二一

 そろそろ寝ようと、パジャマでベッドに横になりファッション雑誌をめくっていた。

 突然、物音を気にするような小さいノックの音。こんな時間に誰だろ。私は目覚まし時計で時間を確認し、ドアを少し開いた。

「果耶、起きてた? 夜分にごめんね。貴ちゃんだよー」

「どしたの。今、帰って来たの? 遅かったね」

 小声で会話をすると、そそくさと貴子が部屋に入ってきた。貴子はコンビニで買ってきたプリンと自分用と思われる缶ビールを手にしている。準備万端だこと。何か話したいことがあるみたい。

「うん……まあね~。うふふ。十二時半だけどまだ寝ない? 大丈夫? よかった、はい。これ、あげる」

 新商品らしい生クリームが上にのったプリンとプラスチックのスプーンを私に手渡すと、自分はラグをひいたローテーブルにちゃっかり陣取った。


「実はさぁ、あのねぇ……」

 貴子は満々の笑みで、私をじっと見つめる。

「あ、そのプリン、期間限定でラスイチだったから早く食べてね。うふ……あのね」

 貴子ったら、どうしたの。焦らすなぁ。

「実は……ね。今日、イケメン消防士と……飲みに行っちゃった!」

「えっ、イケメン? 消防士?  うそ!?」

 何のカミングアウトかと思えば、ちょっと待って。初めて会ったイケメン、消防士さんと? 

 貴子ったら、それで見るからにテンション高いんだ。

「なんで……どうして!? 消防士の知り合いなんて、今までいなかったよね?」

 私は喋りながら、ベッドサイドに置いてあったミネラルウォーターのペットボトルを引き寄せる。もう歯を磨いちゃったから、プリンはいいや。明日の朝、頂こう。


「そうだよ。だって今日の午後、出会ったばかりだもん」

 すでにほろ酔い気味の貴子はさらに頬を赤らめ、可愛らしく言った。

「職場で火事でもあった?」

 そう言うと、貴子が吹き出す。

「そんな訳ないでしょ。普通にお客として、うちの旅行代理店に彼が来たのよ~」

 それで普通のお客様とどうやったらその日のうちに、そんな事態になっちゃうのよ。

「なんかさ。消防士仲間八人で福岡へ旅行に行くとかで、彼が手続きに来たの。私が担当になって、一泊二日のツアーを手配して……。往復の航空券と朝食付きビジネスホテルの安いツアーよ。でも、職場の男同士八人で旅行に行くとか仲いいなぁなんて、ほのぼの思ってたの。だから裏に入ったとき、所長にポロッとそう言ったのね。そうしたら、なんと……女だよ。風俗に行くんだよ!って言われちゃってー」

 

 えええっ!? 

 そういうことなの?

 うーん、恋人や既婚者もいる消防士たちってこと? ……それたぶん。

 確かに近所の風俗通って、バレちゃったら家庭が面倒なことになりそうだし。しかも可愛い風俗嬢とばったり道で会っちゃったりして、そこから発展してもまずい。でも……だからって九州まで団体でわざわざ行く!?

「ほら。細マッチョな男八人がさ、仲良く揃って梅ヶ枝餅や豚骨ラーメン食べたりの観光旅行です♪って言われても、何かおかしいから納得はいくんだけど……。でもねぇ、それがまさかの風俗だなんて。はぁ、女の想像を軽々と超えてくるわよね、男のさがって。逆に感心しちゃう。あ、彼の名前、ナオキくんって言うんだけどぉ……その中では一番下っ端。年も二十三歳で若いし。でね、彼女募集中なのかなって思って、完璧に私のタイプだったから帰り間際に勇気出して……飲みに行きませんか?って、誘っちゃったの。私、やばくない!?」

 

 うん、完全にやばいよ。公私混同して仕事中に誘っちゃう貴子の行動力がやばいからね。

 「一緒にご飯食べてて、お酒が入ったら何だかムードよくなって。で、彼の車の中でキスしたの……」

 さすが、貴子。無駄にだらだらと人生を生きていない。行動あるのみ。失敗しても、後悔はしない人生。


「そう言えば去年、飲み屋街の路地でサッカー選手とキスしてたのって誰だっけ?」

「ああ、亜矢美? しかもキスだけじゃなかったという」

「そうそう、来るもの拒まずよね。あの子」

「うん……知ってる。サッカー選手限定だけどね」

「その彼以外とも、何人かと関係持ってるって有名」

「亜矢美はサッカー選手なら誰でもいいみたい。ステータスって割りきってる。でも、それを自慢げに自分で喋りまくってるのがよくない」

「……噂広めてるのが自分って最悪。あ、そう言えば果耶も、前にパンクバンドのライブでなんかトラブルあったよね?」

「そう言えばって、ちょっと! 全然違うからね、一緒にしないでよぉ」


「ほら、高校の時にさ。一緒に行ったインディーズのパンクバンドのボーカルに、ディスられてたじゃん。あれって何だっけ? ウケるんだけど」

 貴子ったら、笑わないでよ。まったくもう。忘れてたのに……。

「違うの、あれはね。ライブ終わった直後に、なぜか急に舞台上から告白されたのよ。で、訳が分かんなくて固まってたら、可愛い顔して生意気だ!って、マイク越しにキレられたの」

