アンドロイドの無意味な恋

作者 かえで

29

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私はSFには詳しくない。
星新一のショートショートがすきで
映画「ブレードランナー」で レプリカントの悲哀に涙したくらい。

AIは 聞いたことがあっても
NI(ナチュラル・インテリジェンス)は知らない。

なんだろう。知能と感情ってやっぱり切り離せないのかもしれないね。
アンドロイドに感情が宿ってしまったら、消さないといけないの?

人間の感情こそ危険な時があるのに
誰が、それを、決めていくんだろう。
なんて、意味を考えてみるのが面白くて 引きこまれた。
キャラもみんなすきなので、続編があるといいなぁ。

★★★ Excellent!!!

彼女の実態がなんであれ、素晴らしく可愛い乙女であることだけは異論を挟む余地の無い事実です。
それ故に、彼女は立派な本物であると言えるのです。
可愛いは正義!!

★★★ Excellent!!!

ネタバレを含みます。閲覧には、ご注意下さい。

非常に知的な小説ですね。クオリアとか、本物、偽物とか。楽しめました。ある程度しっかりしながら揺らぐ感じ、それか細やかに感知する感じがあると、人間に近づくのかなあ、なんて思って読んでいました。そしてそこには、無意味な感じ、つまり、自分では感知できない意味合いを含む必要もある、と。恋愛の話に最後に持っていった流れには感動しました。どう繋がるのかと思っていたら、という爽やかな驚きです。この世界観にまだまだ浸かっていたいと思いつつ。

★★★ Excellent!!!

AIと異なり人間らしい感情を備えた『NI(ナチュラル・インテリジェンス)』。
そんなNIの少女が奮闘し、時に涙する日常が描かれる短編作品。
同時に、感情とは何かを考えさせる物語でもあった。

NIの少女ヒナが右往左往する様は微笑ましい。
彼女は不躾な客に驚き、優しい上司に感謝し、沢山の感情と共に日々を過ごす。
ついつい、表情豊かな彼女を応援したくなる。

けれど後半、彼女の歪さが徐々に明らかになっていく。

そもそも、彼女の感情は何のために存在するのか。

サービス業に従事するため?
真心を感じさせるため?

だとしたら、この気持ちは何だろう。

ヒナは自身の抱いた「とある感情」に戸惑う。
人間ならば当たり前の、けれどアンドロイドが備えても意味のない感情。

彼女はその不条理さ、残酷さに涙し博士に問いかけるのだった。
その疑問に答えは出ないのかもしれない。

けれど、救いははっきり描かれていた。

ヒナの抱いた感情が何なのか、そこから生まれる解答は何なのか。
ぜひ自らの目で確かめてほしい。
アンドロイド、人と機械の交流、そういったテーマが好きな方なら必ず満足できるだろう。