第7話 明日から響いてきた音


蒼音……寝てる…。



放課後、私が飛び出してしまった授業時の教師に事後説明をして、校長と蒼音の担任とサッカー部顧問と会合をした。

一番心配していた、蒼音が相手側に負わせた怪我については、学校側としては、一切不問としてくれたよう。良かった。

しかし、怪我をさせたことには変わりなく、明日は相手側の親御さんとの話し合いもあるので、その対策の為の会合だった。


サッカー部顧問曰く、うちのサッカー部は体制も甘く、風紀が乱れていた傾向にあったと言う。

私はこの顧問に激昂し、校長に処分することを求めた。

女子を集団で拉致監禁凌辱するなど、計画であっても、風紀が乱れていたでは済まないものだと。

私は私のすべてを使ってでも、彼らと彼らを作ってしまった者たちを赦さないと宣言して、その場をあとにしてきた。

蒼音とハカセくんのしたことは、確かに暴力と強迫ではあるけれど、あれでも生ぬるいと私は思っている。


蒼音…。あなたたちは優しいね。


…うつ伏せで寝てる…。

背中何度も蹴られてたからね。


布団を背中にかけれなかったんだろう。腰まで布団をかけて両手をベッドに拡げて寝ている。


寒くない?

今日は曇りだからか少し肌寒い。


私は布団をかけようと蒼音に近づいた。


……赤黒い。


Tシャツの襟元から覗いた蒼音の背中が酷く赤黒く腫れている。


…もぅ。

こんなに我慢してまで…


つくづく解る。

葵ちゃんの存在の大きさ。


入院するレベルの暴行を受けながら、しかもそれに抵抗出来る力を持っているのに、感情や激情をも圧し殺してまで我慢して、守ろうとした女の子。


私は、葵ちゃんを知らない。


いや。見たことはあるし、男女問わずこの学校の噂の頂点にある美しい子だ。彼女の話を聞かない日は無い。

だけど、どんな性格で、どんな人間であるのかは知らない。

逢ってみたい。

話してみたいけど、怖い。


私じゃ。


こんな私じゃぁ、遠く離れた差をより深く拡く広げてしまうだけ。


まだまだ駄目だ。私は。



蒼音……。


あなたの音が、私を動かしたのよ。


この役立たずの耳じゃなく

胸にまで直接響いてきた

あのあたたかい音。



いつもの長い長い暗闇の中で


その音だけは、真っ直ぐに私に聴こえてきて

胸に響いて、

居ても立っても居られなくなって、

そして、あなたを探し始めた。


私でも、始められる気がした。

私でも、未来が見える気がした。


私にも、ちゃんと、未来が聴こえた。



ねぇ蒼音?


もう少しだけ

私に勇気をください。


そしたらきっと、

始められる気がするから。



蒼音の横顔にそっとキスをして

病室をあとにした。


****************



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます