言ってくる。


「キスさせてあげなかったの、後悔してたの?」


「違う。

 それもあるけど。


 なんか……ジンクスみたいなもんだ。

 してる間は、相手は無事、みたいな」


 そう言い、佐丸はまた腰を下ろし、靴を手に取った。


「じゃあ、魁斗は死んでもいいってこ――」


「不気味だからだっ」

と言葉を遮る勢いで、振り返り言う。


 なるほど。

 まあ、そうか。


 傍目に見たら、きっと美しい光景だが、親が見ても心配しそうな光景だからな、と思った。


 お前達、大丈夫か、と言って。


「おやすみ、佐丸。

 ほどほどにね」

と言って戸を閉めた。


 ジンクスか、と思う。


 でも、私からは出来ないな。

 恥ずかしくて、と思っていると、夜の見回りに小方がやってきた。


「佐丸、靴磨いてるわ」

と言うと、

「そのようですね」

と笑う。


 やはり知っていたようだ。


 佐丸の居る靴置き場を微笑ましげに見ている小方を見、

「……いつまで莫迦なことやってるんだと思ってる?」

と訊いてみた。


「いいえ。

 でも、執事で居る限り、佐丸様が桜子様の結婚相手に選ばれることはないでしょうね」

と言ってくる。


 よろしいのですか? と問われ、

「別に。

 佐丸が望んでないことだから」

と言うと、


「そうでしょうかね」

といつもの穏やかな笑みを浮かべ、小方は行ってしまった。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料