「ああ、そうだった、思い出した。ま、あの状況じゃ無視したって思われたんだね、きっと」

「私、固まっちゃったの、それだけ。だって……怖いじゃん」


「そっか。『パンクのライブはセックスまでがライブです』だからでしょ?」

 貴子が笑いながら『遠足は家に着くまでが遠足です』を真似て言った。そしてまだ言う。

「『スーパーの買い物は冷蔵庫に入れるまでが買い物です』と同じ」

「同じにしないで。私……まだ処女だったの。アドレナリン全開の男の欲望ノリでエッチなんか出来ない」

「ノリでやってる人もいっぱいいますけど~」

「あのね、貴ちゃん。私は、清楚っていうか……初心うぶを目指してるの!」

「は、うぶ? うぶって何~!」

 貴子がまた爆笑した。別に笑うことないじゃない。うぶって死語? そもそも、その本来の定義さえよくわかってない。

 純粋無垢っていう意味なんだろうか。何も知らない顔した、痛い大人になりたいわけじゃないけど。


 だけどもし稀代きだいの悪女でも、心に初々しい想いを大事に持っていれば清純な光を放てると私は思ってる。そしてそれを永続出来れば、嘘つきや偽善者なんて呼ばれない。

 この先も経験を重ねることを否定したくないし、知るからこそ浄化出来ることもきっとある。いつまでも初々しく透明な心を持ち続けていたいと願う。

 何かに出合ったとき、新世界の朝日を臨む心で捉えたい。

 泥沼の足下じゃなく、汚れない意志で満天の星空を見上げる青年のように。生まれて初めて苺を食べ、思わず笑みを浮かべる幼い女の子のように。


 話が終わり、しんと静まり返った。

「その……ナオキくんとは付き合わないの?」

 改めて貴子に聞く。だってかっこよくて、キスまでする仲なら普通付き合いたくなるものでしょ。

「たぶんだけど、ナオキくんには彼女いると思うんだ」

「そうなの? 確かめた?」

「確かめなくてもわかるよ、女の勘。こっちは盛り上がってんのに着信鳴った途端、スマホ見て焦ってるんだもん……がっかり。ノイローゼ気味の女がいるんじゃないの? 挙動不審になりながら、私を置いてあっという間に帰っちゃったわ」

 ちょっぴり寂しそうにそう言うと、貴子はビールを口に含んだ。いい男にはもれなく疑り深い女がついてくる、なんて言って。

「貴ちゃん、洲くんと付き合えば?」

 貴子が思わずむせた。鳩が豆鉄砲を食ったよう……ってこんな顔を言うの?というくらい、目の覚めた表情で私を見つめる。


「ない、ない、ない。ていうか、無理無理無理無理」

「そんな否定しなくても。洲くん、カッコイイじゃん。幼馴染みの貴ちゃんのこと、すごく理解してくれてるし」

「ありえないって! 幼馴染みなんて、兄妹みたいなものだよ。マジで考えてみてよ。果耶、身内と恥ずかしいこと出来る?」

 冗談なのに半分泣きそうな顔で貴子は言った。それがすごく面白くて、私はその提案に満足した。

「ちゃんと彼氏作ればいいのに」

 私が言うと、貴子は視線を落とす。空になった缶ビールを両手で大事そうに持って。

「あと少し。今はまだ無理……もう少しいろんな人を知りたいの。そうしたら婚活して、さっさと優良物件と結婚するわ。だって何も知らなくて、おばさんになってから男に狂ったら怖くない?」

 お酒で少し潤んだ瞳を向けた。


「果耶こそ、本当に早く彼氏見つけなさいね。あんたは怖がりのくせに危なっかしいとこあるし、自分に対して弱虫だからちょっと生物学上心配。男の人からしたら、庇護欲がかき立てられていいとは思うんだけど。男と女は基本的に違う生き物だから、果耶みたいな女の子は頼って生きればいいの、ひとりで頑張りすぎないで。ね?」

 私の髪を撫で、貴子はお姉さんみたいな口調になって言った。

 自分に対して弱虫……。その通りだ。私はどうしても自分に自信が持てなかった。自信の持てる要素は、いつも私の手からすり抜けていく。

 人の良いところは幾つも見つけることが出来るのに。人のためなら、身をていする勇気さえ持てる。

 でも自分自身のことになると全然ダメなのだ。躊躇ためらいがちに昇る、十六日目の月は私。

 コンプレックスを抱える、欠けた孤独な月だった。


 貴子のためにドアを開けて見送った後、廊下の向こう鼓歌のいる部屋を見つめた。

 今頃、未亜と一緒に眠ってるのかな。明日は名古屋で個展の準備があるからいないと、貴子から聞いた。

 結局、貴子に鼓歌との関係は言えなかった。なんて言えばいいのかわからなかったから。

 もし私に運命をあざむく強さがあったとしても、身体だけなんていう関係は割り切れない。心から愛したいし愛されたかった。

 だからこそ鼓歌では私は不幸になる。わかってる。

 芸術家を愛するには、芸術家以上のメンタルが必要となるのだ。愛に翻弄される覚悟が今の私にはなかった。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます