6オススメは、替え玉

 間もなく注文した品がやってきた。メンマや温泉卵、チャーシューの他に、三種の海草が入っていた。

 ワカメはわかる。このネバネバしたものはメカブだろうか。これもわかる。しかしもう一点、歯ごたえのある赤い海草の名はわからなかった。


 スープは魚介ベースで、やさしい薄味だった。三陸でとれた魚介がスープの中に眠っているに違いなかった。



「オススメは、替え玉ですよ」


 耳元で囁かれた。クーラーの冷えのせいもあるだろうが、鳥肌が立つ。

 ラーメンに集中して気づかなかったが、店員が脇に立っていた。白髪交じりの男性で、鼻が赤く、怪しげなアロハシャツを着ていた。にんまりと笑みを漏らす。



「オススメは、替え玉ですよ。このラーメンの真骨頂は替え玉ですよ」

 店員は繰り返した。


「今食べてる麺は、柔らかいでしょう? 替え玉はなんと、麺が硬いままなんですよ」

「はあ」


 一考する。替え玉を頼んだら、せっかくの魚介スープが台無しになってしまわないか、心配になる。しかし店の人が薦めるのならばあえて騙されてみようと思った。


「じゃ、お願いします」

「毎度。あ、美味しいと思ってもらえたら、一五〇円、替え玉のお代金はいただきますよ」

 店員は冗談らしいことを言った。

「はあ」

「じゃ、すこしお待ちください」


 厨房へ向かうアロハシャツを見送り、氷の溶けきったお冷やを口に含んだ。



 私はまだ若い。あの店員ほど人生を重ねているわけではない。だが店の従業員ではなく、一人の販売員をしている自覚はある。与えられた業務をこなすのが仕事ではない。ものを売る専門家だ。


 だからこそ、むなしい気持ちになる。冷めたカップラーメンを見る思いで、スープだけになった丼を見つめた。



「お待ちどうさま。替え玉です」


 店員は嬉しそうな顔でスープだけの丼に麺を投入した。硬麺に絡まるスープはさらに薄まり、腹だけが膨らんでいく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!