砕き崩れ亡く未の夢





2005年9月の故郷に似た部屋の出来事

「夢はある?」

ソファーで寝そべる男へ向けた言葉の真意は寛容とも言い難い。当然ながら軽々しく口にした言葉なので本来ならば悪態が返ってくるだろう

「私は昔はあった。何故ならありきたりな人生とは程遠かったから。子供の頃は」

なぞる指先は肉体では無く何となく壁だった。無意識である。ソファーに横たわる死体は意識を強く持ち自らの手で亡き者にした

「だからあまり興味ある物事は普通だった。生活も平凡で豊かな暮らしも気に止める必要無い。そんな日常が愛しいといつも思っていた」

扉を開け、証拠を消し去った一室を後にする。何となく振り返り安らかに眠る亡骸に視線を送った

「じゃあね。とりあえずアンタのお陰様で日常を楽しめたよ」

スカーフを腰に巻き扉を閉めた




DAZZINGは稀に振り向いた過去の人生を傍観する時がある。それは欲の捌け口と逃避をさ迷う脆さでもあった

「さて、ここからだな」

車を停車し、携帯を操作する運転手の男は同業者である。灰銀の髪が輝きと陰りを持ち、鋭い瞳は青く透明のようで何処か先の道を見据えてるようだった

「行くぜDAZZING。アジトにしちゃあ味気無えが、妙なトラップがあんなきっと」

「そうね、Sick」

返答した相手とは3年前に知り合った。スウェーデンのストックホルムで起きた連続爆破事件の真相を知るただ1人の関係者である。第2のストックホルム症候群とも取れる籠の中の汚れた鳥が憂鬱な心を弄ばれ発生した陰惨な事件を解決した男である

「何かよ。こんな感覚は久々だぜ」

「何がいいたい?」

「罠は当然だがそれだけじゃあねぇ。何か胸糞悪ぃザってえ事があんぜ。」

DAZZINGは思い出した。初対面の時は互いに依頼人が違えど、事件真相に究明した時には共感した事を

「籠の鳥」

「んだよ?いきなりソレが何で出やがる?」

「あの時解決に導いたのは私達の中に事件の首謀者がいたわ。お前はあっさり見破った 最悪は免れたわ。だが」

「関係者は全員クタバったってオチか。二択に迫られたら手ぇ打つしかねぇ」

車から降りたSick。ジャケットの内ポケットから紫色の弾丸を取り出し装填をした

「あの時、犯人が何故解った?」

「ん?決まってんじゃねぇか。要求や射撃は被害者の女がやってただろ?定期的な時間が大体、昼の一時と夜の七時だったからな。飯食わして殺し教えてちっと善意漬け込んで猟奇的なサイコパスに仕上げやがった。つまりは身近で俺らか警察の中に紛れ混んで遠隔に指示してた奴なら携帯を傍受するのにかすめ取れば解決じゃねえか?ソイツは今頃アメリカに移送されて犯罪解決対策部隊の参謀やってたか?実行したあのカスはブッ殺しちまったが」

車のドアを開けたままで正面の廃墟を睨む。寂れた正面の門があるり、監視カメラや音声記録媒体は確認されていない

「勘でそこまでか。お前は」

「いや、携帯打つ奴の面拝んで目星付けただけだ。後は声色で選別して最悪全員ブン殴って何とかしただけだ。土壇場でな」

ゆっくりと歩きながらトリガーを引き発射!門に弾丸が当たった瞬間、煙が蔓延した。即効性の毒薬である

「も少し待て。誰かいんなら炙り出せるぜ。吸ったらクタバるだけだが。へっ」

犬歯を出し悪戯に笑う。煙が消え、指先で合図し、少しずつ近付いた

「ん?門の奥にバックがあんな」

「私が行こうか?」

「俺が援護の方が適してっけどな。そうするか?」

「………だな。頼むぜ」

DAZZINGが歩き出し、Sickは車のドアの上に腕を起き携帯を取り出した。罵声を間髪入れずに吐き出すロッカートが画面に映るが、皮肉な状況であるため唇が上がり通話を切った

「そういえば………あの時の被害者の子はどうなったんだ?」

「ん?ああ、あのきったねぇタヌキみてぇなヌイグルミ持ってたガキか。何か日本にいるって話しだぜ。結局、里親にもたらい回しで長嶺って海軍のヤツの家で養子になったとか」

「そんな事がか」

「んだよ。仲良かったのか?そういや、救出する時もよく喋ってたか?まあ、マトモには暮らせねぇだろ。脳を一回ブッ壊されてっからな」

「でも………生きてるなら」

寂しそうなDAZZINGの表情が何故かSickには嬉しそうに見えた。空を見上げた時に錆びた香りがした





前夜の決行の時

「行くぜ!」

エンダムは大量の導線を投げ、周囲の気温を観測した

「はぁっ?何だよこの異常さは?」

大雪が降り積もる軍事開拓国家の気温。目を疑った

「9度?いつもより20度も高いのか?異常気象も良いくらいだ」

吐く息は白く無い。雪景色が綿で敷き詰められてる部屋のように感じた

「行くわよ!」

DAZZINGが走る!森林を駆け抜け無数の糸を張り巡らせた。木々の間や至る箇所を無造作に

「来たぜ!ここだ!」

導線を更に被せ、固形のスイッチを押した。激しい爆撃が発生し火災に発展した

。更に進行する

「毒牙の鳥が!」

空に鳴交喙が旋回した。西の領域から一部が流れてくる爆発で焼き尽くされた木々が倒れる隙間をエンダムとDAZZINGが駆け抜ける

「さて、次はどうする?」

「決まってるでしょ!同じ爆発を後、三回起こすのよ!」

導線は耐熱性である。糸には極小型の爆弾を仕掛け、吊るした状態で設置し導線に触れた瞬間にDAZZINGの指先で操作する。無尽蔵に爆発する森林の経路は徐々に輪郭を浮かべた

「ダイナマイトより破壊力が断然あるな。その爆弾は?」

「試作品を試されるように命令されたわ。昔は兵器開発で第一次世界対戦で活躍した科学者みたいだわ。NULLUMって言ってた」

「DISEVENES(ディセヴェネス)か?世界鎮圧を遂行した当時の7人の裏世界の支配者。まだ、生きてんのか?」

「ええ。耳を疑ったわ。見た目がまだ子供なのに111歳らしいんだわ。何か話し方も子供だし」

「末恐ろしいのに輪をかけてなんか笑っちまうな。どんどん行くぜー!」

更に爆発が起き、上空の監視が空を迂回したままである。その時東のルートで確認したWET

「突っ切る」

山岳地帯をバイクで駆け抜けた



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人