第4話

「……で? それから三年たっても気づかなかったんやな。おまえらしいな」

 あきれたようにそう言うと、彼は紙袋からセーターを取りだした。

 わたしはこっくりとうなずく。

「だって、お守りみたいなもんやったし。それで大事にしまってたら、いつのまにか――」

「ふうん、忘れたんだ?」

 チクリと一刺し。

「え、えーと……」

 わたしは、ただ笑ってごまかすしかなかった。


 わたしたちは神社の長い石段の上にすわり、話をしていた。三年前まではわたしだけの指定席だったけれど、今では彼とわたし、二人の指定席だ。

「こら、大事やったら忘れんやろー。それに今さら返されてもなあ」

「ごめん」

「まあ、いいし。実を言うと、あのとき会ったのは偶然じゃなかったしな。おまえ、わかってなかったみたいだったから心配だったんや」

「えっ?」

「じゃなかったら、次の日もここで待ってるわけないやろ! 二度も告らせやがって。日渡、やっぱりわかってなかったんだな」

 末成くんはわたしを見て小さく笑ったあと、セーターを頭からすっぽりと被せてきた。あの日と同じように。そして、ギュッと抱きしめてくれた。


 今日も木枯らしが吹いている。だけど、あったかい。


おわり

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

木枯らし このはな @konohana

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