二三

 強烈な太陽の光を浴びて、月は今、存在を露わにした。

 それが私。

 太陽になれないのなら、月として生きればいい。誰かの光に照らされ、我が物顔で浮かび上がる女のシルエットが見えた気がした。

 鼓歌は私に覆い被さり、自由を奪う。そしてしどけない半開きの私の唇には触れずに、上から見下ろすようにして裸の私を瞳で犯した。

 もし鼓歌が今、私の魅力に目が離せないとしたら、それは私が影を宿しているからだ。弱さ、未熟さ、儚さ、孤独、それさえ武器になる。それに気付いた私は身震いをした。

 鼓歌は私の身体を支配し、服従させようと躍起になっている。

 でも、私の心だけは支配出来ない。私は瞼を閉じたまま、やっと微笑んだ。なぜなら、今は彼のほうが私のとりこなのだと気付いたから。


 鼓歌はごろりと仰向けになった。片腕で目元を隠して苦しそうに荒い息をしている。私は彼の身体に擦り寄り話し掛けた。

「鼓歌さんは……私のどこが好き?」

 片思いかもしれないという不安で、あれだけ聞けなかった言葉を口にすることが出来た。

「……うーん、そうだな。えっと、……胸?」

「は、ちょっと。鼓歌さん、胸って」

「ああ、ダメ?」

 ダメ?って。……普通、パーツだけってダメでしょ。

「ダメです! もっとちゃんと考えて下さい。私の内面とか、性格とか……」

「ああ、……そういうことね。うーん、でも今は……無理」

 鼓歌は行為が済んで精魂尽きている。体力だけじゃなく、思考さえも電池切れらしい。


「……果耶、何かおもしろいこと話して? 聞いてるから」

 もう。自分が疲れたからって私にだけ一方的に話をさせて、面倒くさいこの場を乗り切ろうって魂胆が見え見えだ。

「おもしろい話なんかないです」

 と私は言ったが、胸つながりでひとつ思い出した。数年前に話題になった話だが、これはかなり面白い。

「鼓歌さん、山手線に乗ってるサラリーマンでブラジャーをしてる人たちがいるって知ってます?」

 私はにやりと笑いながら言った。

「はあ?」

「なんで?」

 一言一言区切って鼓歌が尋ねた。

「なんで……っていうか、いるものはいるんです。ブラ男っていうの。しかも通勤時間帯、電車に乗ってるサラリーマンの中に三割もいるんですって!」


「はあ? 三割って三十パーセントだぞ。多過ぎだろ」

 しめしめ、食いついてきた。笑顔の私を見ると、鼓歌は片手を私の身体に絡ませ自分に近づける。そこで私のこめかみにキスをした。

「嘘じゃないと思うけど……三パーセントなのかな? でも、何年か前に下着屋さんの友達から直接聞いたの。三割のサラリーマンがブラジャーをしてるって。メンズブラっていうのもあるんだから」

「……意味がわからないな、都市伝説じゃないのか」

 指が私の胸へとじわじわ上がってきた。私は身体をくねってみたが、鼓歌の強い力にはあらがえない。仕方なく為すがままにさせた。

「で? その三割の変態野郎がどうしたって?」

 男の人はオチのない話を好まない。

「……変態じゃないの別に。それだけです。多いねっていうお話」


「なんだよ、それ」

 鼓歌の指がなめらかに私の左胸を滑った。思わず身体が震え、声が出る。

「……感じやすい、果耶の身体が好き」

 本当にずるい。そういうとこ。

「でも、三割のサラリーマンが揃いも揃ってブラジャーに執着する変態っていうのは……ちょっと興味深いかもな。多過ぎるし、他の嗜好と重なるほうが自然じゃないか?」

 他の嗜好? 鼓歌は三割のブラ男を論理化しようとしている。だって、ブラじゃないとだめなのに。理由は何にでもあるもの。

「変態じゃないってば。ブラじゃないとだめな理由があるの」

「は? それを早く言えよ。で、何でだよ」

 ブラ男の話にイラつく鼓歌が可笑おかしい。


「あのね、……抱きしめられてる感覚があるからって聞いたよ」

「なんだよ、それ」

 きょとんとした顔の鼓歌が先程にもまして可笑しい。ふたりして顔を見合わせて吹き出す。

「だって本当だもん。ストレス社会だから、抱きしめられてる感覚が安心感に繋がるんですって。たぶん、寂しがり屋さんなのかなとも思うんだけど」

「朝っぱらから電車の中に三割も寂しがり屋がいるかよ。だったら一割寂しがり屋で、二割が変態だな」

「一割は認めるんだ?」

 私たちは変な一体感に包まれ、笑い合って抱きしめ合った。キスは何度しても飽きなかった。ねぇ、私たち、恋人だよね?


 ずっと一緒にいられるという約束が、これからの未来に訪れるのだろうか。

 頭をよぎる。鼓歌は野心的で自由な魂と思慮深い精神の持ち主だ、これからもそう。それは自分に対してだけだけど。

 二つの顔を持つ男なのだ。表と裏の顔を使い分けてる。未亜に対する優しい父親の顔と、女に対しては自信家で身勝手、支配的でさえあるように。

 ただ、どの女性も思ったであろう思いが私を切なく悩ます。私は特別……だよねって。


 ――ウトウトしていた。鼓歌が呼ぶ声で目を覚ました。

「果耶、もう昼過ぎだ。そろそろ戻ったほうがいい。俺も仕事を片付けたいから」

「あ、……うん」

 鼓歌はすでに服を着ていて、透明感のあるよそ行きの顔で私を見下ろしている。

 白と紺のボーダーTシャツが爽やかで、誰にも言えないけど何度も体位を変えてあんな激しいセックスをした後だなんて思えなかった。しかも、コンドームなしで。

 私の唇の端に軽くキスをする。「またね」の挨拶のキス。


「……また会える?」

 そう言うと、鼓歌は不思議そうな顔をして私を見返した。私が、置いてきぼりにされる飼い犬のような表情でもしてたのだろうか。

「もちろん。……果耶と俺はから。大丈夫」

 私が聞きたかった言葉をわざと言ってくれてる。

 ずるい。

 だから、私も彼を安心させるように笑って言った。

「うん……わかった。大丈夫。気をつけて行ってきてね」

 彼が名古屋で別の女と会うかもしれないなんて、今、私が考えたと思う?

 まさか。私にそこまでの余裕はない。

 彼と私の関係性(肉体以外)がいくら希薄だったとしても、私は一パーセントの可能性があれば賭けたいと今は思う。鼓歌の特別の女になりたいと、本能が狂おしく訴えていたから。

 

 部屋に戻った私はやっとプリンを食べた。すでにぬるくなっている。でも、心に溢れる満足感だけでご機嫌だった。

 ただ何となく、誰彼だれかれなしに言える恋ではない気がした。もちろん未亜や貴子にも。

 不倫でも血族なわけでもない。秘密の恋の定義には当てはまらないはずだ。

 だけど歳が離れていて子供もいて、そして世界的に前途有望なウェディング雑貨デザイナー。

 そう考えると、私なんて本気で相手にされてるのか……とまたしても不安になってしまう。ひとりになると、私の気持ちはいつまでたっても堂々巡りだ。

 さざ波のように揺れる私の心には、鼓歌には意味のない言葉がどうしても必要だった。『恋人』という二文字が。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます