第40話 1986年 漫画「ファイブスター物語 The Five Star Stories/永野護」の完結に思う事

この前本屋で、珍しくニュータイプがゴム封されていなかったので、ぱらぱらめくったら載ってましたね「ファイブスター物語 The Five Star Stories」。ただ、デザインが一新され自分の知っているFSSでは有りませんけどね。


何と言うべきか、コマが小さくて読めない。ハズキルーペですか。単行本化されたら、コマどうなってしまうのでしょうか。いや、もはやそれなのか。


まあ察するに捲りに入った訳ですね。

これが近年の永野護の作風だの声も有りましょうし、終活考えたらそれもなでしょうし、ニュータイプの編集方針ががらっと変わって責付かれてるのでは、の等々。


そうですよね、常々思っていました。1984年のアニメ「エルガイム」から考えたら、どこかで開放して上げたいと。


そもそも残酷過ぎる「エルガイム」の完結を充分救済してますし、FSSもラベル登場で充分世界観描けていますし、もう、FSSがある日突然最終話でも構わないと思います。ただ「F.S.S. DESIGNS」だけは不定期に刊行して欲しい希望は有ります。


自分の中のFSSは単行本12巻で一旦閉じており、ファン卒業が何を言うかですが。もう全デザイン刷新して、新読者を獲得するよりは、別の物語を描い方が生粋の永野ファンは喜ぶと思うのですよ。


あの永野が動く。ファンであったら、ただ待ちどうしたかったですよね。それは今も変わらないかなと。


例えば、アニメ「ブレンパワード」は充分過ぎる程完結していますが、永野護の手によって、映画なり漫画短期連載で描かれたらどうなるのかなと、思い描きます。

勿論、新作もようこそウエルカムです。


と言う訳で、FSSがいきなり完結されても、私は一切文句言いません。ただ皆の手前、「F.S.S. DESIGNS」上で厳粛に締めて貰えたらと思います。


いや、それさえも、ザ・テレビジョンの別冊重戦機エルガイム(1)と(2)で、充分完結しているから、贅沢は言えませんよね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー