職場だけはあります



 ビルの一階、ガラス張りの広い店舗スペースに桜子たちは居た。


 昨日の会議のあと、まだ新しいこのビルの角の広い店舗を桜子は貰ったのだ。


「お前になにか出来るとも思えないが、なにかしたいのなら、そこを使いなさい」

と言われて。


 店にするなり、会社にするなり、好きにしろ、ということらしい。


 まだ、がらんとして、声も反響する店舗の真ん中に桜子は正座する。


「……なにしてるんだ。

 外から丸見えだぞ」

と言ったあとで、佐丸は既に九時を回っていることに気がついたらしい。


「なにしてるんですか、桜子様」

と言い直してきた。


 この男の執事としての営業時間は、朝九時から夜七時までだからだ。


 たぶん、長年仕えたきた佐丸に、それ以上長く執事で居られると、他の使用人たちがやりにくいからだろう。


 ……まあ、それでも、既に相当やりにくそうなんだが。

 だから、私と一緒に此処に追い払われたんだな、と桜子は思っていた。


「いや、なにかいいアイディア浮かばないかな、と思って」

と佐丸に答えながら、外を見る。


 なるほど、丸見えのようだ。


 外より店舗の中の方が暗いので、あまり見えないかと思っていたのだが、そういうわけでもないようだった。


 道行く人が時折、こちらを見て行く。


 特に女子。


 まだオープンしていないこのスペースに、なにが出来るのかしら?

 素敵なカフェかしら?


 などと思って、覗いているのだろう。


 私でもそうする、と桜子は思っていた。


 何処かで店舗の工事が始まると、なにが出来るのだろうと期待して、ついつい、覗いてみるからだ。


 だが、実際には、なにもない広い店舗のど真ん中にワンピースを着た女が正座し、その横にやたら整った顔のスーツ姿の若い男が立っているだけだ。


 みんな、なにっ!? という顔で二度見したあと、見なかったふりをして去っていく。


 仕事を始める前から悪評が立ちそうだ……、と思い、桜子は立ち上がった。


 すると、佐丸が、

「そもそも話がおかしいのではないですか?」

と言い出した。


「なにかをやりたいというビジョンもなく、働きたいだなんて。

 桜子様、貴女は仕事を舐めています」


 ……いや、お前もな、と桜子は思っていた。


 今でこそ、執事っぽくなってきた佐丸だが、最初はひどかった。


 桜子の兄、魁斗かいととともに大学院を卒業した年、ともに、道明寺系列の会社に就職するかと思いきや、いきなり、親族会議で、

「執事になりたい」

と言い出した佐丸に、桜子の家の執事長、小方が言った。


「佐丸様、執事になりたいのなら、まず、桜子お嬢様に仕えてみてください」

「えっ? こいつにですか?」


「……あんた、もう執事失格だと思うわ」

と言った桜子に、佐丸は、


「いや、お前以外の人間にならへりくだれる」

とのたもうた。


「じゃあ、魁斗は?」

「魁斗以外の人間になら――」


「……もうやめなさいよ、執事」


 先が思いやられる、と思ったものだ。


 しかし、なんだかんだで一年。


 そして、一年経って気がついた。


 私はなにをしているのだろうと。


「そう。

 一年経って気づいたのよ。

 私って、世に言う、ニート!?」


 佐丸たちが大学院を出た年、自分も一緒に大学を卒業したはずなのに、なんだかぼんやり家に居る。


 そして、ぼんやり家に居ることに、なんの疑問も抱かず、一年が過ぎてしまったのだ。


「大丈夫です、桜子様。

 桜子様は、ニートではございません。


 単に道明寺家にとって都合のいい嫁入り先が見つかるまで、じっとしていなさい、と言われているだけです」

と佐丸は素敵な笑顔で、どうかと思うようなセリフを言ってきたが。


 内心、いや、一年経って気づくなよ、と蔑んでいるのは、明らかだった。


 目に表れてるし。


 あんたって、ほんと執事に向いてない、と思いながら、桜子は嘘くさい笑顔の執事を見上げていた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料