第36話 1985年 音楽「セシールの雨傘 (Single Version)/飯島真理」 

□セシールの雨傘 (Single Version)/飯島真理(シングル発売:1985年8月21日)

□作詞:松本隆

□作曲:飯島真理



飯島真理と言えば、あのリン・ミンメイなのですが。マクロス全盛期のあの時期にはどうしてもアーティストに見られて欲しかったようです。学生の私にとっては、リン・ミンメイもアーティスト飯島真理の差が分からず、女性って難しいなと思っていました。


そもそも飯島真理を嫌いな方がいたかと言うと、皆好きだったでしょうと。だからこそ「愛・おぼえていますか」でベストテンにも結構な頻度で出て久米宏にいじられてたし、ミスDJも熱心に聞いていましたよ。


今回はアーティスト飯島真理に光りを当ててみます。日本でのオリジナルアルバムは15枚。そして仲間内皆が好きだったのはビクター時代の作品ですね。「Rosé」「blanche」「Midori」「KIMONO STEREO」所謂色シリーズです。これはムーンレコードに移籍してからも続きますが、有名処のプロデュースがきっかり入った頃の作品の方が、より良い飯島真理カラーが出てて好きです、



その飯島真理作品の中の一曲を選べと言われたら、松本隆作詩のドラマチックな「セシールの雨傘」一択でしょうね。若過ぎるまりん(注.1)も、この詩情的な歌詞によくメロディ乗せられるものです。


バージョンとしては「セシールの雨傘 (Single Version)」「セシールの雨傘(Version II)(KIMONO STEREO 収録)」の2つが有ります。


「セシールの雨傘 (Single Version)」正しくCDシングルそのものです。ですが後述のアルバムには別の形で収録されています。このバージョンのCDを聞くにはベスト盤「palette」を購入すべきかと思います。選曲もベスト中のベストなのでおすすめです。

尚楽曲についての「セシールの雨傘 (Single Version)」は打ち込み色が強く、ベースとドラムがボスボスと前面に出ています。個人的はこちらが好きなんですよね。まりんはファルセット(注.2)に入るとフラットしてしまうので、これ位の音圧の太さが合ってるのですよ。


そして「セシールの雨傘(Version II)(KIMONO STEREO 収録)」に関しては、ライブ再現が可能なバンドテイストに仕上がっています。嫌いじゃないけど、雨の中で見つけた感がかなり薄いです。

何と言うべきか、ファルセットに入った時のフラットのサポートしきれていないというか、まりん自身見えてないよなと。初期作ならその対応をプロデューサー也プロミュージシャンが音を厚くしてくれましたが、敢えてまりんはナチュラルになりたかったのかなと。ミュージシャン転身発言と相まって、そこの物足りなさがやや停滞気味になる訳なのですが。



そう言えば、当時キーボード系の雑誌でキーボード・マガジンとキーボードランドがあって、キーボードランドは今や廃刊なのですが、「セシールの雨傘」の譜面が載っていたので、鍵盤も引けないのに買った覚えが有ります。

「セシールの雨傘 (Single Version)」とキーボードランドと雨の日、このセットで切ない思いが当時は胸を掻きむしりました。

その時のまりんでいて欲しかったなと、歯がゆい思いと共に。




まりん(注.1)

正式愛称は「まりン」ですが、変換し難いのでまりんにしています。

尚「まりン」は1stアルバム「Rose'」の一曲です。アップテンポで元気を貰える名曲でもあります。



ファルセット(注.2)

ファルセットはまりんの中期頃の得意技です。その技を遺憾なく発揮しているのはの12インチレコードの「遙かな微笑み ―黄土高原―」でしょうか。ベスト盤「palette」でも聞けます。尚坂本龍一のインスト曲「黄土高原」に歌詞をつけた不思議な変遷を経た曲でもあります。

何と言うかですね、ファルセットが気になって歌詞が入ってきません。意欲的なアプローチ過ぎて、端的な歌詞の部分しか響かないのですよ。いっそ歌詞にあった曲を作るべきだったかもと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー