第3話

 家に帰ったら、お母さんがリビングにいた。取り込んだ洗濯物をたたみながら、テレビを見ている。番組に夢中になっているらしく、こちらを振り返る気はないようだ。

 リビングの壁の時計は、四時半を差していた。

 ああ、そうか。お母さんの好きなドラマの時間だったんだ。

 そういえば、前に言ってたな。お母さん、このドラマが好きだったのよ。再放送やるなんて嬉しい。これは見逃せないわあ、ってね。

 だったら、今がチャンスだ。

 リビングの前の廊下を通って二階に上がるなら、今しかない。

「ただいまあ」

 わたしは声を出すと、パタパタ廊下を走り、階段のいちばん上まで駆け上がった。


「果歩、帰ったん? 遅かったわねえ」

 コマーシャルに切り変わったのだろうか。階段の真下から、お母さんが声をかけてくる。

 うわ。

 一瞬ギクリとして、躊躇してしまった。だけど、うちの階段は、なだらかなカーブのらせん型だ。わたしの部屋は死角になっている。お母さんのいるところからは、わたしの姿は見えないはず。

「うん、ちょっとね。中学のときの友達に会ったもんだから、話し込んじゃって。少し遅くなったんよ」

 お母さんに怪しまれないように、落ち着いて答えるわたし。本当のことだ。嘘をついたわけじゃない。

「ふうん、そうなんだ。よかったわねえ」

 お母さんの気のない返事が帰ってきた。

「着替えたら、手を洗いなさい。うがいもきちんとするのよ」

 それ以上、追及することなく、スリッパの音が階段から遠ざかる。

 ふう、よかった。

 お母さんに見られたら、あとが面倒なんやもん。いちいち説明するの困るし。

 わたしはホッとして、部屋の中に入った。


 末成くんのセーターを脱いで、ベッドの上に広げた。たるみを伸ばして、袖の端まできちんと置く。それから、わたしもベッドの上に座った。

 こうして改めて見ると、末成くんの体の大きさがわかる。セーターの袖は、完全にベッドからはみ出していた。足のサイズも大きいんじゃないかな。

 三年間利用することを見越して、大きめのサイズを買ったのだろう。どこの家でもやることは同じだ。うちだって、そうだし。

 にしても、やっぱり大きいな。たぶん……百七十センチぐらい?

 わたしなんか、卒業してから、ちっとも変わっていない。スカートは長いままだ。うらやましい。

 深々とため息をつく。

 わたしって、成長がストップしているのかもしれないなあ。

 思わず力が抜けて、ベッドにばたん、と倒れ込んだ。


 そうしたら、末成くんのセーターに顔をギュッと押しつける格好になった。

 彼の匂いがする。

 彼と目が合ったことをふいに思い出し、ほっぺたが熱くなるのを感じた。


 末成くん、背が高くなって、かっこよくなってたな。

 ぜんぜん知らない人みたいだった。

 やっぱり彼女、いるんだろうか。

 うん、きっといるんだろうなあ。


 なんだか切ない。


 階下でピンポーンと鳴る音がして、わたしはあわてて飛び起きた。

「あっ!」

 ――わたし、何をやってたんやろう。

 恥ずかしくてたまらなかった。人様のセーターに、しかも彼氏でもなんでもない人の服に、ほっぺたをすりすりしていたのだから。思わず顔を両手で押さえる。

 ――やだ。こんなん、変態やん。

 頭の中で、いろんな言葉が巡る。それでも、自分の行いは変態としかいいようがなかった。


 そうして悩んでいたら、お母さんの甲高い声が聞こえてきた。

「あら~、坂井さん! こんにちは。まあ、回覧板ですか? ご苦労さまです~」

 お母さんの声で、いっそう恥ずかしさが増していく。

 さっきより、もっと大きなため息が出た。


 あかん。こんなこと、しとったら。

 お母さんにばれないうちに、さっさと洗濯をして、彼に返そう。


 とりあえず、今はどこかに隠す必要があった。

 わたしは部屋を見まわし、セーターを隠すのに都合のいい場所をさがした。

 やっぱり木を隠すなら森の中、かな。

 クローゼットの戸を開ける。

 ベッドへ戻り、セーターの袖を折ってくるくる丸めると、クローゼットの中の衣装ケースのふたを開けて押し込んだ。

 ここなら、とうぶん大丈夫。お母さんに部屋を掃除されても、見つからないだろう。服が衣装ケースの中に入ってるだけなんだし。

 わたしは満足して、クローゼットの戸を閉めた。閉める前に、ついでに着替えのジーンズとTシャツ、パーカーを出す。

 制服のリボンをほどいて、カーテンレールの端っこに引っかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます